テーマ:ドレスデン

週話§日曜些事~来週はクリスマス~

ドイツのクリスマスマーケットに行ったのは1998年のことだから、も う20年近くになってしまった。11月末から3週間の旅行中には、時間 がある限り頻繁に訪れていた記憶だ。 行ったマーケットは、ベルリン、ドレスデン、ライプツィヒ、それと オーストリアのウィーンである。一番に大規模だったのがドレスデン で、これは“世界最古”と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜草々~秋にオルガンを聴く~

今日の午後、自宅からは少し歩いたところにあるミッション系大学の チャペルで、オルガンのコンサートがあるというのでチケットを買っ て行くことにしている。軽い散歩とコンサートと、一石二鳥である。 普通のクラシックの演奏会には出かけるけれど、オルガンの演奏会に 行く機会は少なく、片手で数えられるくらいしか行ったことがない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[18]シュターツカペレ

[承前] この日の午後は、ドレスデン在住で2月に出産した知り合いの新居を 訪ねた。お土産は、日本の絵本と山のチーズ。2時間ちょっとの滞在 で失礼したが、子育ては大変であるとしみじみ。我々にしてみれば、 孫のような年齢である。 20時からは、ゼンパーオパーでシュターツカペレ・ドレスデンの定期 演奏会があったので行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[17]美術館周辺散策

[承前] 滞在も3日目となって最終日である。何もしないのはさすがにドレス デンに申し訳ないと午前中はツヴィンガー宮殿の美術館に出かけた。 ぽてぽてとアウグスト橋を渡り、ゼンパーオパー前の広場にさしかか ると、懐かしくもビージーズの『ステイン・アライブ』が聴こえてき た。 何事ならんと歩みを進めると、広場で心臓マッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[16]ペギーダに遭遇

[承前] ドレスデン二日目は、洗濯と中華料理ですっかり満足した。例によっ て観光的な要素などはなく、街歩きをしている中で、名所旧蹟の前を 漫然と通り過ぎるだけである。 この日の気温はやや高めとなってきて、この先のミュンヘン移動後の 猛暑を予感させるものだった。 昼食後は旧市内を少し散歩し、デパートを冷やかしたりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[15]中華料理屋へ-下-

[承前] さても目指す中華料理屋に到着。店の中よりも外のテラスが開放的で 気持ちいいのだが、パラソル下で日陰になっているテーブルを見つけ ることができなかったので、店内とテラスの境い目あたりに座った。 この日あたりを境にして、ドイツでも気温が上昇傾向にあった。だか らというわけではないが、食事に先立ってビールを1杯とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[14]中華料理屋へ-上-

[承前] コインランドリーでの洗濯が終われば、この日の予定は完了である。 洗濯物をしまったところで、気がつけばランチタイムとなりにけり。 この日は中華料理にしようと最初から決めていた。ドレスデン程度の 街にいれば、重いドイツ料理ではなく、イタリア料理やら中華料理で 目先をいくらでも変えられるのだ。 というわけで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[13]ドレスデンで洗濯

[承前] ドレスデン2日目は予定らしいものは入ってない。泊まっているホテ ルの朝食は高いので、近くのカフェまでモーニングを食べに行った。 ……ホテル一人分料金の半分で2人が食べられるからねえ。 朝食を済ませて部屋に戻り、10日間で溜まった衣類をまとめ洗いすべ く、2008年以来何回か利用しているコインランドリーに向かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[12]ドレスデン到着

[承前] 15時頃ミュンヘンを離陸した飛行機が、2年ぶりのドレスデンに着陸 したのは16時前。タクシーで20分ほど走り、相変わらずな新市街のホ テルへ。今回は早めの予約だったので、100オイロ足らずとお得な 宿泊料金がうれしい。 ドレスデンには3泊滞在するが、この日は何の予定もない。荷解きを 済ませたところで早めの夕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~久々のドイツ鉄道~

[承前] 3泊という短いドレスデン滞在が終わり、ベルリンの短い3泊滞在へ 向かう朝が来た。ドレスデン中央駅を11時過ぎに出発、ベルリンには 13時過ぎに到着するEC(ユーロシティ)に乗るのである。  ↓味気はないが安いのが何よりで チケットは7月にオンライン予約で購入。プリントアウトしたものを 持参すればいい………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~美術館と博物館~

[承前] 観光地としてのドレスデンは見どころエリアが集中していて、それだ けを見て回るのだったら一日で十分なくらいであるが、オペラやらコ ンサート通いが中心の我々にとっては、一週間くらいいても飽きるわ けではない。 そんなドレスデンも最終日になってしまった。前回2008年の時はタイ ミングが合わずに行けなかった“アル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~イタリア料理店にて~

[承前] この日、昼食はスタンド売りのホットドッグを買い、瓶ビールで流し 込んだ。夜はドレスデン在住の人と会食することになっていたので、 腹を減らしておかねばならいからである。 18時に、数年前に一緒に食事をしたホテル近くのイタリア料理屋で待 ち合わせた。東京では一昨年会っているので2年ぶりのこと。前回は 3人だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~躓きの石~

[承前] ドレスデンに3泊するうち、初日と3日目はオペラに行くが、中日で あるこの日は一日予定が入っていない。旅行も10日を過ぎて残り少な くなったが、洗濯をしたほうがいい状況になったので、外のカフェで 朝食を済ませると、5年前と同じコインランドリーに行ってみた。 洗濯代は前回から値上がりして2オイロになっている以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~フィガロの結婚[上]~

[承前] というわけでゼンパーオパーに入場である。チケットはネットで予約 して、送られてくるPDFデータをプリントアウトして持参するのだ。 ↓味気ないといえば味気ないが旅行者にはありがたい コンサート通いを始めて40年以上……クラシックのコンサート・チケ ットも自宅でプリントの時代に突入したぜ、などと感傷に浸る時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~ドレスデン即オペラ~

[承前] フライトのチェックインを済ませ、ボディチェックを受けて搭乗エリ アへ。そこで軽くランチをしたのが13時頃のことで、ミュンヘンから ドレスデンへは15時過ぎ離陸予定。 飛んでくれる飛行機は数十人乗りのボンバルディア小型ジェットで、 フィンガーから客室ではなく、久々の“沖留め”につき、しばしバス に揺られての道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~ドレスデンへ~

[承前] さて、いつものアルプス山中で数日間を過ごした。後半はドレスデン とベルリンという都会に3泊ずつ、ドレスデンではオペラを、ベルリ ンではコンサートに出かけるという気楽な日程である。 ホテル隣の教会広場では小さな秋祭りが土日の2日間行われていた。 おかげで我々の車が別の車で塞がれていた。雨の中を持ち主を捜して …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諧話§一日一句~エルベ河~2013.09.03

季語は・・・秋の河 秋の河 その行く末は 北海に ドイツとオーストリアを旅行していて、一番親しんだと思っているの はエルベ河だと思う。ドレスデンを初めて訪れた1998年に、投宿した ホテルの窓から見たエルベと旧市街の美しさは、今でも夫婦の間での 語り草である。 【去年の今日】諧話§一日一句~コオロギとか~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諧話§一日一句~古都にて~2013.09.02

季語は・・・秋の雲 ドレスデン 聖母教会 秋の雲 ドレスデンを訪れるのは2008年以来だから5年ぶりである。旧市街は 戦前の佇まいを取り戻したが観光客も激増した。初めて訪問した1998 年冬は、まだまだ静かな街の様子に、最古と呼ばれるクリスマスマー ケットも、観光客よりは地元民の度合が高かったという記憶である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諧話§一日一句~移動日~2013.09.01

季語は・・・天高く 天高く 車疾駆す アウトバーン 今日はアウトバーンをひた走って、車を返却したらドレスデン行きの 飛行機にチェックイン。残る日程は、ドレスデンとベルリンの日々と なる。休みも残り少なくなってしまった。 【去年の今日】諧話§一日一句~越中おわら~2012.09.01
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溢話§ドレスデンはエルベの洪水

2002年8月、中欧を襲った大洪水はエルベ河流域のドレスデン周辺に 甚大な被害をもたらした。百年に一度の大災害という表現まで使われ ていたのである。 それから11年後の6月初旬、ドレスデンを中心に再びエルベ河が増水 した。11年前は平常時より9m以上の水位になったが、今回は8m台 に留まった。とはいえ写真に見られるとおりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕話§ドレスデン聖十字架教会合唱団

珍しいことに、縁あって招待をしていただいたので、先週の金曜日に オペラシティでドレスデン聖十字架教会合唱団のクリスマス・コンサ ートを聴いてきた。 アドヴェントに入っているのに、わざわざ日本に来てくれるという、 何ともありがたいことである。この日のプログラムは、下の写真にあ るとおりの盛りだくさん。聖歌とか讃美歌とか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

德話§ドレスデン国立管弦楽団の魅力

何度か書いているが、ドイツ&オーストリア系のオーケストラで一番 に好きなのがシュターツカペレ・ドレスデンと言ってもいいだろう。 好き嫌いを言うのであれば、ウィーン・フィルもベルリン・フィルも 好きなオケで、それぞれ甲乙つけがたいのはもちろんのことだから、 これはもう微妙な好みの差であるとしか言えない。 ベルリン・フィル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

德話§ドレスデン国立管弦楽団[5]

[承前] さて、ブルックナーの第7交響曲である。今までも広言しているとお りでブルックナーは苦手。CDも4番、7番、8番しか持っていない し、実演も4番1回、8番1回、9番1回。それで、なぜか7番は、 ウィーン・フィルのゲネプロを含めて4回という断トツの回数だった りする。 その程度しか聴いていないから、感想のような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溢話§あちらこちらで河川増水が

1月だというのにヨーロッパの河川の水位が相当に上昇している。南 半球ではオーストラリアが大洪水で大被害となっている。 つい一昨日ドレスデンのエルベ河を見下ろすライブカメラを見たら、 水位が劇的に上がって、ブリュールのテラス下を走っている自動車道 路まで冠水していた。そのあたりは蒸気観光船の船着場でもあるが、 係留されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共話§待降節独墺旅[22]ドレスデン(五)

[承前] ドレスデンを訪ねた第一の目的はフラウエン教会である。1945年2月 連合軍の大空襲によって灰燼に帰したドレスデン復興の象徴としての 存在である。 凍てついた雪空の下、工事用の覆いの中で再建が進んでいた。教会前 の広場には、爆撃で崩れた外壁のおびただしい破片が細長い小屋の中 にぎっしりと並んでいるのが見えた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共話§待降節独墺旅[20]ドレスデン(三)

[承前] ゼンパーオパーについては次回に回すことにして、その間に、ツヴィ ンガー宮殿の国立美術館に出かけた。宮殿の重々しい扉を押し開けて 入場。展示スペースに上がる階段には既にしてカナレットが飾られて いる。 目的は2枚あるフェルメール。それにしてもお恥ずかしいことに、ア ウグスト強王が極秘指令を出してまで我が物にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共話§待降節独墺旅[19]ドレスデン(二)

[承前] ドレスデン3泊旅行の目的は、まずフラウエン教会詣、それから世界 最古と言われるクリスマスマーケット、ツヴィンガー宮殿内の美術館 でフェルメール、その他の絵を見る、そしてゼンパーオパー『魔笛』 の鑑賞であるが、まだオペラのチケットが取れていないという……。 課題は多々あれども、まずはクリスマスマーケットに行くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共話§待降節独墺旅[18]ドレスデン(一)

[承前] 今回の旅行の中で、ドレスデンにはどうしても行っておきたかった。 『ワルキューレ』の翌朝、大きい荷物はホテルに預けてチェックアウ ト。ドレスデンから戻ってきても引き続き同じホテルに泊まるのだ。 徒歩でツォー駅に向かい、ドレスデン行きの列車を待つ間に駅中のカ フェで軽い朝食を済ませた。11時前の列車でドレスデンへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more