ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 語話§シュターツカペレ・ドレスデン[川崎]

<<   作成日時 : 2009/04/26 12:24   >>

トラックバック 3 / コメント 8

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ドレスデン)日本
公演の初日を聴くために、寒い雨の降りしきる中を川崎まで。
                  【ミューザ川崎 2009.4.25】

ステージにメンバーが揃ったところで始まったチューニングの音色が
また何とも美しくて・・・。

↓2003年6月のゼンパーオパー。けっこうな猛暑の日である
画像

リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラかく語りき』
とブラームスの交響曲第4番。アンコールにウェーバーのオベロン序
曲。

ここで書いたように“シュトラウスの交響詩は苦手”なので、それが
世界一のシュトラウス・オーケストラの演奏であっても、どこか気も
そぞろになってしまう。……などと弱気なことを書いたが、もちろん
シュターツカペレが醸し出す音の絶品さ。音色のパレットの豊富さが
シュトラウスが意図した世界を十全に描き出すのだった。などと書き
ながらも“ああこのオケで『影のない女』を聴いてみてえだ”と思っ
てしまうわけで、どうも俗人の煩悩は限りがないなあ。

2曲目のブラームス。特に1楽章と3楽章はルイジの意図と自分の好
みが合わずに不満を感じてしまった。特に1楽章冒頭のヴァイオリン
が演奏する四分音符をあそこまで伸ばすことはないだろう。というわ
けで早い楽章ではやや過剰なブラームスに聴こえてしまった、という
のは、もう少し角の立った硬質な音楽が好みな人間の繰言ではある。

それとは打って変わって2楽章と終楽章、特に2楽章の弦の美しさ。
そうだ、これを聴くためにチケットを買ったのではないかと思わず姿
勢を正してすっかり聴き惚れてしまった。終楽章のシャコンヌの楽想
が変わりゆく様は、ブラームスがまさにオケの存在を念頭にして作曲
したのではと思わせるものがあった。それだけにルイジもあまり作り
込むことをせずにオケの性能を生かしてやってもよかったのではと感
じたのだが。

アンコールのウェーバーだが、さらに“自家薬籠中”の極致のように
オーケストラ全体が一個の楽器となって締めくくったのだった。

この日、残念ながらチケットの売れ行きは芳しくなく――招聘元の値
段設定の明らかなミス
――指揮者から見える席はほぼ埋まっているが
オケメンバーから見える正面から奥に向かっては半分程度の入り。

空席にこんな素晴らしい音楽を聴かせてしまうとは、なんとまあもっ
たいないことよ。演奏しているオーケストラにも聴衆にも何の罪など
ない。ひとえに招聘元の傲岸不遜のツケが回ってきているのである。

終演後、ミューザの中をぶらついて駅に戻ろうとしたら、ちょうどメ
ンバーが大阪に向かうために早足でエスカレーターに乗っていくとこ
ろだった。帰宅してニュースを見ていたら、京都駅の新幹線ホームで
19時過ぎに人身事故があったのを知った。時間的に巻き込まれたので
はなかったろうか。

付記:この先は東京で、4月29、30日&5月1日と3回のコンサート
が予定されている。我がブログはもちろん、多くのブログで絶賛され
ているので、チケットの状況をチェックして是非ともあの音楽を体験
していただきたい。


《オーケストラのトピックス一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
09年4月25日 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団演奏会
ファビオ・ルイジ指揮のドレスデン。しかもメインは、前回2006年チョン・ミョンフ ...続きを見る
東京エンタメ日記
2009/04/26 20:37
09.04.27 ファビオ・ルイジ ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
第一志望の最終面接で落とされました。モチベーションは下がる一方です。(というか、もうやる気ゼロ) ...続きを見る
ホロヴィッツを目指して
2009/05/01 00:28
二夜目
まず、昨日ですが、 エマニュエルさんのピアノがすんばらしかったです ピアノってこんな音もでちゃうの〜 でした。 ...続きを見る
113°North, 22°East
2009/05/05 19:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ルイジの名前はウイーンにいた昨年までウイーン交響楽団の常任で知っていました。 伝統のドレスデンのオケも名前はしってました。 が、両方とも聴いたことがなく、切符をかおうとおもってましたが、どうせ売り切れとおもいやめました。 が、ご報告によれば空席が沢山あるとは! 演奏は素晴らしかったようですね。 次回は是非。   
タロッペいたばし
2009/04/27 15:40
まだチャンスはありますよ。東京で4月29
日、30日と5月1日の3回コンサートが予
定されています。

要チェック!
HIDAMARI
2009/04/27 15:56
先日はTBありがとうございます
1日 アルプス交響曲を聴いてきました、
 素晴らしい出来でした、久し振りに興奮しました。
miken_001
URL
2009/05/02 21:23
こちらこそコメントをありがとうございま
す。このオケの持ち味がようやく感じ取れ
るようになってきました。もっともっと実
演を聴きたいオケです。
HIDAMARI
2009/05/03 10:33
トラックバック有難うございました。ミューザでも入りが良くなかったんですね。それを聴いて、大阪人の故に入りが悪かったわけではない、と思い、ちょっとほっとしました(笑)。

オベロン良かったですよねえ・・・・やはり、18番の至芸、というものがオケにもあるんだ、ということ、思い知ったように思います。
ぐすたふ
URL
2009/05/05 14:03
コメントをありがとうございます。今回は
時期が悪過ぎたのと、やっぱりチケットの
値段設定に問題がありそうな気がします。
ウィーンフィルやベルリンフィルに食われ
て損をしているかなと思いますが、好きな
人は少なくないはずだと思っています。
HIDAMARI
2009/05/05 16:13
トラックバックいただいた者です
香港の前は日本だったんですねー
香港のチケットは末席で日本円で3000円もしませんでしたよ。だから私も二夜連続で行けたんですが、ほんとここはコンサートの料金が良心的です。日本は目が飛び出ちゃうくらい高いですね。
wanglin
URL
2009/05/05 19:44
日本と香港と、物価とか貨幣価値がそれほ
ど違っているのかと驚いてしまいます。も
っとも日本の外来クラシックのチケット価
格は昔から高めな設定だったと思います。
それがいまだに是正できないことこそ問題
ではないかなと。
HIDAMARI
2009/05/06 12:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
  ビッグイシュー基金      
語話§シュターツカペレ・ドレスデン[川崎] ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる