ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 街話§神保巷塵[34]週に一日だけれども

<<   作成日時 : 2016/06/29 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

週に2日の非常勤仕事が、間もなく3か月を迎えようとしている。

そのうち火曜日を“外呑みの日”と勝手に決めて神保町に途中下車、
2時間足らずとはいえ、古巣の町でのお楽しみなのだ。とはいっても
6月までに神保町と小川町、かつての行き付けに何軒入ったのかとい
えば7軒。そのうち白山通り餃子の三幸園とランチョンに2回ずつ呑
みに行った。

要は、神保町の空気を吸って雰囲気を自分の中に“充”させればそれ
でよく、これが週に3日も4日も足繁く出張ってしまったら、定年退
職した意味はなかろう。週に一度……それがいいのである。

そういえば神保町界隈を歩くと、自分よりはるか前に定年退職をした
大先輩の御仁が、書店の袋を手に徘徊、もとい逍遥している姿を見か
けるのだ。

神保町勤めをした少なからぬ人間が、退職して年を経た後もこうして
歩き慣れた町内の空気を吸って歩く様子は、何度も繰り返すが霞が関
や日比谷、大手町で働いた人とは明らかに趣が異なっているだろう。

仕事をしていた37年半、当然のように神保町に居続けた訳だけれど、
こうして神保町空間に舞い戻ってくることで、自分の居場所を確認し
ている節はある。
                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
街話§神保巷塵[34]週に一日だけれども ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる