ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 蘭話§旅はなお[26]ミュンヘンフィル

<<   作成日時 : 2017/08/04 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

ミュンヘンに滞在する3日の間に、オーケストラ・コンサート1回、
オペラに1回行くことになっていて、ミュンヘンに着いた当日は、ホ
テルから歩いていけるガスタイクのホールでミュンヘンフィルの演奏
会に行ってきた。プログラムは以下のとおり。

ベートーヴェンの序曲に始まり、協奏曲、交響曲と続く……かつての
王道とも言えるプログラム構成である。

画像

通常であれば20時開演なのだが、珍しくも19時開演とはありがたい。
モーツァルトの協奏曲となっているが、当初はシューマンの協奏曲だ
った。プログラムの流れとしてはシューマンのほうがよかったのに。

指揮のウルバンスキもピアノのアンデルジェフスキも聴くのは初めて
であるが、結論は、残念ながら好みの演奏ではなかったということ。
今回聴いた2回のオケコンはコンセルトヘボウもガスタイクもハズレ
である。

特にブラームスの第二交響曲は遅めのテンポに驚かされたが、それ以
上に音楽が前へ前へと進んでくれず、実にもどかしい思いを抱き続け
ることになった。

唯一、シューマンから変更になったモーツァルト25番の協奏曲は、タ
イトなオーケストラに硬質なアンデルジェフスキのピアノがはまって
いた。ピアニストも気をよくしたのか、アンコールを一曲……曲名は
わからず。

ガスタイクのアコースティックだが、今回聴いた席はこれまでで一番
まともに聴こえてきたけれど、音がステージ上に留まってしまい、広
がりを感じることはなかった。

コンサート終了後、そそくさとガスタイクを後にしてホテルに戻り、
湯を沸かして日本食を肴にビールを呑んだのである。
                            [続く]

《クラシックのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
蘭話§旅はなお[26]ミュンヘンフィル ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる