アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「老化」のブログ記事

みんなの「老化」ブログ

タイトル 日 時
却話§テーマを思いつくも〜一瞬後には〜
日々、ブログのエントリーを書き綴っている中で埋もれた死屍累々が 所在不明で頭の中を彷徨っているようである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/24 00:01
週話§日曜片々〜団地の年次総会〜
小さな団地だが、住民の高齢化は著しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/12 00:00
坐話§正座・・・・・・もうできない
うーん……特に膝に爆弾などを抱えているわけではないのだけれど、 このところ正座をするのが億劫であるし、わざわざ座布団の上にきち んと正座をしたことがない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/02 00:00
厳話§冬の日本家屋は寒い
冬のドイツに2回ほど旅行した時、ホテルやレストランの室内がスチ ーム暖房で暖かくなっていることをありがたいと感じた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/22 00:01
週話§日曜片々〜その男注意力散漫につき〜
小学校1年第一学期の通信簿の所見に“落ち着きがない”と書かれて 以来、落ち着きのない人間で過ごしてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/19 00:00
慮話§優先席の権利
常に意識していたので、これまで優先席に座ったことはないが、観察 していると、ほとんど無意識に座って気がつかない若い人間のほうが 少なくないことがよくわかる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/15 00:00
遊話§一日一句〜迂闊にも忘れていて〜
季語は・・・早春 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/12 00:01
加話§カカオ70%のチョコレートは
お国と某製菓メーカーが結託、もとい研究した結果、カカオ成分70% 以上のチョコレートを一日25g食べると、脳の老化が防げるらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/10 00:00
無話§風邪〜インフルエンザ〜の後遺症少し
風邪だと思ったらインフルエンザにもなってしまい、夫婦して意外に も臥せる期間が長くなってしまった。症状そのものはタミフル処方の おかげもあって、1月17日頃までには落ち着いたのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/27 00:01
移話§水沢腹堅〜七十二候〜大寒
大寒の次候“水沢腹堅(さわみずこおりつめる)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/25 00:00
膚話§冷たい手
プッチーニが作曲したオペラ『ラ・ボエーム』の中で歌われる有名な アリアのお話ではなーい! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/09 00:01
貌話§人の顔を認識する件
絵心などからっきしなのに、人の顔を認識する能力は高めだと思って いる。逆に同居人は人の顔を認識することがうまくなかったりする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/20 00:01
詩話§一日一句〜緩やかに高齢化〜
季語は・・・餅搗き ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/11 00:02
週話§日曜些事〜餅つき大会〜
年末恒例、団地の餅つき大会が今年もやってきた。一昨年の理事から 去年は監事、今年は委員と3年連続であれこれをすることになってい る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/11 00:00
週話§日曜些事〜文章作法〜
“書くものがある”というスタンスでブログを続けているが、最近は それに“ボケ防止”を加えてもいいかもしれない。キーボードを叩く ことで指先が刺激されるのは、ボケ防止にいいと聞いたことがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/27 00:00
週話§土曜些事〜惰眠を貪る件〜
冬に入り、羽毛布団の中で眠るようになったら、睡眠時間が伸びた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/19 00:00
醒話§起床時刻を一定に
老人性と言ってもいいであろう朝早い目覚めが常態化してもう8年。 ベッドから出るのがおおよそ6時前後あたりである……あたりと書い たのは、起床時刻に幅があり過ぎると感じているからなのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/15 00:00
急話§気が短くなっていくのだの件
歳を取ったら気長になると思っていたが、それは大きな勘違いだった ようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/03 00:00
週話§土曜些事〜団地仲間と呑み会〜
一昨年、昨年と団地管理組合の理事と監査を続けた関係で、お仲間が でき、今夜はその数人が集まって呑み会をする。今年4月に引継ぎを 兼ねて呑んで以来なのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/15 00:00
繰話§尾瀬に行けぬまま
繰話§尾瀬に行けぬまま 尾瀬では間もなく山小屋が閉まり始めて、半年の冬ごもりを迎える。 残念ながら今年は上山することができないままにシーズン終了となっ てしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/07 00:00
週話§日曜些事〜誕生日から一週間〜
62歳の誕生日を迎えたのは先週の日曜日……もう一週間が経ってしま ったではありませんか。生まれてから既に23000日近くが経過した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/25 00:00
週話§日曜些事〜誕生日・・・・・・かくして〜
62歳である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/18 00:00
週話§土曜些事〜定年退職一周年〜
定年退職したのは一年前の今日である。この一年間にどういうことを してきたのかは、ブログをひっくり返してもらえればわかることなの で、いちいち繰り返すことはしないが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/17 00:00
詩話§一日一句〜老いて御身大切〜
季語は・・・緑陰 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/22 00:02
水話§6月終わる〜そして一年も半分〜
おおっと!今年も半分が終わろうとしている。だが実は、日数的には 半分までも達していない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/30 00:00
歳話§初めての定年[33]仕事の体力
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/23 00:01
週話§日曜些事〜旅の空だった〜
一年前の今日は旅の空の下にあった。定年退職の日まで百日を切り、 ある意味では“後顧の憂いなく”伸び伸びとした旅行をするつもりだ った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/19 00:00
週話§日曜些事〜最後のアズナヴール〜
明日から大阪を皮切りにシャルル・アズナヴールが日本で最後となる コンサートが3回行われるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/12 00:00
紆話§外反母趾ぎわく?
外反母趾だなどと、それは無理矢理に細めの靴を履き続けている女性 の専売特許だと思っていた。それが我が身にも、それほどはっきりと 眼に見える外反母趾ではなけれども、疑惑が浮上したのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/25 00:01
移話§竹笋生〜七十二候〜立夏
立夏の末候“竹笋生(たけのこしょうず)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/15 00:01
週話§土曜些事〜早くも五月半ば〜
ゴールデンウィークなどと騒いでいたのに、気がつけば5月半ばでは ありませんか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/14 00:00
週話§日曜些事〜総会から一週間〜
先週日曜日、監事として出席した年に一度の団地管理組合の総会が、 無事終了した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/20 00:00
週話§日曜些事〜もう一息だ〜
団地管理組合理事会の監事仕事お役御免まで、あと2週間となった。 実質的には終わったも同然なのだが、それでも総会の席で監査報告を するという――そんなの初めてだ――“大役”が待っていたりする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/28 00:00
移話§水沢腹堅〜七十二候〜大寒
大寒の次候“水沢腹堅(さわみずこおりつめる)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/25 00:00
懐話§尾瀬草紅葉[26]反省と先々のこと
懐話§尾瀬草紅葉[26]反省と先々のこと [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/02 00:00
歳話§初めての定年[15]初めての健保
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/06 00:01
腹話§少食化進行中
食事の量が減っている。会社での昼食時……例えば牛丼屋に入って、 並盛を注文しても、丼の底にご飯を二口か三口ほど食べ残してお勘定 となってしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/22 00:01
玉話§眼鏡を誂えねばならないのだよ
玉話§眼鏡を誂えねばならないのだよ 近視用の眼鏡を常用しているのだが、そこにどうやら老眼が交じって きたようで、文字を見るのが仕事の人間としては、眼鏡のままだと、 手元が見にくくなってきてしまっていた……ここ3年ほどのことだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/14 00:01
却話§はじき出される記憶とか
さても、記憶というものは不思議なものである。心に留めておかねば ならぬと思いつつ、30分前のことを忘れてしまって、しばしば同居人 から厳しい御言葉をいただくことになってしまったりするのだから。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/08 00:00
楽話§老化〜活動量と疲労度の相関〜
年に一度、ドイツ、あるいはオーストリアに10日間ちょっとの旅行を 行っているが、似たような場所を訪れているということで、我々夫婦 がどのように老化していったのかがわかるような気がしているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/10 00:01
多話§団地管理組合総会無事終了
はい、終わりました……管理組合総会が無事に。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/10 00:00
愉話§呑藝春秋[33]酒呑み話は忘却する
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/03 00:01
亡話§死を想う〜メメント・モリ〜
ふと、死を意識したのはいつのことだっただろう……記憶をたどって みた。保育園の年少の時だったから5歳くらいだったと思うのだが、 祖母の実家である和菓子屋の当主(大伯父)の臨終に立ち会わされた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/27 00:01
寝話§新しいベッドが届いた
人生の三分の一から四分の一は寝床で過ごしていることを考えると、 寝具……ベッドとか布団が重要であることは言うまでもないことで、 それだけに、ベッドの選択には慎重さが必要であるのは当然である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/23 00:01
涯話§人生八十年を一日になぞらえると
人生八十年という昨今である。そこことを考えていたら、80年の人生 を一日に例えたらどうなるだろうかないうことになり、大雑把に4つ に分けて考えてみた。つまり…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/16 00:00
歳話§今年最後の木曜日・・・
クリスマスの25日にして、今年最後の木曜日ということになってしま った。明日まで会社に出て、土曜日から年内5日、新年4日と、年末 年始九連休である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/25 00:00
刻話§バスの運行精度
我が家の前を走って最寄り駅に向かうコミュニティバスは、45分間隔 で運行されている。欲を言えば、朝夕は30分に1本……1時間に2本 でも走ってくれればありがたいとは思っているが、無理な話である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/09 00:00
我話§本日60歳の誕生日〜六十而耳順〜
我話§本日60歳の誕生日〜六十而耳順〜 還暦を迎えてしまった……60歳である。孔子の『論語』では“六十而 耳順(六十にして耳したがう)”とあって“六十歳にして、人の言うこ とを逆らわないで聞けるようになり”ということなのだそうだ……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/18 00:00
週話§日曜日乗〜八月終わる〜
今年も残すところ4か月となってしまった。昨年末に自宅の大掃除を したと思ったら、それから8か月が過ぎてしまったことに、何となく 呆然としたくもなる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/31 00:00
齢話§四十六歳差でございました・・・
先週初めのことである。中学2年になる知人のお嬢さんと、その友達 二人による仕事場訪問を受けた。就活をしている後輩大学生の訪問は あったが、これまでの最年少記録である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/20 00:00
顧話§歳を取ってから気付いたコト・・・
“歳を取ってから気付いた、人生で失敗した24のコト”という、ネッ トによくある、そんなタイプのページを眺めていた。24項目全部は、 このリンクを見てもらうことにして、自分について振り返ると……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/08 00:00
辞話§引退するということ・・・
文楽義太夫語りの竹本住大夫が90歳を前に引退することで“引退”と は何だろうと考えてみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/16 00:01
接話§電気のスイッチについて・・・
初めて海外旅行をした時に、ホテルの部屋の照明スイッチが大きいこ とに感心したことから、自分の家でもそうしようというプランを温め て、自宅リフォームをした時にすべてのスイッチを大きくしたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/13 00:01
化話§天気や気温を気にする〜二寒五温〜
季節の変わり目ということもあるだろうが、気候が一定してくれない 日々が続いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/09 00:00
週話§日曜日乗〜3月が終わるよ〜
2月が逃げるように過ぎていって、さて3月は31日まであるから大丈 夫だ――どこが?――と思っていたら、明日でおしまいではないか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/30 00:00
膚話§保湿〜肌のワインディングロード〜
“25歳はお肌の曲がり角”というキャッチフレーズのコマーシャルが あったが、こちとらそんなレベルはとっくに過ぎて“お肌のワインデ ィングロード”を疾走中である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/20 00:00
週話§日曜雑感〜十月大歌舞伎昼の部〜
今月の歌舞伎座は『義経千本桜』の通し上演である。今日は昼の部を 観に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/06 00:00
熱話§真夏の運動量・・・
こんな季節の炎天下の校庭で汗みどろになってクラブ活動をしていた などとは45年も前の話になってしまった。あの頃はふんだんに基礎体 力を持ち合わせていたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/10 00:00
枢話§記憶力衰え中〜数字が〜
情報が流出したことで、クレジットカードを新規発行してもらった件 は、ここに書いたことだが、ちょっと残念なのは、長いこと慣れ親し んだ古い番号が新しいものに変わってしまったということ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/03 00:01
却話§カレンダー書き込みの謎・・・
会社のデスクには卓上カレンダーが置かれていて、逐一予定あれこれ を書き込むようになっている。自分がわかればいいので短い書き込み で済ませているのだが、このところ物忘れが多くなってしまって…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/05 00:00
膚話§老化一本道〜お肌あれこれ〜
冬の間、肌がずいぶんとカサついてしまった。普段は髭を剃った後に だけ使っているローションを、剃らない日も使って保湿してやる必要 が出てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/07 00:01
呟話§一言つぶやき〜物忘れ〜
このところ頻出している物忘れのメインストリームはと言うなら…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/25 00:01
冒話§風邪〜どうもこうも〜
先週の木曜日あたりに兆候を感じた風邪が、月曜になって本格化した のだ。火曜日未明、喉の奥一点に痒みを帯びた刺激を感じたところで 咳が頻出した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/21 00:01
霜話§白髪まじりの頭・・・
白髪が増え始めたのは三十代後半から四十代にかけてのことだったと 記憶。その後じわじわと増えていったが、胡麻塩にもロマンスグレー にもたどり着けず、中途半端という状況が続いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/21 00:00
週話§土曜閑居〜あと1000日の宮仕え〜
つまらないことを計算することが好きだったりする。年間の飲酒量で あるとか、そんな他愛のないものばかりだが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/22 00:00
永話§歌舞伎の楽しみ〜遅ればせの〜下
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/11 00:00
尊話§孤独死は悲劇か?
先日の桜井センリ死去についての報道が、孤独死一色だったことが気 になっている。内容を見ているわけではないから詳細はともかくも、 どうも孤独死に関してはネガティブな論調としか感じられないのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/15 00:00
拙話§老人がせっかちな理由の一端
iPad miniを引き取ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/14 00:00
燦話§太陽から逃げ回る年寄之圖
いまだに根っこのどこかが鈍感にできていて、しばしば同居人の怒り を買うのはまことにもって申し訳なく不本意なことであると謝ってお いて……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/12 00:00
齢話§在籍最後の社員証写真撮影・・・
今は多くの会社で使っているのと同じ、ICチップ入りの社員証を使 って出入りのチェックをしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/22 00:02
週話§日曜閑居〜八月最終週なり〜
今年1月中旬には急性胃腸炎になったり、夏風邪を7月にひいたりと 健康面で波乱含みの年になっているのは、齢還暦に近いがゆえの経年 劣化を予感させるようではないか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/26 00:00
節話§五十肩・・・治った・・・かな?
去年5月末だったか6月頭に発症したと推定される我が五十肩だが、 このところ、それまであった痛みがなくなったようで、どうやら治っ たような感触がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/27 00:02
呟話§一言つぶやき〜緊張と弛緩〜
ゴム紐が引っ張ったままでへたるのはあっという間のことである…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/22 00:02
傾話§坂道を歩きながら・・・
我が家の周り、すっかりオールドタウンと化したニュータウンだが、 坂道が多い。いくつかの丘陵地帯に団地群が建設され、丘陵の谷底を 鉄道や幹線道路が走るという構造になっているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/25 00:02
喉話§噛んでいない・・・かもだなあ
親の言い付けを守らなかったことは多々ある、その中でも最たるもの としては“よく噛んで物を食べる”ということが、とうとうできない ままである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/13 00:00
諧話§一日一句〜早起きになって〜
春眠は はるか昔の 若気かな ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/16 00:01
障話§人間様の入口から出口まで・・・
国立劇場の後は、新宿駅まで走ってくれる臨時バスに乗って新宿3丁 目下車。20時をちょっと過ぎたところで生ビールでの夕食をした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/24 00:01
週話§日曜閑居〜1月も既に半ばと〜
正月も半ばの1月15日……今年も残すところ11か月と半月になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/15 00:00
師話§グスタフ・レオンハルトの引退
今年の5月、明治学院大学チャペルでオルガン・リサイタルを聴いた グスタフ・レオンハルトが引退表明をした。実際眼にしたレオンハル トの姿に老いというものを強く感じてしまったのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/26 00:00
潮話§歩く速度が少しばかり緩やかに
歩く速さが少しばかり緩やかになっているなあと感じる今日この頃。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/19 00:00
醒話§早起きになったのは2008年の春
いつ頃から6時過ぎに目覚めるようになったのか、エントリーを遡っ ていったところ、こんな記述を見つけた。どうやら2008年の春過ぎた あたりなのである。もう3年半になるのか……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/16 00:00
週話§土曜呟き〜冬が来た〜
暑いのと寒いのとどちらが好きかという問いには悩ましいものがあっ て、即座に答えることはできない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/26 00:00
歩話§靴〜軽いがゆえに・・・〜
新しいウォーキングシューズを履き始めた。柔らかい鹿革で、どこも 当たるところがなく、足全体がしなやかにおさまっているという感触 である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/30 00:01
末話§いつ死んでも・・・
死は怖い。昔から怖かった。そしてそれが少しずつ近づいてきた今、 やはり怖い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/29 00:00
昔話§思い出話を語るには・・・
既にしてそんな年齢になっていたということを、うかつにも自覚せず にいた。思い出話の比率が増えていたということである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/27 00:02
梯話§外呑み〜もう終電までだなど〜
酒量とは別に、呑み屋で長っ尻をしなくなった。さーっと、というな ら1時間で、長くても2時間で食事まで済ませてお勘定である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/29 00:01
暁話§早起き引き続き・・・という流れ
去年に端を発した6時そこそこの早起きが相変わらず継続している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/23 00:00
生話§人生の残り時間〜知りたくも〜
『死神』という落語がある。詳しい筋はこちらを参照していただくと して、死神に翻弄された男についてのブラックな噺である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/13 00:01
眠話§徹夜のできない肉体年齢
徹夜ができなくなっている。というか日付が変わるときつくなってく るのが顕著なのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/12 00:00
看話§肉親関係とか親子関係が“消滅”
百歳超の老人が“姿を消し”ている。中には死んだことを通知せずに 延々と年金をちょろまかし続けるというよからぬ遺族もいるが、どう も肉親との関係が希薄になって、ということもありそうで……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/09 00:00
責話§ガイド登山と自己責任
北海道トムラウシの登山ガイドツアーの大量遭難から一年が経った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/30 00:01
懐話§昭和三十年代〜夏休み中の部活〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/29 00:00
宝話§子供の人権を尊重しない国・・・
不法滞在の外国人が国外退去を命じられる。日本で生まれた子供は、 日本語しか話せず、日本人の友達しかいない。それでも、親と一緒に 強制退去させられる……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/20 11:39
耐話§痛いなら痛いと言うのだ!
痛くても、ついつい我慢しちゃうのが日本人である。テレビなどで見 ていると、特に白人のみさなんの痛がりようは実に明快である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/07 00:01
衰話§老化の七三〜舞台へ〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/27 00:01
衰話§老化の七三〜午前様〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/25 00:01
浄話§落語の『寝床』二種・・・
落語でおなじみ『寝床』には異なる噺があるのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/23 22:45
衰話§老化の七三〜肥満〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/13 00:02
務話§我々は【納税者】である!
我々は納税者である! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/06 00:02
衰話§老化の七三〜やっぱり〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/18 07:04
衰話§老化の七三〜つまずく〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/15 07:23
衰話§老化の花道〜酔うまでに至らず〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/08 07:23
衰話§老化の花道〜冷える〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/04 07:20
衰話§老化の花道〜たるむ〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/25 07:18
衰話§老化の花道〜乾いた肌〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/18 07:49
遙話§オリオン座ベテルギウス消滅?
何百年、あるいは何万年という人間の時間の範囲で測れるものなのか どうかすらわからないが、オリオン座の真っ赤な一等星ベテルギウス が“間もなく”超新星爆発を起こして消滅するのだという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/15 07:26
衰話§老化の花道〜気温差〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/08 07:20
衰話§老化の花道〜孤独〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/04 07:22
衰話§老化の花道〜酒は友達〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/03 07:18
衰話§老化の花道〜揚幕から花道へ〜
去年の暮れに老化話を始めた時、当初は第一部のタイトルを“老化の 花道”としたが、第二部のタイトルをどうしようかと考えたところで 第一部を“老化の揚幕”と変更した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/29 07:21
悼話§訃報に訃報が重なって
え、え、えっ……と思っていたら、先週から今週にかけて、おびただ しい訃報に接することになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/21 07:18
斯話§41度と42度〜湯温一度の差〜
10月頃でも風呂を沸かさずにシャワーで済ませたりしているから、風 呂に入るのはおおよそ半年程度というところか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/08 07:37
衰話§老化の揚幕〜関節〜
このところ関節の“滑り”が悪くなってきているような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/10 07:16
衰話§老化の揚幕〜階段〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/04 07:19
衰話§老化の揚幕〜歯〜
今年の前半に書いたように歯に関しては、何本かの虫歯の処理はある ものの、これまで幸いにして歯が欠けることはなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/03 07:22
衰話§老化の揚幕〜筋肉痛〜
一昨日と昨日、親類の通夜と本葬に出た。親戚の一員として参列者が 退席する時のあいさつをする数人の一人になったのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/25 12:27
衰話§老化の揚幕〜食欲〜
量が食えなくなったのは四十代前かと記憶しているが、これは老化と 言わなくてもいいだろう。むしろ基礎代謝が落ちているのに三十代以 前と同じ量を食べるほうが問題ではないか。心当たりはいかに?…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/24 19:50
衰話§老化の揚幕〜お名前が・・・〜
もう最悪ですね。何年か前だったら“誰だったかな?”と思って、頭 の中のファイルを開くと、顔写真の下に名前まで記載されていたので すよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/17 07:21
衰話§老化の揚幕〜走れない〜
走れば走れないことはもちろんない。ただおそらく50mも全力で走る ことはできまい。20、30mまでなら腿を上げても走れるのだが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/13 07:15
衰話§老化の揚幕〜霜置く髪〜
サブタイトルはシューベルトが作曲した『冬の旅』の中の一曲。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/11 07:50
衰話§老化の揚幕〜視力〜
大学の頃から近視が進んだ。三十代に入る頃、運転免許を取るために 近眼の眼鏡を調製して以来、眼鏡は手放せない。十代の後半までは、 近眼などではなかったのだが……。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/09 07:22
老話§ねんきん特別便
先月のこと、我が家にも夫婦2人分の“ねんきん特別便”が届いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/04 06:58
衰話§老化の揚幕〜起き抜け〜
・・・こういうことは一年前にはなかったのになあ……そういうこと の一つ一つが“老い”への一里塚だったりするのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/03 10:58

トップへ | みんなの「老化」ブログ

  ビッグイシュー基金      
ひだまりのお話 老化のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる