テーマ:

贅話§寿司を食わなくなって

もう長いこと、寿司屋に入って寿司を食べていない。近くにあった、 鄙には稀な寿司屋が店を閉めたことも大きい。デパ地下で買ったパッ クの寿司を自宅で食べることはあるけれど、寿司屋で食べてはいない のだ。 寿司屋ばかりではなく、定年退職このかた外食度が低空飛行なのだ。 用事があって外出しても、夕方早めに片付いてしまったら、デパ地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[60]焼酎三昧

[承前] このところ、ビールを呑んだ後は引き続いて焼酎の炭酸水割りをいた だいている。 スーパーで買っているのは、もっぱら九州の麦焼酎でアルコール度数 換算で日本酒のほぼ倍、それで値段は同じだから、お得感は大きい。 それをビールの後に半合を炭酸水で割って2杯呑む……日本酒にすれ ば二合くらいの計算である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[59]酔っぱらわない・・・・・・

[承前] ろれつが回らなくなるほどに酔っぱらった最後がいつのことだったか ……ひょっとしたら五十代に入った頃にはそんな感じだったのだろう か。 そりゃあ今でも、ちょっとは気持ちよくご機嫌になって“あれっ、昨 日の夜は何時に寝たのだったかな”などと、ごくたまに記憶の怪しい こともあるが、たいていは二日酔いなど皆無で爽や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[139]じゃこピーマン

[承前] 某会話スクールのテレビCMでうさぎのキャラクターに“ピーマンも ……食べる”と言わせたことがあった。 ピーマンの苦手な人が多い証拠であろうが、我が家も御多分に漏れず 夫婦そろって苦手にもかかわらず、月に一回くらいの頻度で宅配野菜 の中に入ってくるので、同居人が工夫したのがエントリータイトルの じゃこピーマン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[138]切り干し大根

[承前] きっとたぶん一度書いているような気がする。だが改めて、もう一度 書いておこう。 これはもう年齢的なるもののゆえだろうと思うのだが、もちろんこっ てりした肉料理を口にする機会は多いけれど、切り干し大根のような “箸休め”的なるものをありがたいと感じるようになってしまった。 それこそ日本料理の炊きもの的なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[137]天麩羅

[承前] ワタシの酒肴で天麩羅を取り上げたことがあったかどうか、すっかり 忘れてしまったので……まあいいか。 もう長いこと自宅で揚げ物は作っていない。大量に残った油の処理が 面倒であることと、やはり揚げ物はフライにせよ天麩羅にせよ難しい ところが多々あるような気がしている。 で、天麩羅である。もう数年このかた天麩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~瓶詰の末路~

時折だが、デパートの物産展を冷やかしていると、瓶詰された珍味の 類に目が留まる……何ちゃら味噌とか何ちゃら漬といった奴である。 試食を勧められて、何となくうまいと思い、いそいそと買って持ち帰 り、自宅で酒の肴よろしく箸をつけると、けっこう酒が進むのだ。 ところが瓶を開けて10日もすると、冷蔵庫の中の存在感が突然希薄に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~外食度低く~

夫婦して出不精を決め込んでいるものだから、定年退職このかた外食 する機会が明らかに激減した。 都心へと外出しても、用事が17時前に済むようだったら帰宅の途中で 食材を買って家での夕食になる。 ↓三月大歌舞伎昼の部の上演時間 だから歌舞伎座で昼の部を観た後も、以前だったら銀ブラをちょっと して、銀座か新宿あたりで酒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[58]焼酎お湯割りソーダ割り

[承前] このところ晩酌として、焼酎を割っては楽しんでいた。暖かい季節に は、もっぱらソーダ割りで通していたが、冬の間はお湯割りを嗜んで いたのだ。 アルコール度数25%ほどの麦焼酎を倍程度に薄めるから、アルコール 度数はほぼ半分……日本酒よりも少し軽いといったところだろうか。 そのまんま割ってしまうなら、沸騰し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旨話§グルメ?~いえ全然!~

うまいものを食べるのは好きだし楽しみでもある。だからといって、 味にうるさいとかグルメとか食通とか、そんなことはまったくない。 人並みにグルメに関するあれやこれやは眺めるにしても、その先に進 んであちこちの店を食べ歩きすることなど、ほとんどやらないし、拘 りなど何一つないのである。 要するに、食べる物はうまいに越したこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[57]焼酎一升の紙パック

[承前] 酒を呑むのも、色々と横着になってきてしまっているのは、とうとう 焼酎一升の紙パックものを買ってしまったことからも明らかである。 ↓写真はイメージです 寒さの底の時期にあっても、1杯目はビールと決めているが、2杯目 をどうするかは、相変わらず優柔不断な状況が続いていて固定するこ とがない。日本酒もワインも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生話§今夜は高校の同期会

ネットのおかげで我々のような老いぼれでも簡単に連絡が取れるよう になった。 今夜は高校の同期連中との呑み会である。都内近郊在住の人間で構成 されているメイリングリストでちょっと声をかけると、わらわら出席 の連絡が届いて10人近くが集まることになっている。 六十路も半ば近くなってくると、おおよそ仕事も一段落して時間にも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸話§免税品店~デューティーフリー~

かつて、日本への帰国便搭乗直前には、けっこう免税品店を利用して いた。 もっぱら自分が呑む酒の調達だった。ウィスキーよりは、ほどほどの シャンパンを2本くらい買って帰ったのだ。バブル以前には2000円ち ょっとで買えたようなシャンパンも、今時は数千円と手が出なくなっ てしまっていたが、30年近く前は買いやすい値段で、しかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[135]うまいベーコン

[承前] 年明け、新宿のデパートの地下食品街を歩いていたら、豚肉を扱う新 しい店がオープンしていた。オープンしたのは年末のことだったが。 冷蔵ショーケースの中に眼をやったら、うまそうなベーコンが並んで いた。何やら“萬幻豚”という、富士朝霧高原産の豚なのだそうな。 値付けを見ると、なかなかなものでどうしようかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渦話§ワインはスクリューキャップで

横着者でであるによって、昨今はコルクキャップのワインボトルを買 ったことがない。 もっぱらスクリューキャップの1000円ワインを買って呑んでいるが、 その程度で十分な舌の感覚しか持ち合わせていないのである。それに 2000円以上になると、ほとんどコルクキャップになってしまうのだ。 別にコルクキャップでも開けることが面倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[56]正月の日本酒

[承前] 元旦の日本酒は、もうずいぶん長いこと島根は松江の酒蔵が醸造する “李白”と決めている。この時期、年末の買い出しに行くデパ地下の 食品街に李白酒造の即売コーナーが特設されるのだ。 いつもは純米酒を買い求めているのだが、去年末に選んだのは、限定 しぼりたて生原酒である。それを満を持して元日の朝に口開けした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~日本酒、焼酎、ワイン~

ビール500mlのロング缶を呑みほした後に何を呑むかが決まらない。 夏場だったら、焼酎の炭酸水割りが爽やかでいいのだけれど、今の時 期は色々と悩んでしまい“これだ!”と定番が選べないままである。 まあ、寒いといえば寒いので焼酎のお湯割り度が高くはなっている。 一合ほどの焼酎を電子レンジで熱くして、それを同量の湯で割ってや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~酒は呑め呑め~

1919年1月16日、禁酒法がアメリカ議会を通過。 時に強烈な原理的道徳心が力を持つ。清教徒(ピューリタン)の力が強 かったアメリカにおいて、彼らの力が禁酒法を成立させたのだ。 何事もほどほどにという人間が圧倒的に多いはずなのに、極端に走る 人間を基準にして、それをもって“酒は悪”と認定し、酒を禁止して 取り締まるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~早くも中旬となり~

世間様の正月気分もすっかり抜けて、一月も間もなく半分が過ぎる。 我が身はそんな時の流れとは無関係の境遇になってしまっているので すっかり傍目八目と偉そうにしているようだ。 最近はもう、同居人以外と外で酒を呑んで食事をする機会も少ない。 同居人以外とだったら、独り呑みのほうが気楽に時間を過ごすことが できるが、特に自分よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[55]お休肝日週三日の件

[承前] 巡回しているブログにこんなエントリーがあったので、関心を抱きつ つ我が身に当てはめてみようと考えた。 “週に300gを上限とする”という緩やかな基準に照らすのであれば、 現状の週4日の自宅飲酒だが、一日あたりロング缶のアルコール量が 約20g+日本酒二合約46g=66gで週264gと余裕の結果となった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more