アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歌舞伎」のブログ記事

みんなの「歌舞伎」ブログ

タイトル 日 時
御話§四月大歌舞伎夜の部〜吉右衛門〜
御話§四月大歌舞伎夜の部〜吉右衛門〜 四月大歌舞伎夜の部を観てきた……16時30分開演、20時30分終演と、 ちょうど4時間の見ごたえある舞台。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/11 00:00
週話§日曜片々〜四月大歌舞伎夜の部〜
週話§日曜片々〜四月大歌舞伎夜の部〜 今日の午後は、ゆっくりと出ていって歌舞伎座夜の部へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/09 00:00
週話§日曜片々〜今月の予定あれこれ〜
週話§日曜片々〜今月の予定あれこれ〜 4月になり、活動しやすくなるのでお出かけも多めである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/02 00:00
錨話§三月大歌舞伎昼の部〜仁左衛門〜
錨話§三月大歌舞伎昼の部〜仁左衛門〜 今月の歌舞伎座は、仁左衛門の碇知盛が観たくて昼の部のチケットを 買っていたのだ。昼の部はその他に『明君行状記』と『神楽諷雲井曲 毬〜どんつく〜』の三本立て。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/22 00:01
週話§土曜片々〜週末が存在していた頃〜
週話§土曜片々〜週末が存在していた頃〜 ところで今日は、三月大歌舞伎昼の部を観る。片岡仁左衛門の碇知盛 目当てなのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/18 00:00
週話§土曜片々〜3月のお出かけ予定〜
週話§土曜片々〜3月のお出かけ予定〜 今月、都心に出かける回数は10回くらいになることが確定している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 00:00
坐話§正座・・・・・・もうできない
うーん……特に膝に爆弾などを抱えているわけではないのだけれど、 このところ正座をするのが億劫であるし、わざわざ座布団の上にきち んと正座をしたことがない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/02 00:00
暇話§平日の演奏会や歌舞伎
暇話§平日の演奏会や歌舞伎 NHK交響楽団(N響)がミューザ川崎でコンサートをするというので 5月のチケットをインターネット予約した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/16 00:00
継話§猿若祭二月大歌舞伎〜二人桃太郎〜
継話§猿若祭二月大歌舞伎〜二人桃太郎〜 あれこれの理屈を並べるのは野暮なので、楽しい舞台だったと一言。 だけど、彼らが父親の年齢になる時の我々は九十代だと気がついて、 そこまでがんばって観ることができるだろうかとは無理もないこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/09 00:00
遊話§一日一句〜兄弟で桃太郎〜
季語は・・・春芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/07 00:02
継話§猿若祭二月大歌舞伎夜の部
継話§猿若祭二月大歌舞伎夜の部 今年は京から江戸に歌舞伎が下ってきて三百九十年なのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/07 00:00
週話§土曜片々〜2月の予定など〜
あまり出かける予定のない2月が始まった……お金を払って出かける のは、歌舞伎座の猿若祭二月大歌舞伎くらいのものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/04 00:00
板話§壽初春大歌舞伎昼の部〜沼津〜
板話§壽初春大歌舞伎昼の部〜沼津〜 吉右衛門と歌六の『沼津』が観たかった正月の歌舞伎座公演である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/25 00:01
板話§今日は壽初春大歌舞伎昼の部へ
板話§今日は壽初春大歌舞伎昼の部へ 吉右衛門の『沼津』を観ておかなくてはということで、正月の歌舞伎 座は昼の部一本。とはいえ今月は、浅草と新橋にも出かけているので マメな観劇行動である……さすがに国立劇場までは足が向かないが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/23 00:00
板話§壽新春大歌舞伎〜右團次襲名披露〜
板話§壽新春大歌舞伎〜右團次襲名披露〜 先週の木曜日、新橋演舞場で行われている市川右近改め三代目市川右 團次の襲名披露興行に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/23 00:00
築話§今日は新橋演舞場夜の部
築話§今日は新橋演舞場夜の部 澤瀉屋の市川右近が三代目右團次を、右近の名跡を息子が襲名すると のことで、久々の演舞場見物である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/19 00:00
石話§浅草歌舞伎〜巳之助の又平〜
石話§浅草歌舞伎〜巳之助の又平〜 あまり体調はよくなかったけれど、浅草歌舞伎を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/18 00:01
週話§日曜片々〜浅草歌舞伎へ〜
週話§日曜片々〜浅草歌舞伎へ〜 今日は朝から若手が演じる浅草歌舞伎を観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/15 00:00
週話§日曜片々〜一月の予定〜
意外と忙しい新年一月で、昨日のラグビーに加えて来週は両国国技館 で大相撲初場所観戦である。年三場所行われる国技館での大相撲だが 一場所のうち必ず一日は観ようと心掛けていて、今場所もチケットを 確保することができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/08 00:00
走話§十二月大歌舞伎第二部〜勘九郎〜
走話§十二月大歌舞伎第二部〜勘九郎〜 12月の歌舞伎座は三部制公演だった。客入りを考えての興行なのだろ う。観に行ったのは先週火曜日の第二部。平日ということもあって、 3階席の入りは半分を超えたくらいか……師走ゆえ無理もないが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/22 00:01
詩話§一日一句〜十八世勘三郎逝去4年〜
季語は・・・冬の日 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/05 00:02
板話§芸術祭十月大歌舞伎〜芝翫襲名〜
板話§芸術祭十月大歌舞伎〜芝翫襲名〜 さて、橋之助改め八代目中村芝翫襲名公演夜の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/21 00:00
週話§日曜些事〜橋之助の芝翫襲名〜
週話§日曜些事〜橋之助の芝翫襲名〜 七代目中村芝翫が亡くなったのは2011年10月のことで、逝去から6年 経った同じ10月に七代目の次男橋之助が八代目芝翫を襲名する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/16 00:00
闘話§大相撲九月場所十一日目〜国技館〜
闘話§大相撲九月場所十一日目〜国技館〜 一昨日千秋楽だった両国国技館の大相撲九月場所に行ったのは、一週 間前の十一日目のことだった。簡単にまとめておく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/27 00:00
桜話§秀山祭九月大歌舞伎〜吉野川〜
桜話§秀山祭九月大歌舞伎〜吉野川〜 さて秋芝居は恒例の秀山祭で、今回は夜の部だけを観ることにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/19 00:00
詩話§一日一句〜夜の部は妹背山〜
季語は・・・秋芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/14 00:02
播話§秀山祭九月大歌舞伎夜の部
播話§秀山祭九月大歌舞伎夜の部 今日は秀山祭夜の部を観てくる。出し物は『妹背山婦女庭訓』“吉野 川”に始まり『らくだ』と『元禄花見踊』の三本立て。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/14 00:00
詩話§一日一句〜納涼歌舞伎は気楽にて〜
季語は・・・夏芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/10 00:02
舎話§今日は八月納涼歌舞伎第二部
舎話§今日は八月納涼歌舞伎第二部 ……という旅立ちを翌日に控えて、呑気に納涼歌舞伎を観に行ったり するもいとをかし。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/10 00:01
週話§土曜些事〜七月歌舞伎はお休み〜
今年の歌舞伎見物は新春浅草歌舞伎に始まり、コクーン歌舞伎の『四 谷怪談』を入れて9回である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/23 00:00
顧話§今日の歴史〜曾我の五郎と十郎〜
1193年6月28日、曾我兄弟の仇討ち。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/28 00:00
若話§六月大歌舞伎第三部〜狐忠信〜
若話§六月大歌舞伎第三部〜狐忠信〜 というわけで先週水曜日に18時15分開演の第三部『狐忠信』を観てき た。恒例のこととして感想をまとめておく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/27 00:01
繭話§四谷怪談〜コクーン歌舞伎〜
繭話§四谷怪談〜コクーン歌舞伎〜 シアターコクーンで『四谷怪談』は2回目。前回は10年前で、北番と 南番という2バージョンを観ている。演出は今回も串田和美である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/22 00:00
若話§六月大歌舞伎第一部〜碇知盛〜
若話§六月大歌舞伎第一部〜碇知盛〜 歌舞伎座のお客が減るのは“にっぱち”だけではないということだろ う。松竹もそのあたりのリサーチはできているようで、今月は三部制 で『義経千本桜』通し上演を出してきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/20 00:01
爛話§六月大歌舞伎第一部へ〜碇知盛〜
爛話§六月大歌舞伎第一部へ〜碇知盛〜 当月の歌舞伎座は、納涼と同様に三部制で『義経千本桜』を通し上演 するが、そのうち二部は見送って、若手が主役を務める一部と三部を 観る。今日はまず一部『碇知盛』である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/16 00:01
望話§劇場の見切れ席の件
“見切れ”とは、劇場において本来は客席から見えてはいけないあれ やこれやが見えてしまうことを意味するのだが、最近は客席から舞台 全体が見渡せないところを見切れ席と呼ぶようになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/09 00:00
呟話§一言つぶやき〜先斗町歌舞練場〜
今年の“吉例顔見世興行”は先斗町の歌舞練場で行われるという…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/08 00:00
悼話§蜷川幸雄さん(演出家・役者)
役者としての蜷川幸雄をテレビドラマで何回か見かけたことがある。 1960年代後半で、ちょっと癖のあるキャラクターだったこともあって 記憶に残っているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/19 00:01
幼話§團菊祭五月大歌舞伎〜寺嶋和史〜
幼話§團菊祭五月大歌舞伎〜寺嶋和史〜 今年の団菊祭夜の部のお客さんのほとんどが、当月歌舞伎座で初お目 見得となる菊之助長男寺嶋和史が“出演”する『勢獅子音羽花籠』が めあてだと言っても言い過ぎではなかろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/12 00:01
詩話§一日一句〜團菊祭五月大歌舞伎〜
季語は・・・夏芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/08 00:01
週話§日曜些事〜團菊祭五月大歌舞伎〜
週話§日曜些事〜團菊祭五月大歌舞伎〜 お目当ては、夜の部一本目の『勢獅子音羽花籠』だが、菊之助長男で 2歳5か月の寺嶋和史が初お目見得という御祝儀舞台である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/08 00:00
芸話§パフォーマンスの座席位置の件
演奏会や歌舞伎観劇する時の座席位置について考えてみた。個人的に クラシックのコンサートの時は、前方よりも後方、それで中央付近で あれば申し分ない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/27 00:01
詩話§一日一句〜雀右衛門襲名興行に〜
季語は・・・花 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/29 00:02
育話§三月大歌舞伎〜中村雀右衛門襲名〜
育話§三月大歌舞伎〜中村雀右衛門襲名〜 四代目中村雀右衛門の次男で女形の芝雀が、父の名跡を五代目として 襲名した。今月の歌舞伎座は襲名披露公演である。先週の火曜日に昼 の部を、木曜日に夜の部を観てきたので、簡単にまとめておきたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/29 00:00
偲話§坂東三津五郎一周忌
今週日曜、21日は三津五郎の一周忌だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/24 00:00
申話§二月大歌舞伎〜新書太閤記〜
申話§二月大歌舞伎〜新書太閤記〜 というわけで火曜日に二月大歌舞伎昼の部を観てきた。吉川英治原作 『新書太閤記』の通しである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/22 00:01
詩話§一日一句〜今日は新書太閤記だ〜
季語は・・・春芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/16 00:02
猿話§平日の歌舞伎座昼の部へ
猿話§平日の歌舞伎座昼の部へ ラッシュアワー最後の、ちょいと混雑した電車に乗って歌舞伎座へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/16 00:00
雅話§百人一首考[97]〜こぬひとを〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/15 00:00
紫話§中村芝雀改め五代目中村雀右衛門
紫話§中村芝雀改め五代目中村雀右衛門 三月大歌舞伎で、京屋中村芝雀が五代目雀右衛門を襲名する。今日は その3月歌舞伎座チケットの発売日である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/09 00:01
板話§新春浅草歌舞伎〜毛抜と千本桜〜
若手歌舞伎役者修業の場である浅草歌舞伎に今年も行ってきた。時間 に融通がきくのをいいことに、千穐楽に行ったのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/28 00:01
板話§壽初春大歌舞伎昼の部千穐楽近く
今年初めての歌舞伎座は先週金曜日の昼の部だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/27 00:01
詩話§一日一句〜毛抜&義経千本桜〜
季語は・・・初芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/26 00:02
板話§十二月大歌舞伎夜の部〜妹背山〜
十一月顔見世はお休みしたので、2か月ぶりの歌舞伎座は夜の部一本 勝負となって『妹背山婦女庭訓』の通しである。定年退職このかた、 平日の歌舞伎座通いはチケットが取りやすいというメリットがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/18 00:00
詩話§一日一句〜忠臣蔵吉良邸へ〜
季語は・・・討入り ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/14 00:02
週話§土曜草々〜十八世中村勘三郎〜
今年も12月5日が巡ってきた……十八世中村勘三郎の逝去から3年。 そしてモーツァルト224回目の命日でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/05 00:00
秋話§芸術祭十月大歌舞伎夜の部・・・
十月大歌舞伎夜の部を観てきた。『阿古屋』と『髪結新三』の2本。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/27 00:00
藝話§十月大歌舞伎夜の部へ〜阿古屋〜
今日は十月大歌舞伎夜の部に行ってくる。出し物は、すっきり2本。 玉三郎の『阿古屋』と、二世尾上松緑追善狂言『髪結新三』で、新三 を務めるのは四代目。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/21 00:01
紀話§十月大歌舞伎昼の部〜二世松緑追善〜
芸術祭十月大歌舞伎は二世尾上松緑二十七回忌追善ということで、彼 が得意とした演目が昼夜かかるというもの。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/13 00:00
詩話§一日一句〜人間国宝出演時間一分〜
季語は・・・秋芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/11 00:01
童話§九月大歌舞伎〜秀山祭〜夜の部
今年の秀山祭夜の部は『伽羅先代萩』の通し上演である。通し狂言は 欠かさないと決めているので当然ながらのお出かけ。定年後を見据え たわけではないが、先週水曜日の午後半休で歌舞伎座に。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/15 00:00
雅話§百人一首考[56]〜あらざらむ〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/14 00:01
詩話§一日一句〜夜の部は伽羅先代萩〜
季語は・・・秋芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/09 00:02
楽話§八月納涼歌舞伎第一部〜棒しばり〜
平日9時前に家を出た。乗った電車はまだまだ通勤客でいっぱい…… まだまだ何がなし罪悪感を抱いた自分がいたりするのはしかたなく、 そんな中にも解放感も少しあって、11時開演の歌舞伎座へ向かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/21 00:01
詩話§一日一句〜三津五郎に捧ぐ〜
季語は・・・夏芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/19 00:02
歳話§初めての定年[8]いつでも行ける
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/19 00:01
詩話§一日一句〜与話情浮名横櫛〜
季語は・・・洗ひ髪 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/14 00:02
楽話§八月納涼歌舞伎第三部
開幕して3日目の納涼歌舞伎第三部に行ってきた。2本立ての演目は “十世坂東三津五郎に捧ぐ”と銘打たれた『芋堀長者』と『祇園恋づ くし』である。ちなみに松竹創業120周年。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/11 00:01
顧話§今日の歴史〜天一坊改行が処刑〜
1729年5月18日は日本において享保14年4月21日である。この日…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/18 00:01
週話§土曜草々〜歌舞伎はしばらく〜
ゴールデンウィーク最終日に五月大歌舞伎を観たところで6月、7月 の歌舞伎見物はお休みである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/16 00:00
操話§五月文楽公演〜二代目吉田玉男〜
というわけで国立劇場の小劇場で行われている五月文楽公演にして、 吉田玉女改め二代目吉田玉男襲名披露公演2日目に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/14 00:01
風話§五月大歌舞伎〜團菊祭〜[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/13 00:00
風話§五月大歌舞伎〜團菊祭〜[上]
八連休最終日も穏やかに晴れた。毎度ながら昼の部のために、9時前 には我が家を出て、電車を乗り継ぎ歌舞伎座へ。途中、お昼ごはんを 買うことも忘れてはならない。最近のお気には松屋地下のおにぎり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/12 00:00
週話§日曜草々〜文楽 吉田玉男襲名〜
初代玉男が逝去したのは2006年9月のことで、10年近い空白があって 二代目の名跡を門下の玉女が継ぐという、今日はその襲名披露公演に 行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/10 00:00
関話§平成中村座 陽春大歌舞伎昼の部
浅草まで平成中村座を観に行って、既に一週間以上が経過した。どれ ほど覚えているものか、手早く感想をまとめておきたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/08 00:00
GW話§黄金週間草枕〜2015.05.06〜團菊
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/07 00:00
GW話§黄金週間草枕〜2015.05.04〜在宅
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/05 00:00
詩話§一日一句〜角力場、勧進帳、宗五郎〜
季語は・・・春芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/01 00:02
GW話§黄金週間草枕〜2015.04.30〜富樫
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/01 00:00
週話§祝日草々〜黄金週間スタート〜
ゴールデンウィークが始まった。前にも書いたとおりで、4月30日を 有給休暇にすれば、5月1日は社休日なので合わせて8連休となる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/29 00:00
雅話§百人一首考[24]〜このたびは〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/20 00:00
駒話§四月大歌舞伎夜の部〜鴈治郎襲名〜
今月の歌舞伎座は“両花”だった。下手側にある通常の花道に加え、 上手に仮花道を付けての公演だから、観る客の側にしたら、なかなか 悩ましい舞台の設営ではあったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/14 00:00
詩話§一日一句〜鴈治郎襲名披露興行〜
季語は・・・行く春 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/11 00:01
週話§土曜草々〜四月大歌舞伎夜の部〜
上方の成駒屋の名跡である鴈治郎を中村翫雀が襲名する四月大歌舞伎 夜の部に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/11 00:00
悼話§中村小山三さん(歌舞伎・中村屋!)
中村屋の最長老にして歌舞伎界のまさに生き字引である中村小山三が 桜散る4月6日に逝去した。享年九十四 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/08 00:01
卯話§スーパー喜劇『かぐや姫』
というわけで、年に一度の直美ちゃん観劇に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/31 00:00
週話§日曜草々〜藤山直美のかぐや姫〜
2週続きで『菅原伝授手習鑑』を観た、その舞台の印象が抜け切らな いというのに、今日は新橋演舞場で『かぐや姫』を観るのだ。主役の かぐや姫はもちろん直美ちゃんだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/29 00:00
週話§土曜草々〜えっ! 3月終わり?〜
3月の土日は、スケジュールが詰まりまくっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/28 00:00
待話§中村芝雀が五代目雀右衛門を襲名
三月大歌舞伎昼の部の菅原伝授『道明寺』で、立田の前を務めていた 中村芝雀が、父の名跡であった雀右衛門を、来年3月に五代目として 襲名することが決まった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/25 00:01
梅話§三月大歌舞伎〜染五郎の松王丸〜
前週に引き続いての夜の部である。演目は三つ『車引』と『賀の祝』 それに『寺子屋』だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/24 00:00
週話§土曜草々〜夜の部も菅原通し〜
今日は歌舞伎座夜の部で『菅原伝授手習鑑』通しの後半『車引』『賀 の祝』『寺子屋』を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/21 00:00
梅話§三月大歌舞伎〜仁左衛門の菅丞相〜
日曜日に昼の部を観た。どうしても観ておきたかった通し狂言だった が、このスケジュールでしか歌舞伎座に行けず、昼の部の席は3階の 最後列。新しくなった3階席からも、花道の七三が見下ろせるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/17 00:00
週話§日曜草々〜三月大歌舞伎は菅原〜
梅の時季に合わせてか、三月の歌舞伎座は『菅原伝授手習鑑』の通し が出るので、当然のことながら昼夜と歌舞伎座通いをするのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/15 00:00
詩話§一日一句〜俳人・坂東三津五郎〜
季語は・・・獺祭 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/10 00:02
亡話§死を想う〜メメント・モリ〜
ふと、死を意識したのはいつのことだっただろう……記憶をたどって みた。保育園の年少の時だったから5歳くらいだったと思うのだが、 祖母の実家である和菓子屋の当主(大伯父)の臨終に立ち会わされた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/27 00:01
悼話§坂東三津五郎さん(歌舞伎役者)
大和屋・坂東三津五郎を最後に観たのは去年8月の歌舞伎座で、納涼 歌舞伎の第二部『たぬき』と、第三部『勢獅子』の舞台だった。もち ろんその時には、こんなに早く死を迎えるなど思ってもいなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/24 00:00
外話§壽初春大歌舞伎夜の部〜残りは〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/14 00:00
正話§壽初春大歌舞伎夜の部〜黒塚〜
昭和の頃の10日だったら松の内と呼ばれていたのが、正月飾りのある 歌舞伎座にしても、すっかり正月が明けたような雰囲気が感じられる のだ。そこに猿之助が目覚ましい舞台を見せてくれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/13 00:00
週話§土曜草々〜初日は歌舞伎座夜の部〜
正月気分もすっかり抜け落ちたところで三連休がやってきた。今日は 歌舞伎座で壽初春大歌舞伎夜の部を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/10 00:00
未話§新春浅草歌舞伎〜一條大蔵譚〜
三が日が明けて4日になっても、浅草界隈は大賑わいである。そんな 中、浅草公会堂の新春浅草歌舞伎第1部を観てきた。今年から世代交 代ということで、出演するメンバーが大幅に若返った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/07 00:00
休話§年末年始草々[2015年1月4日(日)]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/05 00:00
詩話§一日一句〜新春浅草歌舞伎〜
季語は・・・初芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/04 00:01
悼話§中村勘三郎三回忌〜12月5日〜
今年も12月5日が巡ってきた……十八世中村勘三郎の三回忌である。 そしてモーツァルト223回目の命日でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/05 00:01
諧話§一日一句〜釣瓶鮓屋も秋模様〜
季語は・・・木の実 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/25 00:01
若話§十月大歌舞伎夜の部〜勘九郎!〜
十月大歌舞伎は、十七世勘三郎二十七回忌、十八世勘三郎三回忌追善 ということで、故人ゆかりの演目が昼夜と並んだ。観たかった演目は 夜の部に集中していたので、今月の歌舞伎座通いは一回だけである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/20 00:00
諧話§一日一句〜中村勘九郎の源蔵〜
季語は・・・秋芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/18 00:02
週話§土曜日乗〜十月大歌舞伎夜の部〜
今年の歌舞伎納めとなってしまった。11月と12月の歌舞伎座はパス。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/18 00:00
週話§日曜日乗〜バタバタバタ〜
休日なのに、やるべき大きなことが2件ある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/05 00:00
板話§秀山祭九月大歌舞伎〜法界坊〜
三連休最終日の昼の部は二本立て、11時開演して最初の演目は『鬼一 法眼三略巻』から“菊畑”が、そして『隅田川続俤』は、吉右衛門の 法界坊である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/17 00:01
週話§祝日日乗〜秀山祭九月大歌舞伎〜
初代吉右衛門生誕120年を記念して、二代目吉右衛門が催しを始め た秀山祭は2006年に始まったので、まだ歴史は10年に満たない。初代 が死んだ2週間後に生まれた身としては、なかなか遠い存在である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/15 00:00
板話§八月納涼歌舞伎第三部〜乳房榎〜
雲行きが怪しく時折雨が降る土曜日の午後、歌舞伎座で納涼歌舞伎の 第三部を観てきた。終演が21時半近かったので我が家からは車での往 復となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/19 00:00
週話§土曜日乗〜納涼歌舞伎第三部〜
納涼歌舞伎と銘打ってはいるが、はや立秋も過ぎて、既に残暑という 中を歌舞伎座へと足を運ぶ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/16 00:00
券話§各種チケット購入システムの変遷
東京暮らしも40年を越えた。クラシックだけでなく、歌舞伎だったり 相撲だったりラグビーだったりと、各種取り混ぜたパフォーマンスに 出かけた回数は1000回を超えているはずである。通ったものだなあ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/14 00:00
板話§八月納涼歌舞伎第二部〜たぬき〜
台風11号をうまいことかいくぐって歌舞伎座へ。我が家直近の停留所 からバスに乗りさえすれば、歌舞伎座までは濡れずに入場することが できる……何ともありがたいことではありませんか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/13 00:00
諧話§一日一句〜勘三郎まもなく三回忌〜
季語は・・・夏芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/10 00:01
週話§日曜日乗〜納涼歌舞伎第二部〜
午後から八月納涼歌舞伎第二部を観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/10 00:00
板話§三人吉三〜コクーン歌舞伎〜
張り詰めた3時間の舞台……“伝統の中の革新”を見せてもらった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/18 00:00
板話§六月大歌舞伎夜の部〜名月八幡祭〜
本当は昼の部、仁左衛門が故障から復活出演した『お祭り』も観たか ったが、どうにもスケジュールが合わずに断念。15分ほどの踊りなの で幕見も考えたが諦めてしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/17 00:00
諧話§一日一句〜コクーン歌舞伎〜
季語は・・・夏芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/15 00:02
週話§日曜日乗〜三人吉三@コクーン〜
勘三郎が残した二人の息子、勘九郎と七之助がそれぞれ和尚とお嬢を 務め、そこに若手の尾上松也がお坊で絡む、コクーン歌舞伎第14弾の 『三人吉三』を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/15 00:00
週話§土曜日乗〜六月歌舞伎夜の部〜
今日と明日、歌舞伎のダブルヘッダーである。今日は歌舞伎座で夜の 部を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/14 00:00
悼話§竹本清太夫さん(歌舞伎義太夫)
昨年の9月1日、歌舞伎義太夫語りの竹本清太夫が亡くなった。享年 七十八。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/28 00:01
遣話§五月文楽第一部〜落穂拾い〜
住大夫引退ばかり書いて、5月11日に観た残る2演目のことを省略す るのはもったいないので、簡単に書いておく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/19 00:01
週話§日曜日乗〜歌舞伎休みの5月〜
新しい歌舞伎座が開場して一年が過ぎた。劇場の中もだいぶ落ち着い てきたような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/18 00:00
人話§歌舞伎役者伝〜中村梅玉〜[16]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/14 00:00
浄話§竹本住大夫〜恋女房染分手綱〜
日曜日、皇居前隼町の国立劇場小劇場で行われている、五月文楽公演 “七世竹本住大夫引退公演”と銘打たれた第一部に行ってきた。ここ で書いたように住大夫は今年90歳になる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/13 00:00
週話§日曜日乗〜竹本住大夫の義太夫〜
文楽の義太夫語りで今年90歳となる竹本住大夫が引退を表明し、4月 の大阪、5月の東京と引退公演を行っているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/11 00:00
人話§歌舞伎役者伝〜坂東亀三郎〜[15]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/08 00:01
卿話§四月大歌舞伎昼の部+一條大蔵譚
一日中気温が上がらなかった日曜日、2013年の柿落としから丸一年が 経った歌舞伎座昼の部を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/22 00:00
週話§日曜日乗〜四月大歌舞伎昼の部〜
歌舞伎座が新たに開場して早いもので丸一年が過ぎた。この一年も、 去年の10月を除いたものの、それ以外は月に一度は必ずという精勤の 日々なのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/20 00:00
化話§カルチャー様々絶賛体験してます
先週水曜日の藤村実穂子リサイタルに始まったカルチャー体験は、金 曜日の中村吉右衛門を経て、日曜日のアニエス・ルテステュまで、充 実しきったもので、凡夫たる自分の中では十全に取り込めないまま。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/27 00:00
懸話§三月大歌舞伎〜吉右衛門の弁慶〜
三連休初日の金曜日、三月大歌舞伎夜の部を観てきた。おめあては、 もちろん吉右衛門が弁慶を務める『勧進帳』である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/25 00:00
週話§祝日日乗〜三月大歌舞伎〜
どうしても観たかった吉右衛門が弁慶を務める『勧進帳』が上演され る夜の部に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/21 00:00
盆話§竹本住大夫〜引退を惜しんで〜
竹本住大夫が文楽の義太夫語りから引退するのは、老齢であるにして も、実に残念なことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/05 00:01
不話§心謎解色糸〜二月花形歌舞伎〜
9時過ぎに西新宿の都庁前をスタートした東京マラソンのトップグル ープが銀座に近づきつつある10時半過ぎに歌舞伎座入場。3回あった 休憩時間に大間越しで一般ランナーの奮闘を眺めた程度なのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/25 00:00
警話§新橋演舞場の注意書〜8つの言葉〜
下の写真にあるような注意書きのポスターを見かけるのは新橋演舞場 だけで、歌舞伎座にはなかったと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/24 00:00
週話§日曜日乗〜二月花形歌舞伎昼の部〜
鶴屋南北が書いた通し狂言『心謎解色糸』が上演されたのは、国立劇 場が1973年に1回だけという、おそらくは珍しい部類の芝居である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/23 00:00
旅話§母をたずねて膝栗毛〜藤山直美〜
土曜日のフライブルガー・バロックオーケストラに続いて、日曜日の 新橋演舞場昼の部で藤山直美主演の『母をたずねて膝栗毛』を観てき た。この日も長靴を履いて最寄り駅に向かい、コインロッカー預け。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/19 00:00
鎌話§二月花形歌舞伎夜の部〜白浪五人男〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/13 00:01
諧話§一日一句〜秩父宮から歌舞伎座〜
季語は・・・早春 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/11 00:01
週話§祝日日乗〜ラグビーと歌舞伎〜
今日は、土曜日に断念した歌舞伎座花形夜の部と、日曜日から順延さ れたトップリーグ・ラグビー決勝戦を続けて観る。ダブル・リベンジ である! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/11 00:00
週話§土曜日乗〜二月花形歌舞伎夜の部〜
大歌舞伎の平均年齢が高くなり、花形役者も待ったなしの状況が既に やってきているという意味で、二月夜の部は青砥稿花紅彩画『白浪五 人男』が若手花形によって舞台にかけられる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/08 00:00
悼話§中村吉之丞さん(歌舞伎役者)
中村吉右衛門の播磨屋一門の長老で、端正な脇女形として舞台を締め ていた中村吉之丞が亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/29 00:01
春話§浅草歌舞伎第二部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/29 00:00
闘話§大相撲初場所千秋楽〜優勝決定戦〜
千秋楽の国技館に着いたのは13時前。もちろんチケットは売り切れで 満員札止めの盛況。頃合いもよく、席に座る前に地下の大広間で1杯 250円のちゃんこをいただく……八角部屋の味噌ちゃんこでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/28 00:01
春話§浅草歌舞伎第二部[上]
休日の浅草は大賑わいである。まずもって仲見世を人にぶつからずに 歩くことなどは無理な話で、あまりの人ごみにさっさと脇道へと避難 するのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/28 00:00
週話§土曜日乗〜浅草歌舞伎第二部〜
土日連荘で遊ぶことになってしまった。今日の午後は、浅草歌舞伎の 観劇に行くのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/25 00:00
寿話§壽初春大歌舞伎夜の部
大寒を前にした日曜日の午後、車を走らせて歌舞伎座へ。壽初春大歌 舞伎夜の部に行ってきた。初歌舞伎だが1月は夜の部のみ。昼の部は パスをしたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/21 00:01
諧話§一日一句〜壽初春大歌舞伎〜
季語は・・・初芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/18 00:01
週話§土曜日乗〜本日初歌舞伎夜の部〜
松取れて一週間過ぎたというタイミングで初春大歌舞伎を観てくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/18 00:00
語話§E.T.おばさんという種族が・・・
その“種族”に初めて遭遇したのが、今から30年以上前のヒット映画 『E.T.』を観た時なのだった。その時以来、我々は“E.T.おばさん” と彼女らのことを呼ぶようになったのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/17 00:00
病話§歌舞伎への不安・・・
来年の3月、4月に予定されていた、中村福助の七代目歌右衛門襲名 が、本人の体調不良で延期になってしまった。何とも不本意かつ残念 なのは、我々以上に本人が感じていることだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/25 00:00
患話§中村勘三郎 最期の131日
中村屋一周忌の日に発売された『中村勘三郎 最期の131日』を慌しく 読了。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/10 00:01
杏話§小山三ひとり語り〜読書〜
中村屋最古参で今年93歳、もちろん歌舞伎役者最高齢の中村小山三が 月刊『演劇界』に連載していた聞き語りが『小山三ひとり語り』とい う題名で一冊の本になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/06 00:01
諧話§一日一句〜角切銀杏は勘三郎の〜
季語は・・・銀杏忌 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/05 00:02
悼話§中村勘三郎一周忌〜12月5日〜
もう、一年が経ってしまったのか……中村勘三郎一周忌の日である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/05 00:00
行話§今年の劇場通いも納め近く
今月末にモダン系のバレエを観に行って、劇場&ホール通いは終了。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/21 00:00
板話§十一月顔見世大歌舞伎昼の部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/19 00:01
週話§日曜雑感〜顔見世大歌舞伎昼の部〜
先週土曜日の夜の部に引き続いて、今日は昼の部に行ってくる。昨日 はバッハの無伴奏チェロ組曲を聴き、明日は明日でベルリン・フィル のコンサートに行く三連荘である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/17 00:00
板話§十一月顔見世大歌舞伎夜の部
今にも泣き出しそうな初冬の空の下を歌舞伎座まで。顔見世大歌舞伎 夜の部である。このところと同じ五段目、六段目に七段目、それに討 入りの十一段目まで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/12 00:00
週話§土曜雑感〜顔見世大歌舞伎夜の部〜
歌舞伎座の11月、12月は『仮名手本忠臣蔵』の通し上演が、出演者を 変えて2か月続くというものだが、何と両月ともに同じ内容である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/09 00:00
諧話§一日一句〜十一月大歌舞伎開幕〜
季語は・・・行く秋 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/02 00:02
板話§芸術祭十月大歌舞伎〜夜の部〜
秋の深まりとともに気温も下がり、長袖のお出ましを乞うた土曜日の 午後、十月大歌舞伎夜の部に出かけてきた。昼の部の感想はこちら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/21 00:01
週話§土曜雑感〜十月大歌舞伎夜の部〜
先々週の昼の部に続いて今日は夜の部を観てくる。仁左衛門の権太と 菊五郎の忠信。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/19 00:00
板話§芸術祭十月大歌舞伎〜昼の部〜
『義経千本桜』を通しで観るのは、2003年と2007年に続いて3度目の ようである。通し狂言はできる限り観ると宣言しているからによって 出かけるのは当然のことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/09 00:01
週話§日曜雑感〜十月大歌舞伎昼の部〜
今月の歌舞伎座は『義経千本桜』の通し上演である。今日は昼の部を 観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/06 00:00
板話§九月花形歌舞伎〜陰陽師〜
夢枕獏原作の『陰陽師』が歌舞伎化された。数少ない新作によって、 観ておかなくてはならないだろうと行ってきた。チケットは、なぜか 早々に売り切れという……松竹営業部奮闘の賜物である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/25 00:01
週話§土曜雑感〜九月花形歌舞伎〜
夜の部の演目は、新作の『陰陽師』である。年に1本や2本の新作を 歌舞伎座で上演しても罰は当たるまいと思うのだが、そこは興行であ るから、なかなか冒険はできずにリスクを回避するということか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/21 00:00
板話§納涼歌舞伎第三部〜狐狸狐狸〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/21 00:00
板話§納涼歌舞伎第二部〜髪結新三〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/20 00:00
週話§日曜雑感〜納車完了〜
新しい車がやって来た。さっそく昨日は歌舞伎座往復で初ドライブを 楽しんできたのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/18 00:00
週話§土曜雑感〜納涼歌舞伎二部三部〜
8月は土日のスケジュールがタイトなので、今日の歌舞伎座は第二部 と第三部を観てくる。これで今年の納涼歌舞伎はコンプリート。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/17 00:00
雲話§あまちゃん狂騒曲〜じぇじぇ!〜
カルピスウォーターのCMで、海辺を走ってこける娘があまちゃんを 演じている能年玲奈であると言われれば“ああ、そうそう”とうなず く人は多いだろうが、このCMの時点で注目していたのはワタシだ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/16 00:00
踏話§八月納涼歌舞伎〜第一部〜鏡獅子
都心の最高気温が37度を超えたのは13時過ぎのこと。そんな猛暑の都 心に向かったのは朝9時前だったが、その頃にはとっくに30度を超え ていた。そんな中、納涼歌舞伎第一部を観に行ったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/13 00:00
週話§土曜雑感〜歌舞伎座と演舞場〜
8月土日のスケジュールがタイトになってしまい、今日は歌舞伎座で 納涼第一部を、夕方からは新橋演舞場で、藤山直美の『さくら橋』を 観るというダブルヘッダーを敢行するのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/10 00:00
弊話§睡眠することと睡眠不足と・・・
先週の後半は体調が下がり気味だったのかどうか、いつもと似たよう な睡眠時間だったにもかかわらず、朝起きて鏡を見たら白目の部分が 赤くなっていた。どうやら疲労が溜まっていたようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/01 00:00
板話§花形歌舞伎昼の部〜再岩藤〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/30 00:00
週話§日曜雑感〜花形歌舞伎昼の部〜
先週の夜の部の『東海道四谷怪談』に続いて、花形による『加賀見山 再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)』通し狂言を観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/28 00:00
意話§笑い〜日々異なる客席の反応様々〜
さて、土曜日に観た『東海道四谷怪談』での客席の反応が、いつもと 少しばかり違ったような気がしたので、そのことについて考えよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/24 00:01
板話§花形歌舞伎夜の部〜四谷怪談〜
2010年の歌舞伎座閉場から今年4月の新開場まで、歌舞伎は少なから ぬ看板役者を失ってしまった。ここからが若手花形の正念場が始まる と言っていいだろう。そんな第一弾の七月花形歌舞伎に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/23 00:00
諧話§一日一句〜花形歌舞伎夜の部〜
季語は・・・夏芝居 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/07/20 00:01
週話§土曜雑感〜花形歌舞伎夜の部〜
今日は午後から歌舞伎座に出かけて花形歌舞伎夜の部『四谷怪談』を 観てくる。菊之助のお岩に染五郎の伊右衛門。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/20 00:00
諧話§一日一句〜大阪福島天満宮にて〜
季語は・・・夏祭 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/19 00:02
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第三部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/28 00:00
諧話§一日一句〜夏の歌舞伎見物〜
季語は・・・絽の着物 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/27 00:02
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第三部[中]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/27 00:00
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第三部[上]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/26 00:00
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第二部
土曜日に観た六月大歌舞伎第二部からまとめておく。演目は『壽曽我 対面』と『土蜘』の二つ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/25 00:00
接話§マイスタージンガーと夏至
1868年6月21日、ミュンヘンの宮廷劇場でワーグナーが作曲した楽劇 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』が初演されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/24 00:00
週話§土曜雑感〜歌舞伎座で二部と三部〜
3か月続いた三部制興行も今日観に行けばおしまいである。特に芯で 演じたベテラン役者のみなさんは、本当にお疲れ様で、7月は花形に 踏ん張ってもらい、秋以降のために英気を養ってください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/22 00:00
祝話§柿葺落六月大歌舞伎第一部
3か月続いた三部制興行の最終月、まずは第一部を観てきた。座った 席は3階最上部の10列目。以前の歌舞伎座だったら最前列でも見えな かった花道七三が余裕で見えるっていうのはうれしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/18 00:01
諧話§一日一句〜六月大歌舞伎第一部〜
季語は・・・夏芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/16 00:01
週話§日曜雑感〜六月大歌舞伎第一部〜
柿葺落三部制興行も3か月目に入り、今日は第一部を観に行く。残り は来週である。4月、5月と2回ずつ歌舞伎座を訪ねているから、歌 舞伎座内部の様子はおおよそ把握できたと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/16 00:00
借話§猫の忠信〜歌舞伎のパロディ〜
浅学にして知らなかったが、歌舞伎や文楽の人気演目『義経千本桜』 の狐忠信編をパロディ化した『猫の忠信』という落語があるのだそう だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/14 00:00
祝話§柿葺落五月大歌舞伎第二部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/23 00:00
祝話§柿葺落五月大歌舞伎第一部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/21 00:00
諧話§一日一句〜初夏の歌舞伎見物〜
季語は・・・夏芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/19 00:01
週話§日曜雑感〜五月大歌舞伎一部二部〜
今日は五月大歌舞伎第一部と第二部をまとめて観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/19 00:00
諧話§一日一句〜デパ地下で調達して〜
季語は・・・豆飯 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/15 00:03
祝話§柿葺落五月大歌舞伎第三部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/15 00:00
祝話§柿葺落五月大歌舞伎第三部[上]
土曜日の午後、のんびりと銀座に出向いて第三部を観てきた。2か月 目に入った新しい歌舞伎座の興行は順調のようである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/14 00:00
週話§土曜雑感〜五月大歌舞伎第三部〜
今日は柿葺落五月大歌舞伎第三部である。18時開演で終演は21時頃。 演目は吉右衛門で『梶原平三誉石切』と玉三郎&菊之助の『京鹿子娘 二人道成寺』の二本立て。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/11 00:00
悼話§河竹登志夫さん(演劇研究家)
つい先月も、歌舞伎座開場のテレビ番組に出演されていたのに、急な 訃報で驚いた。歌舞伎座開場に先立つ3月28日には“古式顔寄せ手打 式”で4月興行の演目を読み上げたばかりだったのに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/08 00:01
呟話§一言つぶやき〜勧進帳の手拍子〜
NHKスペシャル『新生歌舞伎座』を見ていたら、第三部の最後…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/07 00:01
週話§黄金週間雑感〜2013.05.05〜
さてもゴールデンウィークは残すところ2日となったこどもの日は、 爽やかな五月晴れ。午後からはシネマ歌舞伎を観るために、東銀座の 東劇へ向かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/06 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第三部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/24 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第二部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/23 00:00
週話§土曜雑感〜今日も歌舞伎座へ〜
4月から6月にかけての三部制興行だが、御祝儀的に一通りを観るの でがんばる。今日は二部と三部を観る。とはいえ終演が22時近いのは 辛いものがあるので、車で行こうかどうか考えているところである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/20 00:00
房話§銀座伊東屋が建て替え
日曜日の歌舞伎座第一部が終わっても時刻は14時前。まだまだお散歩 タイムなので、ゆっくりと“銀ブラ”してみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/19 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第一部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/18 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第一部[中]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/17 00:00
祝話§柿葺落四月大歌舞伎第一部[上]
というわけで11時開演の第一部を観てきた。座った席は、2階東桟敷 2等席。舞台上手に置かれた義太夫床などは見えないが、花道はほぼ 全体を見渡すことができるので、夫婦ともどもお気に入りの席だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/16 00:00
酔話§頭にネクタイ〜助六じゃないし〜
サラリーマンが居酒屋とか宴席で酔った揚句、自分が締めていたネク タイを助六の紫手拭いよろしく頭に巻くという、あれはいつ頃始まっ たものだろうかと気になってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/15 00:00
諧話§一日一句〜歌舞伎座初見参〜
季語は・・・春芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/14 00:01
週話§日曜雑感〜本日歌舞伎座第一部〜
今日が新しい歌舞伎座初見参で、まずは第一部だけ観に行ってくる。 二部と三部はまた後日に行くが、三部制を一日で全部観るのはさすが にきつく、一日一部は効率が悪いので、2日がかりでの通いである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/14 00:00
初話§新しい歌舞伎座本日柿落とし
2010年4月30日に行われた歌舞伎座閉場式から3年、今日4月2日か ら新しい歌舞伎座での歌舞伎公演が行われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/02 00:00
咲話§一條大蔵譚〜新橋演舞場夜の部〜
都心の桜が満開となった土曜日の午後、新橋演舞場で花形歌舞伎夜の 部を観てきた。もちろん染五郎の大蔵卿が目当て。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/25 00:00
諧話§一日一句〜染五郎の一條大蔵譚〜
季語は・・・春芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/23 00:01
週話§土曜雑感〜演舞場花形歌舞伎〜
4月2日の歌舞伎座開場まで、あと10日となった今日は、新橋演舞場 花形歌舞伎夜の部を観てくる。これで新橋演舞場とはしばしの別れ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/23 00:00
諧話§一日一句〜十二代目市川團十郎〜
季語は・・・春雨 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/01 00:02
諧話§一日一句〜昨日成田屋告別式〜
季語は・・・二月尽 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/28 00:02
寿話§尾上菊之助の結婚
音羽屋五代目尾上菊之助が、播磨屋二代目中村吉右衛門の四女と結婚 するという、何とも春らしくめでたいニュースが飛び込んできた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/20 00:01
散話§秩父宮から歌舞伎座ライトアップ
2月16日は気温の上がらない日中だったが、寒風の中を秩父宮でラグ ビー日本選手権準決勝サントリー対パナソニックの一戦を観てきた。 結果はサントリーがダブルスコアで来週の決勝へと駒を進めたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/18 00:00
週話§日曜雑感〜柿葺落チケット始末〜
一昨日の金曜日に柿葺落四月大歌舞伎のチケット予約を完了した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/10 00:00
祭話§柿葺落四月大歌舞伎前売り始まる
昨日から、柿葺落四月大歌舞伎の前売りが始まった。昨日は松竹歌舞 伎会の最上位ボーナス会員の優先発売で、今日がその次のランクにあ たる我々の番である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/08 00:00
檜話§人生の残り時間と楽しみと・・・
先週、武蔵野で『美しき水車屋の娘』を歌ったマウロ・ペーターは、 1987年生まれの26歳なのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/07 00:00
諧話§一日一句〜成田屋!〜
季語は・・・立春 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/05 00:02
悼話§成田屋 市川團十郎さん(十二代目)
我々は、2か月の間に、歌舞伎界一の集客力を誇る人気役者と、歌舞 伎界一番の大名跡を失ってしまった。歌舞伎座の開場まで2か月を切 ったこの時期に……言葉が見つからない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/05 00:00
雰話§吉永小百合というオーラ・・・
宗教心もなければ、霊感であるとかスピリチュアルであるとか、とん と縁のない人間でここまできてしまった。それでも一向に困らないの は、ぼへぼへとした人柄のゆえであろうかと想像してみたりするが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/01 00:00
踊話§壽 初春大歌舞伎〜夜の部〜
土曜日16時開演の夜の部に行ってきた。ひらかな盛衰記『逆櫓』に、 仮名手本忠臣蔵七段目『祇園一力茶屋の場』と1時間半超の演目2つ が連続してというタフな舞台。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/16 00:00
週話§土曜雑感〜タイトルを変える〜
今年の休日ブログのタイトルは“雑感”にしてみたが、中身は同じで 変わるわけではない。いずれにしても簡単にまとめるだけである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/12 00:00
踊話§壽 初春大歌舞伎〜新橋演舞場〜
正月歌舞伎らしく華やいだ雰囲気の昼の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/09 00:01
諧話§一日一句〜新橋演舞場初春公演〜
季語は・・・初芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/06 00:01
休話§年末年始日記[2013年1月5日(土)]
新橋演舞場で2日から始まった壽 初春大歌舞伎を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/06 00:00
諧話§一日一句〜中村勘三郎告別式〜
季語は・・・冬空 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/28 00:01
休話§年末年始日記[2012年12月27日(木)]
これまで知名人であるとか芸能人が逝去しても、死を惜しみこそすれ ども、わざわざ告別式の場所まで足を運ぶなどということは一度もな かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/28 00:00
挽話§新開場する歌舞伎座の演目発表
2013年4月2日に開場し柿落とし公演を行う新しい歌舞伎座の3か月 にわたる演目が発表されたのは一昨日のことである。長々しくなるが 以下に一通りを書き出してみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/21 00:00
板話§奴道成寺〜新橋演舞場〜夜の部
今年最後の芝居見物は、十二月大歌舞伎夜の部。出し物は『籠釣瓶花 街酔醒』と『奴道成寺』終演が19時半前というのはありがたいこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/17 00:00
諧話§一日一句〜青空のはるか上の人〜
季語は・・・冬晴れ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/12 00:02
桶話§御摂勧進帳〜新橋演舞場〜昼の部
師走の演舞場十二月大歌舞伎昼の部は、肩の凝らない演目をというこ とか、桜田治助の台本による『勧進帳』のパロディー『御摂勧進帳』 の通し上演を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/12 00:00
永話§歌舞伎の楽しみ〜遅ればせの〜下
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/11 00:00
永話§歌舞伎の楽しみ〜遅ればせの〜上
ずいぶん前に似たことを書いたような気はするが、勘三郎死去を考え ながら改めて客席から歌舞伎を観続ける楽しみについてまとめようと 思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/10 00:00
週話§日曜閑居〜御摂勧進帳〜
新橋演舞場十二月大歌舞伎昼の部に行ってくる。歌舞伎見物は10日も 過ぎた頃合いが、台詞も入り、間合いも取れていいのだという教えに 従って出かけるが、師走につき少し早めの観劇である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/09 00:00
諧話§一日一句〜中村屋の紋は角切の〜
季語は・・・銀杏 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/07 00:02
諧話§一日一句〜追悼中村勘三郎〜
季語は・・・冬富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/06 00:02
悼話§中村勘三郎さん(先代中村勘九郎)
十八代目中村勘三郎が死んだ。常々、自分より年若い人間の死を見る のは辛いと言っているが、一歳年下のほぼ同世代の死を見るのは辛く 悲しい。書きたいことはたくさんある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/06 00:00
雪話§十一月顔見世大歌舞伎夜の部
前日(23日)から仁左衛門が復帰、3日間だけの『熊谷陣屋』の一日を 観ることができた。魁春の相模、秀太郎の藤の方、梅玉の義経に、左 團次の白毫弥陀六。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/27 00:00
週話§土曜閑居〜新橋演舞場夜の部〜
仁左衛門が23日から舞台に復帰するという話を聞いているのだが、さ てどんなもんだろうというわけで、今日は夜の部を観てくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/24 00:00
放話§十一月顔見世大歌舞伎昼の部
昼の部は2本で『双蝶々曲輪日記』から井筒屋、難波裏、引窓と『文 七元結』である。南与兵衛(十次兵衛)を務める仁左衛門は体調が優れ ず、初日こそ出演したものの、この日も休演だった。代役は梅玉。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/20 00:00
週話§日曜閑居〜歌舞伎座開場まで〜
新しい歌舞伎座の開場まで、とうに半年を切っていることに思い至っ たが、気になることは歌舞伎役者――特にベテラン――の体調だった りしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/18 00:00
諧話§一日一句〜猪と間違われし〜
季語は・・・藁塚 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/22 00:01
秋話§芸術祭十月大歌舞伎〜昼の部〜
日曜日に書いたとおりで、昼の部に上演された二本立てのうち、前半 の一本である『国性爺合戦』でお暇して初台へ。14時開演の新国立劇 場『ピーター・グライムズ』に臨んだのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/16 00:02
週話§日曜閑居〜ダブルヘッダー〜
今日は豪華である。新橋で十月大歌舞伎『国性爺合戦』を観終わった ら、初台の新国立劇場に移動し『ピーター・グライムズ』の最終公演 を観るのだ。豪華にしては、座る席がてっぺんだったりするのだが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/14 00:00
諧話§一日一句〜御所五郎蔵を観て〜
季語は・・・秋芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/09 00:01
秋話§芸術祭十月大歌舞伎〜夜の部〜
新しい歌舞伎座開場まで半年を切ってしまった。完成間近な歌舞伎座 を眺めながら、新橋演舞場十月大歌舞伎夜の部に行ってきた。右側に 連なる屋根には瓦が葺かれていたが、正面には瓦が葺かれていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/09 00:00
週話§土曜閑居〜十月大歌舞伎夜の部〜
9月、10月と新橋演舞場の大歌舞伎は昼夜とも2本立て興行。40分の 休憩を挟んで終演時間が14時半とか19時40分とあっさりしたものであ る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/06 00:00
築話§九月大歌舞伎昼の部〜秀山祭〜
朝、起きた時から雨降りの肌寒い日曜日に新橋で昼の部を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/26 00:02
週話§日曜閑居〜今日は演舞場昼の部〜
九月大歌舞伎も、今日を入れてあと3日。演目は菅原伝授手習鑑から 『寺子屋』と天衣紛上野初花『河内山』である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/23 00:00
築話§九月大歌舞伎夜の部〜秀山祭〜
三連休初日は、新橋演舞場に秀山祭夜の部を観に行ってきた。演目は 以下のとおり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/19 00:02
週話§日曜閑居〜連休中日の息抜き〜
土曜日は新橋へ九月歌舞伎夜の部に行き、敬老の日となった月曜日は 上野まで『パルジファル』を観に行くというその中日である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/16 00:00
遭話§市川染五郎の大事
月曜日の国立劇場で行なわれた舞踊の会の最中、市川染五郎が舞台か ら3m下がっていたセリに転落して負傷した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/29 00:02
偽話§天日坊〜コクーン歌舞伎〜[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/05 00:00
偽話§天日坊〜コクーン歌舞伎〜[中]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/04 00:00
偽話§天日坊〜コクーン歌舞伎〜[上]
もう150年も上演されていないという、黙阿弥作の『天日坊』を、 宮藤官九郎が翻案リライトしたのを串田和美が演出してという、コク ーン歌舞伎を観てきた。主役の天日坊を演じるのは中村勘九郎。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/03 00:00
板話§六月大歌舞伎〜猿之助襲名披露〜
亀治郎改め猿之助襲名の六月大歌舞伎も本日無事に千秋楽を迎える。 土日の公演がどうしても取れなかったので、楽日前日に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/29 00:00
鶴話§中村勘三郎と食道がん・・・
桑田佳祐が食道がんを克服したと思ったら、同い年で親しい仲と聞い ている勘三郎が、自らも食道がんであることを公表し、秋の公演を休 むことにしたというニュースを読んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/20 00:00
箱話§プロンプターという仕事・・・
先々週、新国立劇場の『ローエングリン』が終演してのカーテンコー ルで、タイトルロールのフローリアン・フォクトがプロンプターボッ クスに手を差し伸べて握手しているのが見えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/18 00:02
芝話§猿之助襲名披露公演が好調なのだ
市川亀治郎改メ猿之助襲名披露興行が、今月と来月の2か月間新橋演 舞場で行なわれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/14 00:02
諧話§一日一句〜亀治郎猿之助襲名〜
季語は・・・夏芝居 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/14 00:01
環話§自分の円〜人それぞれが持つ〜
人はそれぞれ“円”を持ち合わせていて、およそその範囲内が自分の 価値観であるということを考えていた。大きさは人それぞれで、それ は興味や好奇心の及ぶところであるとかの量によって違ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/07 00:02
板話§中村座五月大歌舞伎昼の部
チケットを買った時にはまったく気がつかなかったのだが、我々が昼 の部に出かけた20日は、浅草神社の三社祭最終日の宮出しと宮入りに あたっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/23 00:02
諧話§一日一句〜本日浅草神輿宮出〜
季語は・・・三社祭 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/20 00:01
週話§日曜閑居〜中村座と浅草三社祭〜
11月に始まり、途中新橋演舞場での勘九郎襲名興行を挟んで6か月に 及んだ平成中村座の公演が間もなく終了する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/20 00:00
板話§中村座五月大歌舞伎夜の部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/16 00:00
板話§中村座五月大歌舞伎夜の部[上]
立夏の候というには涼しい……というよりは寒いと感じられる土曜日 の午後、東京の西に住む我々が浅草まで長駆の遠征で、ロングラン最 終月の中村座夜の部に出かけた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/15 00:00
諧話§一日一句〜平成中村座〜
季語は・・・初鰹 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/12 00:01
週話§土曜閑居〜歌舞伎に大相撲〜
大型連休に動かなかった代わりというわけではないが、今週と来週の 土日はあれやこれやで2日間ともお出かけである。今日は平成中村座 夜の部に、明日は大相撲五月場所の中日を観戦する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/12 00:00
週話§土曜閑居〜来週は黄金週間です〜
格段のこともなく、今週の土日は我が家で過ごすことになっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/21 00:00
故話§百年以上前の歌舞伎の様子[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/20 00:00
故話§百年以上前の歌舞伎の様子[上]
『仮名手本忠臣蔵』では、大序のような初演当時の様式を生かした演 出を観ることができる。そんな大序の幕開き直前、ユーモラスな口上 人形[↓写真]による出演役者の読み上げが行なわれるのも趣向。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/19 00:02
板話§四月花形歌舞伎〜仮名手本七段目
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/17 00:00
板話§四月花形歌舞伎〜五段目&六段目
雨が降って花冷えの土曜日、新橋演舞場夜の部に行ってきた。五段目 と六段目、七段目、それに討入りまで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/16 00:02
諧話§一日一句〜四月花形歌舞伎〜
季語は・・・桜 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/14 00:01
週話§土曜閑居〜花形歌舞伎仮名手本〜
今日は新橋演舞場四月花形歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』夜の部である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/14 00:00
竣話§新・歌舞伎座開場まで一年・・・
4月1日、新橋演舞場の初日に向かうために、歌舞伎座の前を通って いった。劇場後ろの高層ビルもだいぶ積み上がっていて、もう半年も すれば、ほぼ完成形になるのではという気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/09 00:00
華話§六代目中村勘九郎〜そして妄想〜
2か月連続して、六代目中村勘九郎の襲名披露公演を観た。まさに、 次代のエース颯爽の登場と言っていいだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/05 00:00
諧話§一日一句〜道行旅路の花聟〜
季語は・・・桜 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/03 00:01
板話§四月花形歌舞伎〜仮名手本昼の部
若手花形による新橋演舞場四月公演『仮名手本忠臣蔵』昼の部初日を 観てきた。昼の部は大序から道行まで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/03 00:00
諧話§一日一句〜新橋演舞場〜
季語・・・春惜しむ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/01 00:01
週話§日曜閑居〜四月花形歌舞伎〜
新しい歌舞伎座開場まで、あと一年となった。今日は新橋演舞場で、 四月花形歌舞伎昼の部の初日を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/01 00:00
板話§中村座三月大歌舞伎昼の部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/27 00:00
板話§中村座三月大歌舞伎昼の部[上]
既に丸々一週間が過ぎてしまったが、観たものであるゆえに書き留め ておくことにする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/26 00:00
週話§日曜閑居〜オペラから中村座と〜
昨日の新国『さまよえるオランダ人』に続いて、今日は朝も早よから 2時間かけて浅草まで。平成中村座三月大歌舞伎昼の部を観るのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/18 00:00
板話§中村座三月大歌舞伎夜の部[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/14 00:00
板話§中村座三月大歌舞伎夜の部[上]
春寒で天候不順な隅田河畔を歩いて中村座へ。前の週に観ることがで きなかったリベンジ訪問なのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/13 00:00
週話§土曜閑居〜リベンジ中村座!〜
先週の土曜日は同居人の体調不良で見送った中村座夜の部だが、何と かチケットも手配できたので、今日は満を持してのリベンジである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/10 00:00
週話§土曜閑居〜三月中村座〜
2月の新橋演舞場に引き続いて、六代目中村勘太郎の襲名披露公演は 中村座へと移るのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/03 00:00
悼話§中村雀右衛門さん(歌舞伎役者)
雀右衛門の姿を最後に見たのは一昨年4月、車椅子で登場した歌舞伎 座閉場式だった。閉場式の翌年には富十郎と芝翫が、そしてこの23日 には雀右衛門もいなくなってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/27 00:00
祝話§二月大歌舞伎昼の部〜勘九郎〜[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/22 00:00
祝話§二月大歌舞伎昼の部〜勘九郎〜[上]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/21 00:00
諧話§一日一句〜勘九郎襲名〜
春芝居 蜘に弥生に 六代目! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/20 00:01
週話§日曜閑居〜勘九郎襲名昼の部〜
前週夜の部に引き続き新橋演舞場二月大歌舞伎に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/19 00:00
祝話§二月大歌舞伎夜の部〜勘九郎〜[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/15 00:00
祝話§二月大歌舞伎夜の部〜六代目〜[中]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/14 00:00
祝話§二月大歌舞伎夜の部〜勘九郎〜[上]
中村勘三郎の長男勘太郎が、新橋演舞場の二月大歌舞伎で六代目中村 勘九郎を襲名するという、口上のある夜の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/13 00:00
週話§土曜閑居〜六代目中村勘九郎〜
今日は新橋演舞場夜の部である。中村勘太郎が父勘三郎の前名である 勘九郎を六代目として襲名するのだ。今月は新橋、来月は中村座での 襲名興業という運び。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/11 00:00
温話§三人吉三〜伝統歌舞伎保存会〜
あいにくの雨模様となった21日の土曜日、国立劇場で催された伝統歌 舞伎保存会研修発表会『三人吉三』から“本郷火の見櫓”の場と『素 襖落』を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/24 00:00
未話§観たことのない歌舞伎の演目が
歌舞伎見物にせっせと通うようになってようやく10年が過ぎた。とい うところで、まだ観ていない演目がいくらでもあるということに思い を馳せている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/11 00:01
板話§壽 初春大歌舞伎〜新橋演舞場〜
松の内最終日の新橋演舞場夜の部に行ってきた。演目は正月らしいも ので、歌舞伎十八番『矢の根』に始まり、連獅子と『め組の喧嘩』の 三本立てである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/10 00:00
週話§土曜閑居〜三連休なり〜
タイトルは去年の“呟き”から“閑居”に変えただけで、休日のエン トリーは相変わらずの安易さである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/07 00:00
笑話§藤山直美〜松竹新喜劇〜坂東薪車
新橋演舞場の年忘れ喜劇特別公演、藤山直美に松竹新喜劇おなじみの 面々に加えるに、歌舞伎から坂東薪車を招いての『銀のかんざし』と 『殿様茶店の恋日和』喜劇2本立てとござい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/20 00:00
芝話§平成中村座十二月大歌舞伎昼の部
昼の部は朝11時の開演で『菅原伝授手習鑑』から“車引”“賀の祝” “寺子屋”の三本立て。我が家を出たのは9時前で、新宿に下りたと ころで弁当のおにぎりを確保しつつ地下鉄で浅草へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/13 00:00
週話§日曜呟き〜平成中村座十二月〜
我が家から、11時開演の浅草は隅田河畔の中村座まで行くためには、 9時過ぎの電車に乗って行かなくてはならない。という日曜の朝なの である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/11 00:00
遷話§昔のオペラ歌手と昔の歌舞伎役者
なべて、どんな芸術にも“時代のスタイル”がある。それが伝統芸能 というジャンルであっても、スタイルは時代に応じて変化していると 思うのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/28 00:00
児話§子役のお仕事
ポーニョポニョポニョを歌って人気だった子役の少女が、中学進学を 機に活動を一時(たぶん)休止するというニュースを見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/24 00:01
悼話§中村芝翫さん(歌舞伎役者)
新橋演舞場の秀山祭九月大歌舞伎夜の部の観に行ったら『沓手鳥孤城 落月』の淀君を休演されていた。そして月が変わっての訃報である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/11 00:00
図話§9月のPVグラフ〜香川照之で〜
2011年9月のPVグラフである。8月のグラフはこちら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/03 00:02
嗣話§香川照之が歌舞伎に・・・
昨日朝、ネットを開けたら思わぬニュースに目を見張った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/28 00:00
務話§九月大歌舞伎〜秀山祭&又五郎〜
土曜日に夜の部、三連休3日目の月曜日に昼の部を観てきた。秀山祭 であり歌昇の又五郎襲名、息子種太郎の歌昇襲名披露公演でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/22 00:01
週話§土曜呟き〜歌舞伎の秋だな〜
今日と月曜日と、新橋演舞場へ九月大歌舞伎を観に行く。恒例の秀山 祭に加えて、播磨屋中村歌昇の又五郎襲名、息子種太郎の歌昇襲名興 行という賑やかさ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/17 00:00
毒話§核に恨みは〜道成寺の魔物〜
核に恨みは数々ござる ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/24 00:00
芝話§歌舞伎〜7月と8月はお休みで〜
新橋演舞場のでの歌舞伎だが、7月と8月は見送った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/04 00:00
西話§スペイン料理で終演後の夕食を
コクーン歌舞伎がはねたのは15時半。渋谷の街をそぞろ歩いて冷やか すなどという年齢でもないし、歩けば歩くほど疲れるから、適当なと ころで早めの晩飯にしようということになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/21 00:02
黶話§盟三五大切〜コクーン歌舞伎〜
日曜昼のシアターコクーン『盟三五大切』に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/21 00:00
呟話§一言つぶやき〜今様道成寺〜
核に恨みは…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/20 00:01
週話§日曜呟き〜コクーン歌舞伎へ〜
去年は見送ったコクーン歌舞伎だが、今年は観に行くのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/19 00:00
舞話§六月大歌舞伎昼の部『石切梶原』
今にも泣き出しそうだが夜まで降らずにという日曜日。蒸し蒸しした 陽気の中を新橋演舞場へ。お目当ての筆頭は予告したように吉右衛門 の『梶原平三誉石切』である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/14 00:00
週話§日曜呟き〜今日は演舞場昼の部〜
今日は梅雨空を新橋演舞場六月大歌舞伎昼の部へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/12 00:00
擬話§お芝居でなぐるのは・・・
舞台上で相手の役者を殴るシーンがある。拳を握っての殴り合いだと かなりフェイクが入っているので、あまり迫力はないと感じる。だが 平手打ちのシーンだと“パン!”という音入りだったりするので…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/06 00:00
詰話§五月大歌舞伎〜こういうことも〜
日曜日、新橋演舞場五月大歌舞伎昼の部に行ってきた。……のだが、 序幕・二幕目が終わった後、昼食休憩で帰ってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/24 00:00
週話§日曜呟き〜新橋昼の部通し狂言〜
今日は、新橋演舞場五月大歌舞伎昼の部に行く。初めて観る通し狂言 『敵討天下茶屋聚』という仇討ものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/22 00:00
隅話§五月花形歌舞伎夜の部〜明治座〜
夫婦して長引いた風邪を引きずっての明治座初観劇だったが、楽しん での帰宅となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/17 00:01
週話§土曜呟き〜明治座デビュー〜
といっても、舞台に立つわけでないのは言うまでもないことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/14 00:00
板話§四月大歌舞伎夜の部〜新橋演舞場〜
演舞場への行き道にある“いわて銀河プラザ”に立ち寄って、同居人 好物の和菓子を買い、少しばかり募金をして歌舞伎見物へと向かう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/06 00:00
週話§日曜呟き〜新橋演舞場夜の部〜
今日は四月大歌舞伎夜の部である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/03 00:00
板話§三月大歌舞伎〜新橋演舞場〜
地震の影響で何日か休演した新橋演舞場だったが、引き続き公演が行 われている。三連休最終日昼の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/23 00:00
季話§雀始巣〜七十二候〜春分
昨日が春分の初候“雀始巣(すずめはじめてすくう)”でだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/22 00:00
舞話§玉三郎を初めて見たのは・・・
坂東玉三郎という歌舞伎役者が話題になっているということを薄っす らと認識したのは1970年代前半のこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/09 00:02
劇話§歌劇場のジワと歌舞伎座のジワ
ドイツやオーストリアでオペラやコンサートに行って、ホール内の空 気の違いに気がついたのは1990年代半ば過ぎだったか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/09 00:00
劇話§『於染久松色読販』二月花形歌舞伎
ル テアトル銀座二月花形歌舞伎第一部を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/22 00:00
週話§日曜呟き〜ル テアトル銀座へ〜
何回かシェイクスピア芝居は観ているテアトル銀座だが、今日は亀治 郎と染五郎の歌舞伎見物である。昼の部は猿之助四十八撰の内『於染 久松色読販』“お染の七役”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/20 00:00
醜話§新しい劇場に付いている手すり
新しく開場した劇場やコンサートホール上階最前列の手すりは、どう してステージが見ずらい高さに設定されているのだろう。どうやら、 規則として定められているようなのだが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/17 00:00
週話§土曜呟き〜ペテン・ザ・ペテン〜
というわけで今日は、勘三郎が病気療養で休演した新橋演舞場の『ペ テン・ザ・ペテン』を観に行ってくる。我が家で恒例になった、2月 のお笑いである。座るのは3階てっぺんの最安席なり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/12 00:00
味話§箱が劇場に変わる瞬間・・・
こういう考え方もまた、擬人化の得意な日本人ならではなのかな…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/03 00:01
悼話§山崎権一さん(歌舞伎役者)
『直侍』の蕎麦屋の親父、あるいは仮名手本五段目『山崎街道』で、 定九郎に殺される、おかるの父与市兵衛といった老け役で、長いこと 舞台に出ていたのが山崎権一である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/01 00:02
惜話§映画『わが心の歌舞伎座』東劇
『わが心の歌舞伎座』……歌舞伎が好き、そして少しでも歌舞伎座に 通ったことのある人には必見の映画である。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2011/01/25 00:00
養話§中村勘三郎休演・・・
中村勘三郎が2月の新橋演舞場『ペテン・ザ・ペテン』公演をキャン セルした。とうとうドクターストップがかかったということなのか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/24 00:00
週話§土曜呟き〜わが心の歌舞伎座〜
今日の午後は、歌舞伎座閉場までのドキュメンタリー映画『わが心の 歌舞伎座』を観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/22 00:00
音話§蕎麦と直侍のかかわりなど
実はまだ『直侍』……正確には『天衣紛上野初花』の中の『雪暮夜入 谷畦道』を通称で直侍と呼ぶ……を一度も観ていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/21 00:00
寿話§壽 初春大歌舞伎〜昼の部〜
新歌舞伎座開場までの2年あまりは、新橋演舞場の3階で過ごすこと になるだろうと思いつつ、2011年の初春大歌舞伎に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/13 00:02
週話§日曜呟き〜壽 初春大歌舞伎〜
富十郎の逝去、芝翫の病気休演となってしまった新橋演舞場の初春大 歌舞伎昼の部に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/09 00:00
悼話§中村富十郎さん(歌舞伎役者)
中村富十郎の舞台を初めて観たのは、もう20年以上も前の歌舞伎座で 『伽羅先代萩』の細川勝元だった。この時の政岡は雀右衛門。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/07 00:00
板話§新春浅草歌舞伎第2部
今年は浅草組から勘太郎が座組みからはずれ、重心が亀治郎に集中し たという感じである。三が日の1月3日、浅草は初詣客で大賑わい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/06 00:01
休話§年末年始日記[2011年1月3日(月)]
年末年始休暇も残り少なくなった。実生活では正月気分は雲散霧消で ある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/04 08:54
週話§日曜悠々〜海老蔵の怪我〜
またか……というよりも、体調不良で記者会見をキャンセルした。そ の後の夜に起きた不始末である。自己管理が甘いと言われればまさに その通り。だから、このエントリーで同情などは一切しない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/28 00:00
閑話§集中すると我々は沈黙する[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/26 00:00
建話§新歌舞伎座工事風景ライブカメラ
このエントリーで要望していたことが叶えられた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/15 00:01
週話§土曜悠々〜新・歌舞伎座起工式〜
雨模様だった一昨日の木曜日、解体工事がすっかり済んだ歌舞伎座の 跡地で起工式が執り行われたようである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/30 00:00
哀話§『盛綱陣屋』錦秋十月大歌舞伎
新橋演舞場夜の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/26 00:00
週話§土曜悠々〜錦秋十月大歌舞伎〜
国立劇場での『亀治郎の会』を観はしたが、大歌舞伎は久々である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/23 00:00
沙話§『じゃじゃ馬馴らし』さいたま
うーん……退屈だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/19 00:00
週話§日曜悠々〜じゃじゃ馬馴らし〜
今日は、さいたま芸術劇場まで遠征してシェイクスピアの『じゃじゃ 馬馴らし』を蜷川幸雄の演出で観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/17 00:00
美話§時分の花〜円熟との兼ね合い〜
“時分の花”と“円熟”とが何となくわかるようになったのは、歌舞 伎を観始めてからである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/06 00:00
洋話§身の程知らず〜まことにもって〜
ドイツなどに行って、現地の歌劇場でオペラを観るなどとは何という 贅沢なことだろうかと今でも思うのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/17 00:00
鎖話§『表に出ろいっ!』野田地図番外
中村勘三郎の夫、野田秀樹の妻、それにオーディションで選ばれたダ ブルキャストの娘という出演者でNODA・MAP番外編『表に出ろいっ!』 が上演された。場所は池袋・東京芸術劇場小ホール。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/14 00:00
週話§土曜悠々〜本日NODA・MAP番外編〜
今日は池袋の東京芸術劇場でNODA・MAP番外編『表に出ろいっ!』など 観てくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/11 00:00
外話§亀治郎の会〜国立劇場〜狐忠信
国立劇場『第8回亀治郎の会』土曜日夜の部を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/24 00:00
祝話§中村小山三〜九十歳〜
先週の金曜日、中村屋最古参の中村小山三が90歳の誕生日を迎えた。 歌舞伎界の生き字引が健在であることに感謝したい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/23 00:02
週話§土曜悠々〜久々歌舞伎〜
今日は『亀治郎の会』に行ってくる。感想は週明け速やかに……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/21 00:00
宅話§日曜日〜ちょっとお留守番〜
同居人のところに“行けなくなった”人から、納涼歌舞伎第一部のチ ケットが回ってきた。というわけで日曜日は夕方までお留守番だった のだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/17 00:00
板話§秋は芝居など行ったりする・・・
4月の歌舞伎座閉場以来、歌舞伎からはすっかりご無沙汰していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/11 00:01
週話§日曜悠々〜本日は直美ちゃん!〜
本日は、藤山直美の主演『藤山寛美 歿後二十年 六月喜劇特別公演』 を観に新橋演舞場まで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/06 00:00
伝話§歌舞伎座様〜ライブカメラ希望〜
日本人は、お上から下々まで、どうも情報を伝えるのが下手な民族で あると思っているが、少しは上向いているものだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/03 00:01
週話§土曜悠々〜歌舞伎座閉場一か月〜
歌舞伎座が大千秋楽を迎えたのは、つい一か月前のことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/29 00:00
石話§新国立劇場『影のない女』〜乳母
これまでに観た『影のない女』は、1984年ハンブルク国立歌劇場来日 公演(日本初演)、1992年ミュンヘン国立歌劇場日本公演で2回、最も 近々が2003年の暮にベルリン・ドイツオペラというもの。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2010/05/25 00:00
浄話§落語の『寝床』二種・・・
落語でおなじみ『寝床』には異なる噺があるのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/23 22:45
儀話§歌舞伎はお辞儀〜外国人の視点〜
西洋芸術のオペラを先に観始めて、我が国の伝統芸能である歌舞伎を 後回しにしてしまったことは後悔している。ただ、歌舞伎とオペラと 視点を二つ持てたということは幸運だと思っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/14 00:01
惜話§御名残四月大歌舞伎大千秋楽[二]
第二部は、菅原伝授から『寺子屋』と、三人吉三巴白浪『大川端庚申 塚』が、最後に藤十郎の『藤娘』である。一部や二部のような祝祭的 気分には欠けたが“日常公演の上質”を見せてくれたという感じか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/07 00:00
惜話§御名残四月大歌舞伎大千秋楽[一]
春雨に 拍手の雨や 木挽町 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/06 00:01
週話§連休悠々〜今年も風呂掃除〜
連休最終日の5日は風呂掃除をした。去年の5日もしているが、恒例 行事というわけではない。長い休みの間の中で掃除するタイミングを 合わせているだけのこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/06 00:00
図話§4月のPVグラフ〜やや好調〜
4月のPVグラフである。3月のグラフはこちら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/01 10:30
週話§連休悠々〜歌舞伎座閉場式〜
4月30日の午後“奇跡のチケット”を手に、歌舞伎座の閉場式に向か った。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2010/05/01 00:00
週話§連休悠々〜歌舞伎座千秋楽模様〜
大千秋楽を終えた歌舞伎座の今日は、関係者が出席しての“修祓式” が行われた。今日は、我々のような一般観客を集めての閉場式という ことで、これをもって現歌舞伎座の催しはすべて終了する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/30 00:00
週話§連休悠々〜連休始まる〜
明日は歌舞伎座閉場式のために有休を取る。そのため本日より7連休 である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/29 00:00
挽話§本日歌舞伎座最終日相成候事
とうとう歌舞伎座の本興行が最終日となってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/28 00:00
希話§歌舞伎座閉場式のチケット届く
昨日の午後、歌舞伎座閉場式のチケットが届いた。我がアドレナリン の結晶である。通常より届くのが遅くなった理由は“転売防止”とい ことのようである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/27 00:00
相話§金より思い出
4月30日“歌舞伎座閉場式”のチケットがまもなく手元に届く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/21 00:02
挽話§歌舞伎座掌本最終号〜甘栗屋も〜
一月から続く御名残歌舞伎の筋書は“一応記念”だからと毎月買い求 めたが、一昨年去年あたりからは買う時もあれば、買わずに済ませる ことも多くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/16 00:01
灰話§歌舞伎座閉場式入場券争奪戦始末
4月30日に催される“歌舞伎座さよなら公演『歌舞伎座閉場式』”の チケットが一昨日、昨日と売り出された。一昨日は30分ほど、昨日は 数分足らずで完売となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/14 00:01
桜話§御名残四月大歌舞伎〜助六〜
『助六由縁江戸桜』が祝祭劇であると再認識させられた。それにして も何という贅沢な座組であろうかと、チラシを見ながらしみじみと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/13 00:00
週話§土曜悠々〜桜の下の助六〜
御名残四月大歌舞伎が始まって既に一週間が過ぎた。満開になったと 思った東京の桜も花びらを散らしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/10 00:00
板話§御名残三月大歌舞伎第三部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/25 07:05
板話§御名残三月大歌舞伎第二部
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/24 07:25
週話§日曜悠々〜明日も休みなので〜
昨日は歌舞伎座で御名残三月大歌舞伎第二部、三部を観てきた。今日 はこれから、レイフ・オヴェ・アンスネスがモーツァルトの協奏曲を 独奏するコンサートに行くのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/21 08:00
券話§一言〜御名残四月大歌舞伎完売〜
早々にはネットページの全公演に×印がついた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/18 07:00
板話§御名残三月大歌舞伎第一部
日中の気温が20度を超えた土曜日、サックリと第一部だけ観劇した。 出し物は三本、菅原伝授手習鑑から『加茂堤』と『楼門五三桐』それ に『女暫』まで。終演が14時前とは、気が楽だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/16 07:20
衰話§老化の七三〜つまずく〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/15 07:23
源話§鶴岡八幡宮の大イチョウ倒れる
初めて実物を見たのは、1966年のことだから44年前のことだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/15 07:22
週話§土曜悠々〜今日は歌舞伎だ!〜
御名残三月大歌舞伎である。今日観るのは第一部だけ。残る第二部、 三部は来週になる。今の歌舞伎座通いの日々もどんどん少なくなる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/13 07:00
惜話§歌舞伎座御名残大千秋楽争奪戦
昨日は、4月歌舞伎座の歌舞伎会特別会員先行発売日なのであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/12 06:38
中話§同窓会〜上海バンスキング〜[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/03 06:49
中話§同窓会〜上海バンスキング〜[上]
ごめん、かんべん。退屈でつまらなかった。初演の時のような熱気や エネルギーはなかったんだろうなあ。というわけでタイトルに同窓会 とつけてしまった。以下、感じたことあれやこれやを順不同に書く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/02 07:27
週話§土曜悠々〜上海バンスキング〜
歌舞伎以外の演劇は観ないなあ――あっ藤山直美は別w――と思って いたら、シアターコクーンで『上海バンスキング』の久々な再上演が あるというので、どうにかチケットを確保してこれからお出かけ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/27 07:51
ト話§『研辰の討たれ』アドリブ勘三郎
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/26 07:43
ト話§『研辰の討たれ』野田の設計図
他の人がどうかは知らないが、戯曲とか対談を読むのは苦手である。 話し言葉を活字にすると、間違いなく読みにくくなるのだ。それは、 自分だけなのかどうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/25 07:14
板話§二月大歌舞伎昼の部
オペラを観るのも歌舞伎を観るのも大変……。というわけで先代勘三 郎二十三回忌追善興行である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/23 07:57
週話§日曜悠々〜本日二十三回忌追善〜
去年の今日をたぐってみたら中村又五郎への悼話を書いていた。そん な二月大歌舞伎は先代中村勘三郎二十三回忌追善も兼ねている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/21 06:50
街話§J街通信[67]そろそろ桜餅
子供の頃というか、物心ついて以降も、桜餅といえば白玉粉と小麦を 混ぜて薄焼きした“長命寺”しか知らなかった。もち米を粗くつぶし てつくった“道明寺”を食べたのは成人を過ぎてから。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/17 06:52
楕話§今シーズンのラグビーは・・・
去年のブレディスローカップで満足したわけではないが、今シーズン は秩父宮に通うことなく終わってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/12 07:04
週話§祝日悠々〜御名残三月大歌舞伎〜
現歌舞伎座での興行も3か月を切ってしまった。今日は、御名残三月 大歌舞伎先行発売の日である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/11 08:11
衰話§老化の花道〜酒は友達〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/03 07:18
呟話§一言つぶやき〜歌舞伎座四月〜
3月、4月と歌舞伎座のさよなら公演は三部興行となり、本当に…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/03 07:17
衰話§老化の花道〜揚幕から花道へ〜
去年の暮れに老化話を始めた時、当初は第一部のタイトルを“老化の 花道”としたが、第二部のタイトルをどうしようかと考えたところで 第一部を“老化の揚幕”と変更した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/29 07:21
板話§新春浅草歌舞伎〜第二部〜
歌舞伎座昼の部を観た前日には、浅草歌舞伎の第二部を観た。座った 席は3階のほぼ最後列左寄りで一番お安い席だが、七三がぎりぎりで 見えたりする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/20 07:27
板話§壽初春大歌舞伎〜昼の部〜
初春のめでたい舞踊で始まった昼の部は、その後『石切梶原』『勧進 帳』『松浦の太鼓』と1時間半足らずの舞台が3本という構成。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/19 13:17
週話§土曜悠々〜新春浅草歌舞伎〜
今年の新春浅草歌舞伎は夜の部。若手が元気よく演じてサラっと3時 間という気軽さなので、時間が許せば出かけるようにしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/16 07:20
成話§押戻し・・・意味わかんないしw
『京鹿子娘道成寺』の幕切れで押戻しが付いた舞台を観たのは2度目 のことになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/05 11:25
板話§壽初春大歌舞伎〜雀右衛門休演〜
銀座に着いて地上に出るとけっこうな人出。銀座あたりに初詣の寺社 などはないのだが、何しに来ているのだろう。新春名物の福袋セール も前日にほぼ済んでいるはずだし。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/04 10:47
浪話§上方風『仮名手本忠臣蔵』って
2日のETVの歌舞伎中継は、大阪松竹座で上演中の『仮名手本忠臣 蔵』の“ほんの一部”だけ放送してくれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/03 10:32
休話§年末年始日記[2010年1月2日(土)]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/03 08:04
恵話§ヱビスバー探訪之記
日曜日の歌舞伎座がはねたのが16時過ぎ。デパ地下で食料品を少しば かり買ったり、ミキモトの6階で展示中の“ロシアバレエ”を眺めた りしたところで歩行者天国も終了。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/22 07:21
板話§十二月大歌舞伎昼の部〜操三番叟〜
昼の部は、朝一番の『操三番叟』が観てよかったと思わせる一本。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/22 07:20
板話§十二月大歌舞伎夜の部〜鼠小僧〜
先週の土曜日に夜の部、日曜日に昼の部を観てきた。こういうスケジ ュールはきつい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/22 07:19
週話§気まぐれ週末〜歌舞伎座2連発〜
今日は十二月大歌舞伎夜の部に行き、明日が昼の部なのだ。さすがに 二日連続はきついものがありそうな予感。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/19 07:52
薫話§蘭奢待という古い香木が・・・
正倉院に“蘭奢待”という香木がある。詳しくはリンクを見てもらう ことにして、いちいちは書かないが正式名称は“黄熟香”なのだそう である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/17 09:07
立話§仮名手本四段目とパルジファル
『仮名手本忠臣蔵四段目』いわゆる“切腹の場”と『パルジファル』 である。もちろんストーリーはまったく違うのだが、個人的には不思 議と似ているような気がしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/14 07:19
板話§顔見世大歌舞伎夜の部〜仮名手本〜
……という昼の部に比べると、夜の部の具合はすこぶるよかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/27 07:21
板話§顔見世大歌舞伎昼の部〜仮名手本〜
いつも同じ段構成であることには大いに不満があるが、ともかく現歌 舞伎座最後の仮名手本であるというのも出かける大きな理由になって しまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/26 07:03
週話§気まぐれ週末〜テレビ中継〜
今日は午後から夜の部である。2日続けての歌舞伎座通いというのは 初めてではないかな。おまけに昨日は朝から『仮名手本』だったので 疲れ方が違うような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/22 07:46
週話§気まぐれ週末〜顔見世大歌舞伎〜
疲れる疲れるとこぼしながら、週末は『仮名手本忠臣蔵』の通し上演 を2日に分けて観る。今日は昼の部。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/21 07:24
映話§シネマ歌舞伎『らくだ』
花形歌舞伎がはねた後、勢いで演舞場近くの東劇に行き、去年の納涼 歌舞伎の『らくだ』を観た。芝居冒頭でお念仏を唱えていた婆さんは 相変わらず達者な小山三(今年が卒寿!)で本当に大したものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/11 07:48
板話§花形歌舞伎〜盟三五大切〜演舞場
大歌舞伎で二度観ている『盟三五大切』を花形歌舞伎で観ると、それ なりに発見があって堪能することになった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/10 07:21
呟話§一言つぶやき〜昼の部余得〜
今日は演舞場で昼の部の歌舞伎を観たわけだが、芝居がはねても銀座 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/08 21:16
週話§気まぐれ週末〜本日花形歌舞伎〜
新橋演舞場昼の部の花形歌舞伎に行ってくる。演目は『盟三五大切』 がメインで、その後『弥生の花浅草祭』が踊られる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/08 07:21
異話§オペラの経験 歌舞伎の経験
オペラと歌舞伎と……洋の東西の舞台娯楽を楽しんでいるわけだが、 やっぱり言葉の問題が大きいなあというのが実感である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/05 07:15
板話§十月大歌舞伎昼の部〜河庄など〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/22 07:24
板話§十月大歌舞伎昼の部〜毛抜など〜
運動会日和だった日曜日、昼の部を見てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/21 06:52
週話§気まぐれ週末〜十月歌舞伎昼の部〜
一番目の演目、三津五郎の『毛抜』を楽しみに出かけるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/18 07:12
板話§十月大歌舞伎夜の部〜知盛〜
というわけで『義経千本桜』半通し“知盛編”と“忠信編”を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/15 07:22
週話§気まぐれ祝日〜顔見世大歌舞伎〜
また『仮名手本忠臣蔵』かと思わないでもないが、今の歌舞伎座での 最後の忠臣蔵だからと、昨日の先行売り出しで昼夜買ってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/12 08:58
週話§気まぐれ週末〜歌舞伎座夜の部〜
さよなら歌舞伎座十月夜の部公演は『義経千本桜』の“半通し”なの である。吉右衛門の知盛は楽しみなのだが、正直なところ、菊五郎の 狐忠信は気が重い。というのが今日午後の歌舞伎座通い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/10 07:33
源話§九月大歌舞伎夜の部千秋楽
幸四郎には点が辛くなる。やっぱりというかどこかが違って感じられ る弁慶である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/29 22:11
臓話§週末気まぐれ休肝日
最近は、歌舞伎見物の休憩時間――お食事タイムね――にビールをと いうことをしなくなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/27 09:13
週話§気まぐれ週末〜九月大歌舞伎〜
千秋楽の夜の部に行くとは実に珍しい。連休がらみで旅行に行ったり したのでスケジュールが限られてしまい、結果的に最終日に行くこと になっってしまったのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/26 08:55
祇話§なかなか行けない南座顔見世
座席が狭そうだなあということなどとりあえず無視して、京都南座の 顔見世を一度は観てみたいなと思いながら果たせないままで、今年も チケットの売り出しが近づいてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/24 06:15
挽話§歌舞伎座建て替え計画最終案?
先週末になってようやく“歌舞伎座建て替え計画最終案”が松竹から 提示された。来年の5月から始めて完成は2013年の春。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/31 07:53
板話§八月納涼大歌舞伎第三部
いつもだったら電車で往復する歌舞伎座だが、日曜で夜の部の時は、 車で往復することがある。併設しているパーキングに入れられればラ ッキーだし、帰りも首都高にすぐ入れて話が早い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/18 06:54
書話§『空飛ぶ五代目菊五郎』
というタイトルの本を一気に読んだ。空飛ぶの前に“明治キワモノ歌 舞伎”というサブタイトルがついているように、五代目尾上菊五郎が 河竹黙阿弥達と“今の歌舞伎”を上演し続けていたというお話。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/17 07:27
週話§気まぐれ週末〜今日は歌舞伎だ〜
今年の八月納涼大歌舞伎は第三部だけである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/16 06:31
挽話§真夏の歌舞伎通い
7月は歌舞伎をパスしてしまったので、土日を持て余している。8月 は納涼歌舞伎だが、演目に新鮮味が欠けているような気がしないでも ない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/14 07:44
沙話§新橋演舞場『十二夜』再び
蜷川幸雄が演出した『十二夜』を観るのは、これで3度目。今回は、 新橋演舞場に舞台を移しての公演である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/17 07:32
週話§気まぐれ週末〜新富町初歩き〜
先週末、仕事の用で新富町に行ってきた。有楽町線から地上に出ると 中央区役所が眼の前にあった。視線を近くに移すと、松竹衣裳という 看板が見えた。こんなところにあったのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/13 07:53
板話§六月大歌舞伎夜の部〜あと二演目〜
金太郎初舞台の鏡獅子の後は出し物が二本あったが、観終わった後は すっかりもたれてしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/12 07:00
板話§六月大歌舞伎夜の部〜松本金太郎〜
四代目松本金太郎初舞台の演目は『門出祝寿連獅子』というもの。途 中に口上を挟んでの上演である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/09 07:58
週話§気まぐれ週末〜さて恐ろしき〜
午後からは、早々と歌舞伎座夜の部を観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/06 08:26
出話§花道の見方&楽しみ方
やっぱりというか、歌舞伎では花道が見えてこそという要素が小さく ないように思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/05 07:47
落話§落語の『らくだ』は・・・
歌舞伎の『らくだ』を観ながら、そういえば原作である落語の『らく だ』を実演でも放送でも聴いていないことに気がついた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/22 08:18
伝話§新型インフルエンザ狂騒曲
対岸の火事みたいだったのが、感染者が増加するにつれて過剰以外の 何物でもないような反応だらけになってしまった日本ではないか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/20 08:26
噺話§五月大歌舞伎〜新橋演舞場〜昼の部
今にも降り出しそうな雲行きの日曜日の歌舞伎見物である。演舞場で 11時開演の昼の部っていうのは初めてのような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/20 08:24
醍話§五月大歌舞伎〜つらね〜
余裕がある時は、頑張って花道が見渡せる席を取ることにしている。 一等席はお値段が……なのと、花道を見るにはずいぶんと体をひねる 必要があるので、一階の二等席が好都合でよろしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/13 07:58
週話§気まぐれ週末〜戻駕色相肩・右近〜
上々な天気の土曜日、歌舞伎座昼の部に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/10 10:32
週話§気まぐれ週末〜天候不順〜
今朝になってやっと晴れた空が広がった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/09 08:35
週話§気まぐれ連休〜09.05.05〜風呂掃除
朝からぐずついた天気で昼頃からは雨が降ったりしていたのを逆手に 取って風呂場の大掃除を敢行した。元々この日にと予定していたこと である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/06 10:04
板話§四月大歌舞伎昼の部〜伽羅先代萩〜
『伽羅先代萩』を通して観るのは疲れる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/21 11:31
週話§気まぐれ週末〜伽羅先代萩〜
これから歌舞伎座昼の部『伽羅先代萩』通しである。通しで観るのは 3回目になるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/19 08:30
嵌話§何かにのめり込む時のきっかけ
クラシックにのめり込むきっかけになったのは、中学の頃にベートー ヴェンの“運命”交響曲を最後まで聴いてみようと思い立ったところ に端を発するのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/13 07:53
観話§劇場通いのコツ
一か月の間に歌舞伎座では25日間昼夜2公演を上演していたというの に、そんな状況を理解して毎月通うようになるまでに何と時間がかか ったことかとしみじみ思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/08 08:03
惨話§NHK『勧進帳』のカメラワーク
先週土曜日の夜、NHKで二月大歌舞伎の『勧進帳』が放送された。 弁慶を吉右衛門、富樫を菊五郎、義経が梅玉という顔合わせである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/31 08:19
楽話§今年のお出かけ状況
今年になってからだが、なかなか順調にコンサートだの歌舞伎見物を バランスよくこなしている。この何年かは、歌舞伎へと重心が偏り気 味で、少しばかり中和したくもなってきていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/30 08:30
慌話§バタバタの語源らしきもの
つい数年前まで“バタバタ”という擬音語は、単純に忙しなくて落ち 着かない様子を表現しているのだと思っていた。ところが、どうやら 出処がありそうなのだが確証はない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/25 08:22
挽話§歌舞伎を観に行く日は・・・
歌舞伎座に出かける日だが、雨降りだったという記憶があまりない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/05 08:19
週話§気まぐれ週末〜又五郎を送る〜
  道行や 雪の後見 又五郎 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/28 00:36
悼話§中村又五郎さん(歌舞伎役者)
歌舞伎を定期的に、かつ本格的に観始めたのが本当に遅かったので、 中村又五郎の“歌舞伎の舞台姿”を見ていない。それが悔やまれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/21 16:30
軽話§浅草パラダイス〜新橋演舞場〜
あまり頭を使わず肩が凝ることもない、それこそおもしろかったらば それで良しという、そんなお気楽な喜劇であるにしても、ちょいとば かり安易な帰結なんだがなあ……と思うのは野暮なのかなと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/17 08:14
板話§二月大歌舞伎昼の部〜賀の祝〜
さて祝日の歌舞伎座である。平日の真ん中の休日のせいか、それほど 忙しないという感じのしない客席の様子だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/16 08:22
週話§気まぐれ週末〜浅草パラダイス〜
今日はこれから新橋演舞場である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/15 08:09
板話§二月大歌舞伎夜の部〜吉右衛門〜
休日の歌舞伎座は、ほぼ満席という状態が続いているのだとは思うが 先週土曜日の歌舞伎座内は、芋の子を洗うような感じがした。さよな ら公演ということで普段来ないような人達まで来ているようなのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/12 08:29
読話§表面的な感想だけしか・・・だな
たかが400字前後のブログを書く人間である。もちろん自覚してい ることだが、密度の濃い文章を集中して書けるわけなどない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/12 08:25
週話§気まぐれ祝日〜週の中日〜
水曜日が祝日になると、その祝日を挟んで月火と木金と二日間づつに なって気がつくと週が終わってしまうようなのである。おまけに仕事 も分断されるようで、ちょっと腑に落ちない水曜の祝日であるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/11 08:06
週話§気まぐれ週末〜10時20分起床〜
昨日の土曜日は二月歌舞伎の夜の部に行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/08 11:01
繰話§歌舞伎そば〜やっと初めての〜
去年の暮れに幕見で三津五郎の『道成寺』を観た後の昼飯に、歌舞伎 座すぐ横の“歌舞伎そば”を食べた。初めてのことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/04 08:51
働話§黒衣・・・見えない・・・見える
黒衣の動きが気になるうちは、まだまだ初心者なのだと思うが、根が 裏方系に生まれついているものだから、時に彼ら後見とか黒衣の動き に見入ってしまうことが少なくない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/30 08:33
新話§大反対!歌舞伎座建て替え計画【案】
どこをどうプランニングすればこういう薄っぺらいデザインができる のだろうかと小一時間。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2009/01/28 08:26
舞話§新春浅草歌舞伎〜第一部〜
2001年に始まった浅草の花形歌舞伎も今年で9回目である。遅ればせ ながら2003年から行き始めて、行けなかった年はあれども数回目か。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/20 12:02
噺話§古今亭志ん朝のこと
落語に親しんだのは中学から高校にかけての頃で、そこで仕入れた知 識のまま今に至るのだから相当に古臭いものかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/19 12:02
週話§気まぐれ週末〜新春浅草歌舞伎〜
正月恒例の浅草歌舞伎に行くのは2年ぶりのこと。東京西部から11時 開演の浅草にたどり着くためには、けっこう忙しない思いをする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/18 08:04
舞話§壽初春大歌舞伎〜春興鏡獅子〜
正月早々いいものを見せてもらった。勘三郎が踊った『春興鏡獅子』 の小姓弥生である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/14 12:01
時話§気まぐれ週末〜適当〜
去年は、土日祝日に有給で休んだ日まで何だかんだと書き記したりし たが、今年は去年以上に適当にやる。ということで…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/10 09:00
休話§年末年始日記まとめ読み[2008-2009]
前年にも増してぐうたらな年末年始だった。ここまで内容がないよう だと、来たるべき今度の年末年始は書いても無駄なような気がする。 まあ……また年末が近くなったら考えることにしよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/06 12:02
休話§年末年始日記[2009年1月2日(金)]
2日も家から動くことはなく過ごした。同居人の風邪が今ひとつ完全 に抜けきっていないので無理をしないということである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/03 10:38
丑話§あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/01 09:23
変話§変 変 変 変 変 変 変 変 変 変 変
アメリカ発で世界経済が崩壊していく様をまざまざとリアルタイムで 見たのが、今年の夏からこれまでのことだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/31 10:00
歩話§幕見『道成寺』〜銀座散策〜黒楽茶碗
先週の土曜日、歌舞伎座一幕見で昼の部の『道成寺』を観た。一時間 ほど前に到着し、何とかもぐりこむことができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/24 08:31
古話§神々は“毛皮”を身に纏っているか
神であるヴォータンが着ていたのは本当に毛皮だったのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/22 12:03
週話§土日短信〜元禄十五年 雪の討入り〜
いつものことだが、12月も中旬に入ると怒涛の寄り身で時が過ぎてい く。気がつけば先週の日曜日は忠臣蔵の“討入り”だったのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/21 08:26
週話§土日短信〜来週は〜
・・・仕事納めではないか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/20 07:45
数話§アクセスレポートとPVレポート
8月中旬から、ブログの管理ページにPV(ページビュー)のグラフが 表示されるようになった。それで説明を読んだが、旧来のアクセスレ ポートとの関係が今ひとつつかめないでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/17 08:02
週話§土日短信〜藤山直美で年忘れ〜
藤山直美全4演目主演大奮闘公演“年忘れ喜劇祭り”に行ってきた。 観たのは夜の部の2演目……といっても、40分の休憩を挟んで『大阪 ぎらい物語』が1時間20分と『お祭り提灯』が1時間というもの。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/14 00:07
言話§愛の反対語は“憎悪”ではなく……
   無関心 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/12 12:02
顧話§2008年 観た 聴いた あれやこれや
今年の白眉が8年ぶりのバイロイト詣だったのは、もちろんのこと。 通ったパフォーマンスの回数も久々に40回を数えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/11 12:02

トップへ | みんなの「歌舞伎」ブログ

  ビッグイシュー基金      
ひだまりのお話 歌舞伎のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる