テーマ:ベートーヴェン

驚話§エベーヌ弦楽四重奏団のベートーヴェン

凄い演奏を聴いた。プログラムは、ベートーヴェンが2曲である…… 弦楽四重奏曲 第9番 C-Dur Op.59-3 『ラズモフスキー第3番』 **********************休憩********************** 弦楽四重奏曲 第13番 B-Dur Op.130 『大フーガ』付き 饒舌な表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発話§クス・クァルテットを聴く[2]

[承前] というわけで、5回にわたるベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲シリー ズのうち2回を聴いたわけだが、その2回目である。 ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第15番 a-moll Op.132 **********************休憩********************** 弦楽四重奏曲第13番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発話§クス・クァルテットを聴く[1]

2002年以来、できるだけ聴く機会を作っているクス・クァルテットが ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲を演奏するというので、サントリー の小ホールに行ってきた。 ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第7番 F-Dur Op.59-1『ラズモフスキー第1番』 弦楽四重奏曲第8番 e-moll Op.59-2『ラズモフスキー第2番』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羅話§アルカディア弦楽四重奏団を武蔵野で

オリジナル・メンバーは以下のとおりだったが、第一ヴァイオリンの アナ・トロークが病気で来日できず、このクァルテットと関係が深い というセバスティアン・テグゼジューにメンバー変更となった。 セバスティアン・テグゼジュー(第一ヴァイオリン)←アナ・トローク レスヴァン・ドゥミトル(第二ヴァイオリン) トライアン・ボアラ(ヴィオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天話§ベルチャ弦楽四重奏団

オール・ベートーヴェンのプログラムで、ご丁寧にも前期、中期、後 期から1曲ずつという以下のような構成である。 弦楽四重奏曲第3番 D-Dur Op.18-3 弦楽四重奏曲第11番 f-moll Op.95『セリオーソ』 **********************休憩********************** …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合話§今日はベルチャ弦楽四重奏団

今夜は武蔵野市民文化会館小ホールでベルチャ弦楽四重奏団の演奏会 を聴く。今年のクラシック演奏会初めだ。 プログラムはオール・ベートーヴェンで、3番、11番、15番と何とも 重めである。 もちろん感想は可及的速やかにまとめるつもり。 《クラシックのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命話§途絶えたベートーヴェン交響曲第5番

年末は第九のシーズンだが、ベートーヴェンの交響曲第5番の全曲を 初めて聴こうと目論んだ時のことをまとめておきたい。それは今から 半世紀前の話である。 たぶん中学校1年か2年の時、何を思ったか、父親がテープレコーダ ーを買ってきた。何とも気まぐれな買い物である。それで何を録音す るのかとか、何も考えていないことは明らかなこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流話§第4回鶴クァルテット演奏会

2015年から年に一度のペースで行われている鶴クァルテットの演奏会 を聴いてきた。会場は、小田急線鶴川駅に近い和光大学ポプリホール 鶴川である。 シベリウス:弦楽四重奏曲 d-moll Op.56『親愛なる声』 **********************休憩********************** ベート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~今年最後の演奏会~

今日の午後は、今年最後の演奏会に行ってくる。 ちょっとした縁でもって、今回で4回目となった鶴クァルテットの演 奏会は、シベリウスとベートーヴェンのラズモフスキーという選曲。 毎回、ある意味でまじめな……言い換えると面白みのない演奏なので かねがね、そこから脱却してくれればと思ってはいるのだけれども。 どうしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弾話§マリア・ジョアン・ピリス[2018.4.12]

かねてより実演を聴きたかったピアニストだが、一度はキャンセルさ れ、ようやく聴くことができたコンサートは彼女の引退公演である。 当初予定されていたプログラムから何度も変更がなされて、結局納ま ったのは、オール・ベートーヴェンというものだった。 ピアノ・ソナタ第8番 c-moll Op.13 『悲愴』 ピアノ・ソナタ第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和話§ロータス弦楽四重奏団~20日、21日~

