ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー316号発売中!

<<   作成日時 : 2017/08/01 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー316号は8月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。ボブという名の猫が表紙。

画像

【内容の一部】

スペシャル企画 『ボブという名の猫――幸せのハイタッチ』

リレーインタビュー 山田英治(映画監督)

特集 ここに“平和”

一人ひとり、私たちはさまざまな違いを生きている。言葉、慣習、人種、 国……。時にそれは偏見や差別となって社会を分断し、紛争や戦争にもつながりかねない。

“平和”の源は、日常の中で共有できる生きる喜びや楽しさの中にあるのではないか。

「KitchHike(キッチハイク)」は“誰かの家でごはんを食べさせてもらう”ためのSNSサービス。ある人は「COOK」として料理を振る舞い「HIKER」は「COOK」を訪ねてその料理を味わう。食事の場が小さな平和の素となる。

ファッションブランド「tenbo」の鶴田能史さんは「1945」「ハンセン病」などをテーマにショーを開催。「みんなが分け隔てなく楽しめるファッションで平和な世界」を目指す。

世界9か国で活躍するNGO「国境なきミュージシャン」は、音楽を通して紛争地の中での和解を、人々のトラウマからの回復を応援する。合言葉は“戦争は分断し、音楽はつなぐ”だ。

ともに食べ、おしゃれや、音を楽しむ“平和”の試みを紹介したい。


↓特集の内容の一部↓
画像

[WORLD STREET NEWS 世界短信]
授業で取り残される気分、どんな感じ?
ドイツ、障害者の講師がワークショップ


滝田明日香のケニア便り ●キリンの話・前編●
時折聞こえる鳥の鳴き声、
        私たちとキリンだけが無音の世界でたたずんでいた

ビッグイシューアイ
  当事者じゃないと思ってる人も、当事者にしていく運動にしたい
            エキタス「最低賃金1500円」がスローガン

ワンダフルライフ 「一人じゃない」生きてる心地する銭湯
                           吉田玲奈

今月の人 米国『リアル・チェンジ』販売者ヴァレリー・ウィリアムズ

浜矩子の新ストリート・エコノミクス 労働を巡る怪現象 その2

監督インタビュー 『海辺の生と死』

原発ウォッチ! 東海再処理工場、廃止までにかかる70年と1兆円

枝元なほみの悩みに効く料理 ピンク色の鍵盤ハーモニカ
                 ☆豆腐入りのチーズクリーム☆
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー316号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる