テーマ:海外旅行

徨話§ベルリンとアルプス[9]食事のおさらい

[承前] アパートメントホテルの部屋にミニキッチンがあるおかげで、すっか り出不精になっております。まあ、オペラやコンサートの連続で夜の 食事もままならなかったりするけれど、近所のスーパーマーケットで 買った食料で朝食と夜食をまかなえるのはエコノミーな滞在である。 ↓朝のコーヒーはネスプレッソで 同居人はカフェ・オ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~カルキ分の多い水~

毎度毎度、旅行するにあたって電気ポットを持ち歩いている。これは もう四半世紀は持ち歩いていて、十分に重宝させてもらっている。 さすがに水道の水を使うことはせず、ミネラルウォーターのペットボ トルをスーパーマーケットなどで購入して使っているが、それにして もと思うのは、旅行中ほぼ毎日使っていると、真っ白いカルキ分が付 着して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~梅雨が明けない~

7月に入ってこのかた雨続きで気温も25度に達した日はなかった。 先月旅行していた間は超が付くような猛暑の日々で、これが北緯48度 の世界なのかとうんざりしつつ過ごしていたのだ。 それが、10日前に帰ってきたら、滞在していたベルリンもオーストリ ア・アルプスの端っこも涼しい気候が戻ってきて、そんなタイミング で旅行したか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[6]停電は唐突に

[承前] ベルリン・ドイツ・オペラ『マノン・レスコー』からホテルに戻った のは23時前。シャワーを浴びて軽く夜食でもと準備にとりかかった。 キッチンにあるのは電子レンジ、湯沸かしポット、それにネスプレッ ソのコーヒーメーカーである。ビールを呑みつつ何かつまんで、後は 軽く雑炊でもとポットに水を入れ、コンセントを差し込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喋話§旅の英語ですとか・・・・・・

相変わらずな英語をやり繰りして毎年旅行に出かけている。いわゆる “現場の英語”ってやつで、ほぼ同じようなやり取りばかりだから、 相手が何を言っているのか、個々の単語が聴き取れなくても、ざっく り理解できてしまうのである。 旅行中の交渉事は、ホテルのチェックインに始まり、ホテルのチェッ クアウト、そしてフライトのチェックイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[4]ベルリン到着

[承前] ベルリンを訪れるのは2013年以来のことである……時差ぼけのおかげ で、けっこう早く目が覚めてしまい、11時発のフライトを前に、部屋 でぐだぐだすることになったが、2時間前にはさっさとチェックイン して、後は離陸を待つのみである。 ↓ミュンヘン空港で搭乗客を待つルフトハンザAirbus320 ベルリンまでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[3]ミュンヘン着

[承前] 羽田を離陸してからおよそ11時間、ミュンヘン国際空港に着陸したの は17時過ぎ。毎度のことながら、せめて10時間は切ってほしいものだ と思うのだが、生きている間に実現することはないだろう。 本当は、ミュンヘンから乗り継いでその日のうちにベルリン入りした いところだが、一昨年はその日のうちにミュンヘンからアムス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~時差ぼけ続報~

[承前] ……と思っていたら、案の定というか帰国4日目金曜日の起床時刻は 8時半だった。一昨日だが、22時頃にはベッドに入ったのにである。 毎度毎度、時差ぼけの状況が異なると言ったのはこういうことなわけ で、何がどのように出てくるのか、こればかりはその時にならないと わからない。 目が覚めて時計を見た時には、さす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~今回の時差ぼけ~

宮仕え時代は、日本に帰国した翌日には会社に出なくてはならなかっ た。時には到着したその足で出勤したこともあったが、ほとんど使いものにならず、早々に退散したこともあった。 定年退職した今は、出勤などという言葉は死語となり、寝ていようと 思えば、いつまでも惰眠を貪ることは可能だ……といっても6時頃に は起きてしまうのだが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[2]眼下の尾瀬

[承前] ミュンヘンに向かう飛行機における最大のミッションが、近づいてき た。羽田を離陸して20分足らず、高度8000mに達しつつあるタイミン グで、窓から眼を凝らすと、見慣れた残雪の形が見えてきた。至仏山 のムジナ沢だ。 ↓下右側が至仏山。細長い蛇のような残雪でわかったのだ 去年は雲がちで全容を見ることが難しかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[1]羽田から

今回は6年ぶりのベルリン滞在一週間と、アルプスの端っこに一週間 という日程である。 ここ数年のとおり朝7時半過ぎ、スーツケース2個を積んだレンタカ ーで自宅を出発したものの、中央自動車道から首都高まで延々渋滞が 続き、羽田まで2時間ほどかかってしまった。 羽田に着いたら同居人とスーツケースを下ろし、穴守稲荷先の営業所 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退話§無事に帰国しました~老いの感慨~

定年退職して時間はたっぷりあるのに、体力が衰えていくという反比 例な状況が現実のものとしてどんどん巨大化しているなあと、強烈に 痛感しつつの帰国である。 とにかく現実は容赦なく我が身に降りかかってきて、車を必要とする 旅行の終わりは明らかに眼の前にちらついているのだ。 しみじみと思うことは、仕事をしていた時から年に一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§半夏生~七十二候~夏至

夏至の末候“半夏生(はんげしょうず)”である。 夏至も末候。今年の我々の旅も終わった。 去年あたりから、いつまで海外旅行ができるだろうかということが、 頭の中に渦巻いている。飛行機で3時間ほどの台湾だったらまだしも 10時間を超えるようなヨーロッパに行くのはしんどい。今さらながら 旅行における体力の重要性を痛感させられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留話§一日一句~アルプスさようなら~

季語は・・・文月 出立の 朝は文月 明けてをり 長い旅行も最終日となり、9時過ぎには車をミュンヘン空港に向けて 走らせる。 車を返してフライトのチェックインをすれば一安心だ。羽田へと飛ぶ フライトは16時過ぎの離陸なので、軽く腹ごしらえをしたりしながら ゆっくりと過ごす。 後は、機内でどれくらい睡眠を確保で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留話§一日一句~明日は帰国便に~

季語は・・・夏の色 夏の色 花の一本 旅の果て この10年くらいだろうか、旅行中に日本が懐かしく思う度合いが強く なった。 世紀が変わるあたりまでは、旅の終わりは何がなしに寂しく、日本に 帰るのが惜しいと思っていたのにである。 というわけで、旅の終わりもまたうれしいことなのだ。 【去年の今日】世話§ワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留話§一日一句~名所旧蹟に拘らず~

季語は・・・昼寝 昼寝して 日常として 旅として 明日で旅行の予定は終了……月曜日にはミュンヘンに向けて車を走ら せるのだが、本当に体力が落ちたものだと我ながら感心する。 同居人は猛暑のせいもあるのだというが、一日に複数のあれこれをこ なしていたのが、暑いと言ってはホテルに逗留し、無理して出歩くこ とをしなくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留話§一日一句~長かった旅も・・・・・・~

季語は・・・ソーダ水 ソーダ水 弾けて旅の 終わり哉 今回の旅行は19日間だが、移動日を含めない正味は16日。ということ で今日を入れて滞在の日々は残すところ3日となった。 旅行している間、口にする飲み物だが、アルコール飲料以外にという と、コーヒーと炭酸入りのミネラルウォーターが多い。 車を運転しなくてはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊話§年に一度の旅行へ

というわけで、梅雨模様の日本からドライな空気のエリアへ束の間の 旅の空である。 昨今、この時期の北半球はおそらくどこに行っても暑さ暑さで、行動 的になれというほうが無理だったりして、今回もそうであるならば、 ホテルライフを楽しむという皮肉な滞在になるかもしれない。 そうは言っても、オペラやらコンサートの予定は入れてある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~着々と~

出発が近づいているが、出発の週になっても歌舞伎に行ったり、弦楽 四重奏を聴きに行ったりと、気分的には慌ただしいものがある。 まあ、宮仕え時代は出発前日まで会社で仕事をしていたから、慌ただ しさは似たようなものだといえなくもないが、定年退職後の何年かは のんびりと出発の日を迎えていたので、何となく落ち着かないものが あるのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~一週間足らずで~

またしばし、少しの間だが出かけてくる。 目的地は例年とほぼ同じ。何度か書いているように、何年かの内には 遠路ヨーロッパへの旅の終わりがやってくると自覚するようになって しまった。 健康であればという条件であと5年は何とかなるだろうが、あと10年 となるとクエスチョンマークが付いてしまうだろう。 異国を訪れて、有名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧話§ヨーロッパがサマータイムを廃止

EUが2021年にサマータイムの廃止を決定した。2021年からの実施と なる。 主な旅行先であるドイツやオーストリアだと、冬時間における日本と の差は8時間で、夏時間は7時間というものだが、どの時間帯を採用 するかは、それぞれの国に任されるようだ。 このところ年に一度の旅行は、6月か8、9月だから夏時間の時期と なっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語話§飛行機は飛ぶ

今は亡き桂枝雀が前名の小米時代にマクラとして噺していたのが…… 飛行機が何で飛べるか知ってまっか? あれ、飛行機がアホやからなんですわ。 ごくごくたまーに飛行機が墜ちることがありますけど あれ、飛行機が「わて、何で飛んでるんやろ?」 と、突然気がつくからなんですわ。 ……まあ“あんな重いもんが飛ぶこと自体不思議な話や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震話§冷たすぎる飲み物

日本の気候がということもあるのだろうが、飲食店が提供する飲み物 が全体として冷やし過ぎではないかと思えるのだ。特に夏場の日本で 冷たい飲み物が好まれるというのは理解できるが、時にそれが過剰と 感じられることがある。 酒を呑まない同居人が居酒屋で注文するのはソフトドリンクで、主に トマトジュースあたりを頼むのだが、何も言わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~Bokeh(ぼけ)が世界語に~

先月、フランスのニュースを見ていたら、Emoji(絵文字)が、世界の共 通語として使われていることを知って驚いた。 SNSでそのことを書いたら「EmojiだけでなくBokeh(ぼけ)も共通語 になってますよ」とリプライが飛んできた驚いたのである。まさか、 ピンぼけに該当する言葉が存在していなかったと思わなかったのだ。 ソフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚話§エアバスA380生産打ち切り!

現行の旅客機では最大の収容乗客数を誇るエアバス社のA380機の受注 が芳しくなく、2021年で生産打ち切りというニュースが流れてきた。 実際にエアバスに搭乗したのは2回。2011年と12年の、いずれもフラ ンクフルトから成田に戻る時のことである。 ↓フランクフルトから成田まで利用した時の搭乗直前 それで乗った感想を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~飛行機は西へ~

我が家から西方……九州や韓国、中国方面に向かって飛行機の航路が 何本か見える。北側の窓からは3本ほどが見え、真上から南にかけて 2本か3本あるが、これは外に出ないと見えない。 成田を出発した飛行機は所沢あたりで高度8000mに達し、巡航高度ま でもう一息というのに比べると、羽田を離陸した飛行機は同じ地点で 5000mを超え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸話§免税品店~デューティーフリー~

かつて、日本への帰国便搭乗直前には、けっこう免税品店を利用して いた。 もっぱら自分が呑む酒の調達だった。ウィスキーよりは、ほどほどの シャンパンを2本くらい買って帰ったのだ。バブル以前には2000円ち ょっとで買えたようなシャンパンも、今時は数千円と手が出なくなっ てしまっていたが、30年近く前は買いやすい値段で、しかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独話§ドイツを旅行するのは・・・・・・

レンタカーを利用するようになって、間もなく20年になろうとしてい る。鉄道旅行も嫌いではないが、小回りは圧倒的に自動車による移動 に軍配が上がる。 とはいえ、ドイツをメインに旅行するようになってはみたものの、訪 問した都市は限られている……訪れて宿泊したことのある都市だけに 限ってみれば。 ミュンヘン、フランクフルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more