テーマ:病気・怪我

懐話§尾瀬草紅葉[20]悶絶裏燧林道-中-

[承前] この先、2時間は痛む靱帯をかばいながら歩くことになると腹をくく って歩いていたら、思わぬ人工物に出くわした。シボ沢(渋沢)に高く 架けられた裏燧橋である。 18年前の1997年建設とあったから知るはずもないが、さてそれ以前は どういう道筋を伝ってシボ沢を越えていたものかとんと記憶がない。 橋の中ほどから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬢話§大相撲五月場所中日~白鵬不戦勝~

両国に着いたのは、ちょうど12時。もちろん当日券もとっくに売り切 れて満員札止の盛況。正面エントランスでは、てぬぐいが売られてい た。中に“裏方セット”というのがあったので3枚1200円を購入。 それから地下広間で食べさせてくれるちゃんこの列に並んだ。中日を 挟んだ5日間は田子ノ浦部屋の牛すじ味噌ちゃんこ……牛肉のちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟲話§ダニーちゃん参上~噛まれし柔肌~

今週のはじめ頃だった。ダニに噛まれたのか、右腕に赤い点が2か所 あることに気がついた。 写真のように肘のちょうど真裏に患部があって、腕を曲げてみたら、 噛まれた場所同士がぴったり重なって見える。ということは、2匹の ダニーちゃんではあらで、腕を曲げていたタイミングでもって一匹が 噛んだ“単独犯行”によるものだと想像でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濁話§同居人~白内障の手術無事終了~

2月の第1週に右目を、第3週に左目を……同居人が2週間をかけて 白内障の手術を受けた。今のところ経過は良好である。 もう何年もの間、白内障のためにぼやけまくった風景を見ていたが、 夫の定年が近づいてきたところで、重い腰をやっとのことで上げたの だ。白内障など誰がなってもおかしくなく、明日は我が身かも知れな いので、手術を逡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§豊真将引退~お疲れさん~

去年7月の名古屋場所七日目から休場を続けていた、元小結の豊真将 が、故障癒えぬまま初場所六日目に引退。年寄・立田川を襲名した。 土俵回りにおける所作の美しさは、これまでに見た力士の中でも特筆 してきちんとしたもので、そういうことでファンになった人も少なく なかったと思われる。 中学時代から角界に誘われていたが、日大を中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休話§年末年始草々[2014年12月31日(水)]

[承前] 7時前に起床、外気温は2.3度。順調に寒いが大晦日も快晴である。 パソコンでネットを眺めていたら腹の左側が痛くなってきた。普段か ら腹痛など起こさない人間なのでどうしたことと思っていたが、一定 の痛みがずうっと持続して収まる気配が感じられない。 しばらく我慢していて、2時間ほど経過したところで、痛みが下腹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[15]整骨院顛末之記

[承前] ちょっとしたタイミングで、膝の腱に隠し持っていた古傷を軽く傷め てしまった。ちょっと痛みがあるなあ……と思い、会社の行き帰りに 便利そうな整骨院を探していたら、何とも手頃な場所で開業している のを見つけて飛び込んだ。謳い文句に“骨をぼきぼきと動かさない” というところも、気に入った理由の一つだったりする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~STAP細胞STOP~

STAP細胞に関する論文すべての取り下げが確定したようだが…… ……過去に起こった何例かの“論文捏造”事件が、何の教訓にもなっ ていないばかりか、捏造することで何をしたかったのかということが まったく理解できない実に非論理的な人間である。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚話§論文にミスが多過ぎてという件

あるいはもう“捏造”という言葉を使ってしまってもいいような状況 に置かれた、STAP細胞発見にまつわる様々な問題点についてである。 まだ正式な結論は出ていない時点で書いていることではあるが……。 こういった成果に対しては。第三者である科学者の手によって追試が 行われることで、成果が確定することになるのだが、現状においては …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§休暇蛇足~薬局巡りですとか~

[承前] 旅行する時には“救急箱”は必携で持ち歩いている。ところが時に、 在庫切れを起こした物に限って必要になってしまうことも珍しくなか ったりするのだ。今回買ったのは、液体の胃薬と絆創膏の類である。 薬局のドイツ語は“Apotheke(アポテケ)”といい、下のような共通マ ークのおかげで、街中で簡単に見つけることがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌話§キラキラネームなるものの弊害

馬鹿親――昨今は馬鹿親だけじゃないかも知れない――が、訳のわか らない頓珍漢な名前を子供に付けて得意がっているのは、いつ始まっ たことだろう。世間では“キラキラネーム”と呼んでいるらしい。 本来はクラゲと読ませる“海月”をみつきと読んで悦に入っているの に始まって、列挙するのも馬鹿馬鹿しいくらいにひどい漢字熟語と読 みの洪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遍話§ホプキンス氏来日~広島カープ~

先月、整形外科医ゲイル・ホプキンスが来日した。それは誰だと思う 人も多いだろうから先を続ける。1975年に広島東洋カープに入団、赤 ヘル軍団がセリーグで初優勝を果たした“あのホプキンス”である。 広島に在籍したのは2年間。その後南海ホークスで一年プレイした後 に引退して帰国。医大に入学し、かねて明言していた医師となる道を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§黄金週間雑感~2013.04.27~

何と不本意なことに、風呂敷残業を持ち帰ってしまった。連休中に仕 上げて連休明け2日目までにねというもの。しかも320ページとは けっこうな量である。 (´;ω;`) ブワッ 晴れた初日ではあったが、家に籠って仕事を進めることにした。一日 3時間として2日半くらいで片を付けたいと考えた。よって外出は、 連休の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜雑感~風邪薬が効き過ぎて~

先週、病院で処方してもらった風邪薬がよく効いてくれる……とはい っても、風邪の症状が改善してくれる以上に強烈な眠気に襲われるの である。 ここまで眠くなるのはちょっと珍しく、会社で昼食の後に飲んだ薬が 一時間もすると眠気を誘ってしまうのだ。このところ仕事が凪状態で あるからいいようなものの、佳境にあってこんな状態だったら仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜雑感~風邪いまだし~

風邪がなかなか治ってくれない。先週の木曜日に引いたことを自覚し ただ、その後は寝込むほどのこともなく、病院で処方してもらった薬 を三度三度まじめに服用しているだけである。 薬が効いているのだろうが、日中の活動期に頭がボーっとなってしま うのはたまらない。 そんなわけだからブログの更新にも影響している。ボーっとした頭で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冒話§風邪~どうもこうも~

先週の木曜日あたりに兆候を感じた風邪が、月曜になって本格化した のだ。火曜日未明、喉の奥一点に痒みを帯びた刺激を感じたところで 咳が頻出した。 ひいても咳があまり出ないタイプの風邪しかひかないので、ちょっと 往生した。それでしかたなく、火曜日の一日は有休を取って医者に行 ってきた。咳止め薬その他を処方してもらい、自宅療養に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§成田屋 市川團十郎さん(十二代目)

我々は、2か月の間に、歌舞伎界一の集客力を誇る人気役者と、歌舞 伎界一番の大名跡を失ってしまった。歌舞伎座の開場まで2か月を切 ったこの時期に……言葉が見つからない。 2010年4月の歌舞伎座閉場式で、菊五郎、吉右衛門、仁左衛門、勘三 郎、三津五郎、梅玉、團十郎、幸四郎という立役8人が『都風流』を 踊るのを観た。五十代から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§木村正直さん(三役格行司)

幕下格以下の行司は裸足で、しかも数番の取組をさばく。足袋が履け るのは十両格以上で、さらに草履となると三役格以上にならないと履 けないのだ。 ほとんど年功序列の階級社会で三役格に登り詰めるのは、およそ50歳 半ばから60歳近くになってからである。 三役格の行司を務めていた木村正直を最初に見たのは、まだ裸足でさ ばいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精話§高見盛引退お疲れ様

初場所千秋楽を限りに、元小結の高見盛が引退した。 幕下付出から一年足らずで十両から幕内まで昇進したが、その直後に 足の靭帯を傷めて幕下まで陥落。それでも2年後には小結まで上り詰 めたのだである。 残念ながら2003年秋に右肩を亜脱臼。大関候補と呼ばれたこともあっ たが、この故障を境にして勝ったり負けたりを繰り返すように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

管話§ノロ流行に関する医師達の声だが

ツイッター上で、ノロウイルスに関して医師達のつぶやきがまとめて あった。大雑把に要約すれば以下のようなことになるかと思われる。 ……もし感染しても、病院で出来ることは脱水に対する点滴くらいな ので、水分補給が可能な状態なら、夜中にあわてて病院へ駆け込む必 要はなく、軽症の下痢・嘔吐なら自宅安静でいい…… えーと、確かに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能話§薬効のことを考えてみた

病気とか健康について引き続き書く。先月下旬にリンパ節が腫れたこ との顛末についてはこちらにまとめてあるが、その時に飲んだ抗生物 質にまるわることである。 個人的には、頻繁に薬を飲んでいるというわけではないが、薬の効果 に関しては、いつも眉唾で臨んでいるような気がするのだ。つまり、 どういうことかというと、症状が改善している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長話§我が家の医療費が・・・

ちょこちょこと医者通いの多かった一年のような気がする。年の初め には急性胃腸炎になってすっ飛んで行ったし、先月末にはリンパ節が 腫れて抗生物質を処方してもらいに通院した。 夫だけでなく同居人も何だかんだと通っていたので、この一年の我が 家の医療費をまとめると、それなりの額になるような気がする。もっ とも通院の回数は増えたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巴話§リンパ節腫れ腫れ始末之記

まさか“変な病気”ではという心配は、とりあえず先送りになったと いうことにしておこう、そうしよう……独り言。 月曜日の時点で腫れはかなり収まり、手で触ると核になるような小さ なシコリを認めるが、調べてみたところ、いずれ消えていくとあって まあ大丈夫かなとは素人の見立て。抗生物質の処方が6日分なので、 それを飲み切るように医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巴話§リンパ腺が(?)腫れた・・・

先週の木曜日か金曜日のことだったか、首の右横で耳の真下あたりに しこり状の物ができて大きくなると同時に、押すと少し痛い。悪い病 気ではないかと心配になるのは当然である。 それで土曜日の午前中、いつも診てもらっている近くの内科医院に行 ってきた。場所柄からしてリンパ腺が腫れているのだろうという診立 てで抗生物質を処方してもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~殺虫剤噴霧消毒~

[承前] 水洗便所などという、それ以前家という家、建物という建物にあった トイレはすべて汲み取り式で、定期的にバキュームカーなどが汲み取 りに来ていたのである。 そんな衛生状況であったから、蠅や蚊などが発生のし放題だったのは 当然のことである。夏などは家の中にも蠅が飛び交っていたから、卓 袱台の上に置かれた食べ物を守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜閑居~歌舞伎座開場まで~

新しい歌舞伎座の開場まで、とうに半年を切っていることに思い至っ たが、気になることは歌舞伎役者――特にベテラン――の体調だった りしている。 手術をして以降の中村勘三郎の様子が一番心配だが、今月の顔見世で は、初日は務めた仁左衛門が、それ以降休演続きで、このまま千秋楽 まで代役――南与兵衛(十次兵衛)を梅玉が、熊谷直実を松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜閑居~今日は演舞場昼の部~

九月大歌舞伎も、今日を入れてあと3日。演目は菅原伝授手習鑑から 『寺子屋』と天衣紛上野初花『河内山』である。 当初の予定では松王丸を染五郎が演じ、吉右衛門が源蔵という顔合わ せだった。はたして大ベテランの吉右衛門に伍して悪役を演じられる かという、多分に“怖いもの見たさ”もあって楽しみにしていたのだ が、ご存知のように思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more