ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 鯰話§東日本大震災〜2011年3月11日〜

<<   作成日時 : 2014/03/11 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3年前の14時46分、地震が起きた瞬間のツイートは、わずか一言……

地震!
posted at 14:47:44

……というもので、揺れ始めは冷静であったはずだが、尋常ならざる
揺れに、ビルの8階で慌てふためいていたことを思い出す。

横揺れの方向は大雑把に南北方向だったと記憶しているが、仕事場に
並んでいる書架がたまたま南北方向に本が収納されていたために、為
す術なく床に散乱していったのである。

その後、15時ちょっと過ぎにやや大き目の余震があり、その時点で鉄
道は運行を停止したのだった。

こうなると仕事どころではなくなってしまい、どこが震源で、どれほ
どの震度なのか被害の様子はどうなのかと、情報を取り込むことに心
を奪われてしまったのだ。

そうして、東北から北関東の海岸に津波が押し寄せる映像を呆然と眺
め、仕事が手につかないまま夕方を迎えた。既に東京都内の交通網は
麻痺状態に陥っており、我が京王線も再開の見通しが立たず、このま
までは最低でも徒歩8時間の我が家に向かうことは無謀だろうと、会
社に一泊という覚悟をした。

薄暗くなった頃には空腹を覚えた。あれこれ考えても仕方がないと、
いつもの“L”に電話したところ、元気な声で「お待ちしてます!」
と返ってきたので、どっしり腰を落ち着けて2時間ほど滞在。

いかにも気楽そうに生ビールのグラスを重ねはしていたが、心中はと
いうと先々への曖昧模糊とした不安のようなものがモヤモヤとしてい
たのだ。店の窓から外を見れば、自宅へ帰ろうと歩みを進める多くの
人達が歩道から溢れそうになっていた。

かくして22時過ぎ、都営新宿線と京王線は比較的早く復旧したようで
黙然と駅に向かった。タイミングよくやって来た電車に乗り、通常の
倍以上2時間ほどで最寄り駅に着いて、そこからバスに乗ったが……

やれ、うれしや! ただ今、我が家近くのバス停\(^o^)/
posted at 00:25:55

……という、日付変わった12日0時過ぎに帰宅したツイートなのだ。

追記:気象庁のデータによれば、3年前の東京も寒い一日だった。

《日本のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
鯰話§東日本大震災〜2011年3月11日〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる