テーマ:トイレ

週話§土曜諸相~二度寝LOVE!~

夜中……というか、夜明け前くらいのタイミングでトイレで用を足す ようになって久しい。 時計を見ることはしないので、何時くらいなのかはわからないが、世 間は暗いから3時か4時か、そんな時間だろう。 となるとトイレから戻ってベッドに入り、二度寝に臨むことになる。 だが、二度寝に成功する確率は、半々くらいのように思われるのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醒話§寝れる二度寝・・・・・・起きる二度寝

日によってだが、夜明け頃のタイミングでトイレのために目覚める。 時計は見たくはないので何時頃なのかはわからないが、おおよそ4時 から5時あたりかと思われる。季節にもよるが、外はまだまだ暗い。 というわけで、トイレからベッドに戻って二度寝を試みるが、日によ って眠れたり眠れなかったりがある。 寝つける時のサインは、自分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狭話§路地裏の実家

借家だった実家は、2006年に父が死んだ後、一年足らずで更地になっ てしまった。特に感慨とかセンチメンタルになることもなく、表通り から路地奥を眺めて確認しただけである。今は駐車場になっている。 住んでいたのは写真のような街中で、およそ100m四方の区画ど真ん中 の赤囲みのあたり。3軒長屋で、最初は真ん中に住んでいたのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄話§ちり紙交換昨今

かつて「毎度おなじみのちり紙交換でごさいます!」というアナウン スで通りをゆっくり巡回していたちり紙交換車は、我が家の地域では 姿を消しているようだ。 それよりも、より効率のいい方法として、業者がちり紙交換の何日か 前に所定の用紙を各戸に配り、当日の朝に階段下に古新聞類を置き、 用紙に部屋番号を書いて出しておけば、昼過ぎに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2017年12月27日付~

12月16日……夜、便器底と床の間から水が漏れ出ているのを同居人が 見つけた。あわててフリーダイヤル24時間対応の水道業者に電話する も、手一杯だと断られたが、ようやく一軒が17日午前中に来訪すると いうことで待ち構えていたが原因がわからず、出張費用を支払った。 原因も何もわからないのは後々何があるのかわからないと、念の為に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漉話§ちり紙交換がやって来る

古新聞や古雑誌をトイレットペーパーやティッシュと交換してくれる “ちり紙交換”が月に一度回ってくる。 それを待ち構えて、一か月分の新聞と折込チラシをまとめて、およそ 2束ほどを階下に出しておくと、決まって4巻のトイレットペーパー を受け取れるのだ。 質はそれなりだから夫婦二人で一週間はもたないが、それでも4巻で 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~汲み取り便所~

[承前] 細々と連載を続けている“昭和三十年代”である。最後のエントリー は10月下旬だったから2か月半ぶりになる。そろそろネタ切れかなと 思ったりもするが、そんなはずはないので連載は続くのだ。 で、トイレの話をしてみたい。当時、トイレなどと呼ぶ人など皆無に 近かっただろう。およそほとんどの人間が“便所”と呼んでいたし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§尾瀬草紅葉[終]山小屋の備忘録

[承前] 書き忘れたことがあったので、忘れないようにまとめておこう。尾瀬 の山小屋のトイレ事情、その他諸々である。かつてアルバイトをして いた40年前でも、し尿処理はけっこうな苦労の種だったが、それは今 でも変わっていない。 その当時はコンポストで発酵分解を試みていたのだが、標高が高い尾 瀬にあっては、なかなか発酵が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運話§買った直後に出てくる新製品

“マーフィーの法則”なるものが日本で知られるようになって30年以 上は経っているだろうか。曰く…… 落としたトーストが バターを塗った面を下にして着地する確率は 着地したカーペットの値段に比例する ……往々にして、自分の望まない結果が出ることになっているのだ。 そんなマーフィーの法則が、しばしば我が身の上にも発動され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜日乗~シャワートイレ~

T社だったら“ウォシュレット”だが、我が家のはI社なので“シャ ワートイレ”という能のない製品名である。 それが先日来、便座の電源ランプが点滅を始めるようになった。取説 で調べると、何らかの故障が発生しているようなのでメーカーの修理 担当者を呼べということが書かれていた。 使用して9年以上経過しているので、どこかがおか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便話§昨今ちり紙交換事情

以前のちり紙交換といえば軽トラックが街中を低速走行しながら…… 大変お騒がせしております。毎度おなじみのちり紙交換でございます。古新聞、古雑誌、ボロきれなどございましたら遠慮なくお知らせください。トイレットペーパー、化粧紙、ティッシュペーパーと交換させていただきます! ……などという、のんびりした口調のアナウンスを流していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能話§薬効のことを考えてみた

病気とか健康について引き続き書く。先月下旬にリンパ節が腫れたこ との顛末についてはこちらにまとめてあるが、その時に飲んだ抗生物 質にまるわることである。 個人的には、頻繁に薬を飲んでいるというわけではないが、薬の効果 に関しては、いつも眉唾で臨んでいるような気がするのだ。つまり、 どういうことかというと、症状が改善している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便話§日本のトイレは世界一というお話

11月19日は“トイレの日”なのだった。あまたある公衆トイレとは、 汚いの代名詞みたいな存在であったが、21世紀に入ってこのかた、日 本におけるトイレ事情が相当好転していることに気づかされる。 そうしていたところ、日本のトイレが世界一だという記事が、ドイツ のDie WELT紙に掲載されているのを同居人が見つけてきた。曰く……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~殺虫剤噴霧消毒~

[承前] 水洗便所などという、それ以前家という家、建物という建物にあった トイレはすべて汲み取り式で、定期的にバキュームカーなどが汲み取 りに来ていたのである。 そんな衛生状況であったから、蠅や蚊などが発生のし放題だったのは 当然のことである。夏などは家の中にも蠅が飛び交っていたから、卓 袱台の上に置かれた食べ物を守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚話§バカ社長顛末之記~会社の金?~

帝王だか大王だか知らないが、そんな名の会社の六代目社長にして会 長となったボンクラお世継ぎが、会社の金を流用してマカオだとかラ スベガスでギャンブル三昧をしていたということが発覚して久しい。 聞き及ぶに、日本の最高学府の最高位にランクされていると思しきと ころをご卒業あそばしているらしいが、在学中から過ぎたお遊びをな さっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紙話§折られたトイレットペーパー

とかく評判が悪いことのひとつに、トイレットペーパーの端を三角に 折り畳んで……というのがある。用を済ませた人が、その手で折ると は何事かというのである。 ただ、色々見ていくと、用を済ませた人が折るというのではなくて、 清掃係の人が折っているというのが大まかな真相のようらしいのだ。 そこそこのビルで常駐の清掃係がいる場合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~自分で温度調節~

温水暖房便座の注意書きに“お子様や自分で温度調節のできない…… ……人は、暖房便座のスイッチをお切りください”とあって、最初に これを読んだ時、自分で体温を調節って我々は変温動物であるのかと 盛大に誤読したのであった。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~バキュームカー~

[承前] 映画『三丁目の夕日』を見て、昭和三十年代への憧れなど持つ若者に 対しては、バキュームカーとかそれ以前の汲み取りのリヤカーなどは 目に入らなかったのだろうと同情しつつ、そんな甘い時代じゃなかっ たんだ“臭い時代”だったんだぜ、と声を大にして言いたい。 我が家は、本通りから細い路地を30mほど入った三軒長屋の一軒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気話§エアータオルの使用感

デパートなどの大規模施設のトイレで、エアータオルを設置している ところが増えている。 ハンカチなどで拭くよりも時間はかかるが、しっかりと乾いた感触が 好きなものだから、ついつい長めに使ってしまう。殺菌効果とまでは いかないだろうが、特に手が湿っぽくなる暑い季節にはありがたいな と思う。 残念ながら、どこでも設置されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快話§温水温風便座は

自分の家に取り付けられて4年が経った。快適なのは間違いのないと ころである。 ところでである。温水シャワーはともかく、温風乾燥をどれくらい利 用しているものだろうか。個人的には愛用していると言ってもいいく らいである。我が家のI社製のシャワートイレの温風システムは、ボ タンを押した時点で既に“高温”の風が吹き上がってくる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆話§旅の最中に精神などの均衡を保つ[下]

[承前] 枕に続いては、まことに恐縮ながら尾篭な話である。 自宅でシャワートイレを使うことがすっかり日常化してしまったが、 問題は旅行中のことである。以前にも簡単に書いたのだが、旅行中は 食の環境が劇的に変化するおかげなのか、理由はわからぬが、ブツが “固く”なってしまう。連日のトイレットペーパー責めで、すっかり 某…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

用話§男性トイレに居座る蠅の件

ミュンヘンの街をぶらりと散歩中、ガスタイクのトイレを拝借した。 いざ事に及ぼうと便器を覗き込んだら“蠅”がとまっていた。それも 便器の中央にいる。凝視してみると実にリアルなイラストで、それで “ははーん”と事情が飲み込めた。要するに…… 的 ……なのである。で、思わず写真を撮ってしまったと・・・。 先…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

廻話§生協のコアノンロール

↑おかげですっきりとしたホルダーに見える この10年ほど近くの生協で売っている“コアノンロール”を愛用して いるが実にいい。 ごく普通に市販されている紙ロール芯は、芯そのものが無駄なのと、 芯の空間も無駄に見えるのだ。同じ長さの製品であっても、何となく 減りが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾話§空飛ぶトイレットペーパー

I社のシャワートイレが我が家に導入されて2年余が過ぎた。既に、 シャワートイレのない生活が想像できなくなりつつある自分が怖い。 初めて海外旅行をした20数年前、トランジットしたモスクワのシェレ メチェボ空港待合室のトイレに入り“記念に”トイレットペーパーを 数10cmちぎって持ち帰ったことがあり、それ以来あちらのトイレット …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾話§シャワートイレとウォシュレット

お食事中の方はご遠慮ください……。 自宅ではI社のシャワートイレを使っているが、我が家以外の場所で 出合うのは、ほとんど100%に近くT社のウォシュレットである。 我が家のを使い慣れてしまった率直な感想を書くと。 T社のはちょっと痛い! である。なのでウォシュレットの場合は、ソフトモードを選択して、 強めの水流を…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

注話§シャワートイレやウォシュレットの

使用上の注意書きに奇妙な表現があって首を傾げている。 曰く「ご自分で温度調節のできない方の使用には十分注意」 するようにとあった。最初に読んだ時に何気なく“自分で自 分の体温が調節できない方”と読み、そう理解してしまった。 最近になって、この注意書きが「ご自分で(温水便座機能の) 温度調節のできない方の使用には十分注意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾話§シャワートイレットの使用感

我が家にシャワートイレットが設置されて半年以上経った。 T社の製品が“ウォシュレット”で、我が家のはI社なので “シャワートイレット”である。 それで、これがすこぶる便利である。適度な温水で洗浄し、 温風乾燥するのだが、温風だけで乾燥させるには時間がかか ってしまうので適当なところでトイレットペーパーで水気を 拭取り…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more