武蔵野市民文化会館で行われたロータス弦楽四重奏団によるベートー ヴェン後期弦楽四重奏曲連続演奏会3回のうちの2回を聴いてきた。 演奏する側にとっても大変だが、聴くほうも大変である。 【第1回】3月20日 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番 Es-Dur Op. 127 **********************休憩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練話§久々に三連荘の中日かな

三連荘前日の日曜日には団地管理組合の年次総会が行われているので それを含めれば四連荘だが、まあお楽しみの三連荘が続いている。 昨日は歌舞伎座で三月大歌舞伎夜の部『於染久松色読販』『神田祭』 それに『滝の白糸』を観た。その感想は、明日にも上げるつもりだ。 今日と明日は武蔵野市民文化会館小ホールでロータス弦楽四重奏団の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絡話§ドビュッシーQとエベーヌQ

【ドビュッシー弦楽四重奏団】 武蔵野市民文化会館小ホールでドビュッシー弦楽四重奏団を聴いた。 彼らを聴くのは初めてである。プログラムは以下のとおり。 ショスタコーヴィチ:アダージョ ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第11番 f-moll Op.95『セリオーソ』 ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲 第7番 fis-moll…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜片々~エベーヌ弦楽四重奏団~

今日の午後は、エベーヌ弦楽四重奏団の演奏会に行ってくる。過去既 に数回聴いていて、その都度新鮮な驚きを与えてくれるので楽しみに している。 プログラムは…… ハイドン:弦楽四重奏曲 第76番 d-moll Op.76-2 Hob.III-76「五度」 フォーレ:弦楽四重奏曲 ホ短調 Op.121 ベートーヴェン:弦楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜片々~岡田博美のピアノ~

武蔵野市民文化会館リニューアル後初の小ホールでのリサイタルに行 ってきた。大ホールは4月のベートーヴェン交響曲演奏会で体験済。 というわけで岡田博美ピアノ・リサイタルを聴いたのは6月8日のこ とである。 ピエルネ:パッサカリア Op.52 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 C-Dur Op.53 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~ベートーヴェン怒る~

1804年5月18日、ナポレオン・ボナパルト皇帝に即位。 1804年のこの日、フランス上院(護憲元老院)が推挙したナポレオン・ ボナパルトが皇帝に即位した。ローマ教皇の前で自らの手で王冠を被 ったという様子は、下の絵で広く知られていることである。 ベートーヴェンは同じ1804年に英雄交響曲を完成させたが、ナポレオ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜片々~ウェールズ弦楽四重奏団~

一昨日、準地元と言ってもいい、八王子は南大沢にある文化会館で、 結成10年を迎えたウェールズ弦楽四重奏団の演奏会に行ってきたので 簡単に感想を書いておく。 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第2番 G-Dur Op.18-2 モーツァルト:弦楽四重奏曲第15番 d-moll Kv.421 ****************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕪話§ベートーヴェン交響曲連続演奏会

武蔵野市民文化会館リニューアルオープン記念公演として、ベートー ヴェン交響曲連続演奏会が4日にわたって行われた。そのうち後半の 2日間に行ってきたので、簡単に感想を書いておく。 既に20日に6番と7番、21日に4番と5番が演奏された。 ウィーン・アカデミー管弦楽団 指揮:マルティン・ハーゼルベック 【4月22…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜片々~ベートーヴェン二連荘~

今日と明日は、武蔵野市民文化会館のリニューアルオープン演奏会。 マルティン・ハーゼルベックがウィーン・アカデミー管弦楽団を指揮 してのベートーヴェン交響曲全曲コンサートの後半に行ってくる。 今日は1番、2番、3番。明日が8番と9番で、チケットの売れ行き は好調のようだ。いわゆるピリオド系楽器による演奏で、考えてみた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江話§上京日記[8]NHKホール柿落とし

[承前] 1973年6月20日、NHKホールの柿落とし記念公演が行われた。その 日はオルガン演奏会ということだったが行ってはいない。行ったのは それから一週間後に行われた落成記念公演で、ヴォルフガング・サヴ ァリッシュが指揮したNHK交響楽団によるベートーヴェンの第九で ある。 指揮:ヴォルフガング・サヴァリッシュ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訣話§ギエム~ライフ・イン・プログレス~

シルヴィ・ギエムの引退公演『ライフ・イン・プログレス』最終日に 行ってきた。プログラムは以下のとおり。 『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』 振付:ウィリアム・フォーサイス 東京バレエ団 『ドリーム・タイム』 振付・演出:イリ・キリアン 東京バレエ団 ******************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§エベーヌ弦楽四重奏団-白寿ホール-

快晴だった文化の日の午後、渋谷区富ヶ谷にある白寿ホールでエベー ヌ弦楽四重奏団のコンサートを聴いてきた。ユニークなプログラム。 昨年、創立メンバーの一人だったヴィオラのマチュー・ヘルツォーク が脱退し、新メンバーとしてアドリアン・ボワソーが加入した。 モーツァルト:ディヴェルティメント F-Dur K.138 ベー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反話§季語が重なることについて

俳句をひねるにあたって“季重なり”は好ましくないとされている。 十七文字の中に主役である季語は一つで十分、二つも三つも入ったら 焦点がぼけまくってしまうからというのが大きな理由なのだそうだ。 それじゃあこれは?と、誰もが例として挙げる、山口素堂の名句…… 目には青葉 山ほととぎす 初鰹 ……だけれど、これはいいのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞話§ベジャール・第九交響曲・東京バレエ

ラグビーのテストマッチから一転して、モーリス・ベジャールがベー トーヴェンの交響曲第9番に振り付けた舞台をNHKホールで観た。 出演者は以下の通りだが、より詳細な出演者は、このリンクを参照。 音楽:ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン テキスト:フリードリヒ・ニーチェ オリジナル美術・衣裳:ジョエル・ルスタン、ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜日乗~本日ダブルヘッダー~

諸事情あり……14時キックオフのラグビー・テストマッチを秩父宮で 観た後、NHKホールで19時開演の東京バレエ団公演で、モーリス・ ベジャールが振り付けのベートーヴェン『第九交響曲』を観るのだ。 毎度毎度だが、基本的に一日に2つのパフォーマンスを観ることは、 極力避けている。だが、日程的にどうしても……ということが生じた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閑話§心穏やかな秋の日~今年もあと~

昨日の日曜日、6時前に眼は覚めたが、前日22時過ぎの就寝だったの で睡眠時間は十分だった。日曜日、東京の日の出は5時56分だから、 夜は明けきらず、薄っすらとした風景が眼の前に広がっていたのだ。 少し雲がちだが青空が広がり、ほとんど風のない穏やかな空気の中、 我が家周りの木々のうち、桜の葉はほとんど落ちたが、他の葉の色は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§F・ブリュッヘンさん(音楽家)

リコーダーやフルート・トラヴェルソの演奏家でもあり、指揮者とし てのキャリアも長かったフランス・ブリュッヘンが亡くなった。 享年七十九 彼の実演を初めて聴いたのは1975年。麹町の都市センターホールで、 バッハのフルート・ソナタのリサイタルだった。何というか物足りず に拍子抜けした記憶が残っているが、それはもうひとえに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋭話§アルテミス・クァルテット(紀尾井)

火曜日という週初めの平日、それでも聴きたいアルテミス・クァルテ ットのコンサートに行ってきた。彼らを紀尾井ホールで聴くのは初め てだと思う。 ブラームス:弦楽四重奏曲第1番 c-moll Op.51-1 クルターク:小オフィチウム       アンドレーエ・セルヴァーンスキーを追悼して Op.28 *******…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more