テーマ:宇宙

呟話§一言つぶやき~ヴォイジャー2号~

打ち上げから41年が経過したヴォイジャー2号が、1号に続いて…… ↓中央の青い円が太陽系。中心に太陽 ……太陽圏を脱出し、星間空間に到達したというニュースを眼にしつ つ、擬人化が得意な日本人の端くれとしては、百億キロ以上の遥か彼 方は、さぞや寂しいことではないかと慮るのだが、ざっと計算してみ るに、いまだ1光年の五十分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩話§一日一句~ドイツ語で“夢幻的”~

季語は・・・流れ星 幾筋も Traumhaft(トラウムハフト) 星流れ 滞在している場所は標高1000mに近く、空気も澄んでいるので天空の 星がよく見える。天の川がとまではいかないが、それに近くたくさん の星々が見えるのだ。 【去年の今日】悠話§定年直前旅[22]熱帯ミュンヘン
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪話§光環を見た~太陽が~

先週火曜日の午後、最寄り駅で電車を待っていたら、太陽の周囲が虹 色になっていたので、珍しいと思って撮影したのが下の写真である。 “光環”という現象で、新聞でも報道されていた。薄い雲や氷の粒が 太陽の光を屈折させるということのようだ。当然ながら逆光なので、 どうやって撮影しようかと考えて、太陽本体を隠して数枚か撮ったら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~ボイジャー2号~

アメリカの惑星探査機「ボイジャー2号」打ち上げ。 1977年8月20日に地球を出発したボイジャー2号は、木星、土星、天 王星、海王星を探査する“グランドツアー”を実現させたのである。 1977年といえば、大学4年。夏休み恒例となった尾瀬の山小屋アルバ イト最終年でもあった。そんなタイミングで2号は打ち上げられて、 我が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜草々~天王星の日面通過!?~

西暦111551年8月16日“惑星上から見える惑星の日面通過で最も珍し い、海王星における天王星の日面通過”が起きるんだそうですよ…… 奥様! (゚д゚;) そんな、おおよそ11万年後に起こる現象がわかるというのは、本当に すごいなあと思う。しかも“紀元前125000年から125000年の25万年間 で2回しか起きない”と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天話§一年で最も昼が長い時期

日本列島で、最も日の出が早く日没の遅い6月がやってきた。 東京の日の出は、6月10日から16日の間が4時24分と最も早くなり、 日没は6月22日から7月6日まで19時1分というものである。 夏時間を設定しているドイツだと、同じ時期で日没が21時を過ぎるこ とになって、さらに22時頃までは明るさが残ってしまうのだけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季話§半夏生~七十二候~夏至

夏至の末候“半夏生(はんげしょうず)”である。 さて、夏休みのエントリーを自動でアップしている間に、二十四節気 の夏至が始まり、最後の自動アップの日に夏至の末候が始まるのだ。 気がつけば、夏至点を過ぎた太陽の運行は、冬至に向かって南下を始 めていた。今月も半ばを過ぎれば、19時過ぎまで明るいということは 昔話となり、少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限話§太陽も移動しているのである

先週だったか、宇宙の生成について百億年以上前に宇宙が膨張とか何 とか頭の痛くなる話が報道されていた。そこに添付されていた下の図 を見た素人は“その周囲に存在するのは何?”と突っ込んでみたり。 さらに「宇宙は球体」とか専門家が発言したりすれば“球の外側には 何があるんですかー?”と聞きたくなるのである。 そんな訳のわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more