ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー297号発売中!

<<   作成日時 : 2016/10/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー297号は10月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入に。レニー・ゼルウィガーが表紙。

画像

【内容の一部】

表紙&スペシャルインタビュー レニー・ゼルウィガー

リレーインタビュー 藤井隆(タレント)

特集 日本の市民―29の原発を止めた人とまち

1950年〜60年代、核の平和利用の掛け声とともに各地で原発計画が進められていった。しかし同時に、29ヵ所のまち(※)で市民がその原発計画を止めてきた。

2011年の福島原発の事故以降、15年夏まで原発は全停止した。また、東海、浜岡、福島第一などで、計14基が廃炉となった。

しかし、15年の川内原発に続き、16年8月には伊方原発が再稼働した。この5年間、真夏のピーク時の電力消費にも支障はなかったのに、福島第一原発事故の教訓も学べず、日本はどこへ進もうとしているのだろうか。

そこで、50年近くに及ぶ原子力発電と市民運動の歴史を原子力資料情報室・共同代表の西尾漠さんと伴英幸さんに振り返ってもらった。

また、実際に原発を止めた3つのまちの、笹口孝明さん(巻原発)、大石琢照さん(芦浜原発)、濱一己さん(日高原発)に、それぞれに原発を止めるに至ったプロセスを聞いた。

それは今、日本の民主主義の原点となる市民の実践でもあった。

※29は住民・市民の抵抗運動の記録などで確認できた数。


↓特集の内容の一部
画像

[WORLD STREET NEWS 世界短信]
北米、復活した先住民族の祭典とカヌーの旅

滝田明日香のケニア便り ワシントン条約締約国会議で
        ナミビアとジンバブエも在庫象牙の販売、不成功に

ワンダフルライフ 「昆虫食」のわくわくする楽しさを伝えたい
                 ――「地球少年」篠原祐太さん

今月の人 『ビッグイシュー・ノース』販売者 コリン

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
                IMFさん、どうしてほしいの?

被災地から
   福島県民健康調査、突然、降ってわいた「縮小・見直し議論」

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ 辺野古の不当判決

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理
     ピアノ発表会が憂うつです――鶏ごぼうきんぴら&ごはん
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー297号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる