ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー323号発売中!

<<   作成日時 : 2017/11/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー323号は11月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。リンゴ・スターが表紙。

画像

表紙&スペシャルインタビュー リンゴ・スター

リレーインタビュー 西川右近(日本舞踊家)

特集 “うつ”を抜く

今、うつ病の人は20人に1人。6〜7人に1人が一生に一度、うつ病にかかるとも言われる。96年に43万人だった「うつ病などの気分障害」の患者数は2008年には104万人と、12年間で2.4倍になった(厚労省調査)。世界でも、2015年に3億2200万人(全人口の約4%)、2005年から10年間で約18%増えている(世界保健機構)。

漫画家の田中圭一さん(京都精華大学マンガ学部専任准教授)はコミック『うつヌケ』で、自分を含め「“うつ”トンネルからぬけたミュージシャンや会社員など、17人それぞれの葛藤と回復の体験」をユーモアを交えて描く。

自身もうつ病を体験した精神科医の蟻塚亮二さん(メンタルクリニックなごみ院長)は「うつ病の回復の基本は休息と対処技術」と語り“低空飛行、物事の相対化、ともかく主義、トンズラ”などをすすめる。

お二人の“うつ”を抜く生き方を通して、休息の極意をつかみたい。


[国際記事]
中国、若い世代に広がる“喪”文化
               皮肉に満ちた敗北主義を楽しむ


ワンダフルライフ
      『動く家』で暮らす。1年余で日本一周、2万3000キロ
                        國井弦・美乃里

被災地から 福島県川俣町山木屋地区、避難指定解除からの半年

浜矩子の新ストリート・エコノミクス 「企」は何の「企」?

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理 自分に主体性がないと感じます
                     ☆大根の芯の肉まき☆
宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
                  日本の科学に未来はあるか?

今月の人 米国『ストリート・センス』販売者ロン・ダドリー
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグイシュー基金      
告話§ビッグイシュー323号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる