ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 軌話§京王線あれこれ[41]最後の定期券

<<   作成日時 : 2015/05/27 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

自宅最寄り駅から神保町までの定期券を継続購入した。今回が最後の
通勤定期券の購入ということである。37年余の長きにわたって使い続
けた定期券とも12月初旬でもってお別れである。

↓もはや夢幻に近づきつつあって
画像

予備校通いをするために上京して、大学4年間と合わせるなら、42年
もの間定期券を使い続けたということになるのだ。

最初期の定期券は窓口で買っていた。駅員が大きな日付スタンプを押
してというもので、それを改札口で提示するのを駅員が目視で確認す
るという原始的なものだった。その後に出てきたのが磁気カードで、
改札口にカードを差し込んでというのが、面倒なひと手間という記憶
である。

そして現在のタッチ式パスモを使うようになったのは10年くらい前の
ことだっただろうか。というわけで、定期券の形態を一通り経験した
ようで、それはまた技術が発展する歴史の一端だったと言うことがで
きるだろう。

そころで、9月半ばに定年退職するというのに、半年分の定期券が購
入できるというのは何とも太っ腹な会社だと思う。会社を辞めてから
もなお、3か月近く使うことができるのだから……だからといって、
頻繁に出かけるかといえば、そんなことはできるはずもなく、外出は
そもそもお金がかかると相場が決まっているのだ。
                            [続く]

《京王線のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
軌話§京王線あれこれ[41]最後の定期券 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる