ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー305号発売中!

<<   作成日時 : 2017/02/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー305号は2月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入に。エマ・ストーンが表紙。

画像

【内容の一部】

表紙&スペシャルインタビュー エマ・ストーン

リレーインタビュー 篠原ともえ(タレント)

特集 出(しゅつ)ひきこもり――“対話”へ

ひきこもりは"若者の問題"だったが、今や、問題の長期化によって、40歳以上の当事者が6割を占めるようになったといわれる。そんな中、高齢化した家族との心中、餓死、暴力的な「支援」団体の発生など、深刻な事態が生まれつつある。

その一方で、これまでになかった“対話”がきっかけとなり、ひきこもりを抜け出し自身の経験を語り始めた当事者たちが、自ら社会を変えていこうと動き始めている。

「当事者・経験者でつくる『ひきこもり新聞』創刊」について木村ナオヒロさんに聞いた。また「対話を通じて仲間と未来をつくる『フューチャーセッション庵』」のスタッフのみなさん「長期高齢化するひきこもり」の経験者、NPO法人「楽の会リーラ」の大橋史信さんに取材。さらに、精神科医の斎藤環さんに「問題解決のカギを握る『対話の力』」について聞いた。

「出ひきこもり」と“対話”の役割について考えたい。


↓特集の内容の一部
画像

監督インタビュー
        『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』
                  ジャンフランコ・ロージ監督

[WORLD STREET NEWS 世界短信]
ミャンマー、胎動するアートカルチャー

ワンダフルライフ
       それぞれの得意を出し合い、物々交換&サービス交換
                       ――澤井まりさん

今月の人
    シドニー『ビッグイシュー オーストラリア』販売者 フェイ

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
            トラパンの円安批判に窮するアホノミクス

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

被災地から
    「残されし大地」全国上映へ。避難指示区域の富岡町が舞台

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
      3分の1と40分の1。人類と文明の進化の簡単な法則?

枝元なほみの悩みに効く料理
            カロリーが気になって食事を楽しめません
                   ――春の野菜の盛り合わせ
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー305号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる