ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 光話§可能なら浴室には窓が

<<   作成日時 : 2017/05/08 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


今は、3軒目の団地マンションに落ち着いたが、最初と次の2軒には
浴室に窓が付いていなかった。2軒とも左右を隣家に挟まれていては
風呂に窓を望むことはできなかったのだ。

今の南西角部屋に入居して、窓のある浴室になった時は素直にうれし
かった。最初は斜め上に上がるだけだったのが、12年前にリフォーム
して“ジャロジー窓”になったことで視界が広がった。

辛うじてでしか見えなかった富士山だが、ジャロジーになったことで
よく見えるようになったのである。もちろん終の栖のつもりで住んで
いるけれど、仮にも売ることになったら「窓から富士山が見えます」
というのを誘い文句にできるのではないだろうか。

日没が18時半頃になった今、天気のいい日には18時過ぎに入浴する。
西陽がたっぷり浴室に射し込んで、電気照明など不要なのがありがた
くて気持ちがいい。

そんな陽射しの中の入浴も、せいぜい4月下旬から8月半ば過ぎまで
4か月くらいというのが残念……いや、18時過ぎに入ろうと思うから
世間は暗いわけで、入ろうと思えば15時頃にだって入れるのが風呂だ
から、一年中照明要らずの入浴は言うまでもなくできるのだけれどw

浴室に窓があってほしいと思うのは、採光もあるけれど換気が容易に
できるからというのが大きな理由である。

《日常のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
光話§可能なら浴室には窓が ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる