ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 極話§0÷0・・・一台の賢い電卓ありき

<<   作成日時 : 2011/05/24 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

30年以上前に持っていた電卓が賢かったことを思い出したので一文。

いや、たいしたことはないのです。関数計算機能もない本当に普通の
S社製電卓だった。ただ一つの突拍子もない機能ともいえない機能を
除けばである。いつの授業で習い覚えたことか記憶にないのだが……

0÷0=

……の答えは、整数であるなら1に始まり無限大に向かう……それは
“不定”というのだと覚えたのだった。そして、その電卓はその解を
身をもって示してくれていたのだった。

つまり、0÷0と入れてイコールを押すと、表示画面が1から猛烈な
スピードで自動的に数を刻んでいくのである。それはあたかも自分の
仕事には忠実であらねばという義務意識の表明のように感じたのだ。

昨今の電卓は、そのような不可思議な機能など付いてはおらず、それ
はそれで野暮よのうなどと思うわけである。あるいは、その電卓を設
計した技術者の遊びというか悪戯心の発露だったのだろうか。

【去年の今日】点話§高田ファウル〜レフトスタンド〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
極話§0÷0・・・一台の賢い電卓ありき ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる