アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「キリスト教」のブログ記事

みんなの「キリスト教」ブログ

タイトル 日 時
壽話§結婚35年となりにけるかも
同居人と結婚して35年……とっくの昔に、我が生涯における最も長い 付き合いの存在になっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/18 00:00
週話§土曜片々〜お釈迦様の誕生日は〜
ベツレヘムに生を享けたキリスト教開祖の誕生日は盛大なものだが、 インドで生まれた仏教の開祖の誕生日には仏教徒ですら大きな関心を 寄せていないということがわかる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/08 00:00
移話§朔風払葉〜七十二候〜小雪
小雪の次候“朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/27 00:01
欧話§老後旅事始〜落穂拾い[V]〜
欧話§老後旅事始〜落穂拾い[V]〜 [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/03 00:01
詩話§一日一句〜11月2日は万霊節〜
季語は・・・死者の日 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/02 00:02
詩話§一日一句〜教会の墓地にて〜
季語は・・・墓洗う ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/27 00:00
悔話§友人が逝ってしまった
7月27日、一人の友人が胆道がんで天国に逝ってしまった。総合病院 の要職にあった彼が、我が定年退職の直前に声を掛けてくれたおかげ で、今の仕事をしているわけである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/01 00:00
顧話§今日の歴史〜ケルン大聖堂〜
ケルン大聖堂が建設開始から600年以上経って完成。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/14 00:01
悠話§定年直前旅[7]ヴィース教会-下-
悠話§定年直前旅[7]ヴィース教会-下- [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/24 00:00
悠話§定年直前旅[6]ヴィース教会-上-
悠話§定年直前旅[6]ヴィース教会-上- [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/22 00:00
詩話§一日一句〜日没21時21分〜2015.6.22
季語は・・・夏至 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/22 00:00
諧話§一日一句〜今年もいくばくかを〜
季語は・・・社会鍋 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/19 00:02
基話§こんな保育園に育まれて
基話§こんな保育園に育まれて 2006年に父の死があって、実家には住む者がいなくなった。ボロボロ の借家を大家さんに返したところで、我が手に残ったのは写真のアル バムが数冊、後は小学校から高校までの通信簿くらいのものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/25 00:01
諧話§一日一句〜休みの日〜2014.06.23
季語は・・・夏野 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/23 00:00
伝話§戦争をしない! 武器を輸出しない!
伝話§戦争をしない! 武器を輸出しない! 東京新聞の140字コラムを紹介しておく。ツイッターとちょうど同 じ字数というのが、おもしろい偶然か、あるいはツイッターを意識し てのことか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/13 00:00
諧話§一日一句〜特にキリスト生誕は〜
季語は・・・クリスマスイヴ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/24 00:02
諧話§一日一句〜今年もあと二か月〜
季語は・・・霜月 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/01 00:02
管話§パイプオルガンあれこれと・・・
管話§パイプオルガンあれこれと・・・ フランスのオーケストラが韓国で“オルガン付き”と呼ばれているサ ン=サーンスの交響曲第3番を演奏しようとしたら、コンサートホー ルにオルガンがなく、電子オルガンで代用するという話を聞いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/27 00:01
週話§日曜雑感〜母校のチャペルにて〜
我が母校チャペルのパイプオルガンが建造中から完成に近づいたとい うタイミングで、地域校友会の有志と見学に行くことになっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/15 00:00
信話§ところでだな〜僕は仏教徒?〜
色々と訳のわからないことのひとつが我が宗教に関することである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/11 00:00
呟話§一言つぶやき〜ローマ教皇退位〜
ローマ教皇ベネディクト16世が、自身の精神的、肉体的な衰えを…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/13 00:01
瑞話§今回の旅行で行ったところ[4]
瑞話§今回の旅行で行ったところ[4] [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/14 00:02
瑞話§今回の旅行で行ったところ[3]
瑞話§今回の旅行で行ったところ[3] [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/14 00:00
瑞話§今回の旅行で行ったところ[2]
瑞話§今回の旅行で行ったところ[2] [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/13 00:00
呟話§一言つぶやき〜ヴァージンロード〜
キリスト教結婚式“ヴァージンロード”という呼び名が和製英語…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/30 00:02
貴話§イギリス王位継承順位・・・
ウィキペディアをうろついていたら、おもしろいものに出くわした。 役に立つとか立たないとかそんなこと関係ない(これマメ知識な!)と いうやつである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/27 00:02
聖話§クリスマス会でした
聖話§クリスマス会でした 土曜日の昼は卒業大学の地域校友会が催したクリスマスの会があり、 一応世話人の中に入っていることもあって頭数として出席してきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/12 00:02
十話§教会は道を譲らない・・・?
十話§教会は道を譲らない・・・? レンタカーでドイツやオーストリア、スイスを走るようになって、今 年でちょうど10年である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/16 00:02
遊話§休暇つぶやき〜2011.09.06〜
朝の7時半にホテルのすぐ前に建つ教会の鐘が鳴る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/06 00:08
基話§田舎街のアメリカ人神父・・・
人口10万人ちょっとの田舎街といえども、プロテスタントの教会が2 つか3つ、カトリックの教会が一つ、それにフランシスコ派の修道院 まであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/13 00:02
管話§グスタフ・レオンハルトのオルガン
管話§グスタフ・レオンハルトのオルガン 梅雨入りして最初の日曜日は、ひたすら雨が降りしきる一日だった。 そんな雨の中、電車を乗り継ぎ都バスに乗って、明治学院大学チャペ ルまでグスタフ・レオンハルトを聴きに行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2011/05/31 00:00
週話§日曜呟き〜オルガンを聴きに〜
パイプオルガンを聴く機会はほとんどないといってもいいだろうな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/29 00:00
耽話§レクイエム〜フォーレ〜
つい先週5月12日が誕生日(1845年生まれ)のガブリエル・フォーレが 作曲したレクイエムを聴いてみる。演奏はフィリップ・ヘレヴェッヘ 指揮のシャペル・ロワイヤル。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/19 00:02
宗話§教会の日曜学校へ
小学校から中学までだが、プロテスタントの日曜学校に通っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/06 00:02
造話§ロボットを擬人化する日本人
西欧キリスト教社会では、ロボットを人間に擬することはないのだと 聞いた。西欧以外でロボットの先端技術が進んだ日本という国は、ロ ボットの擬人化を厭わない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/19 00:00
敬話§9・11と傲慢なる宗教人・・・
土曜日はニューヨークで起きた9・11事件から9年目にあたっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/13 00:00
宇話§はやぶさ帰還と擬人化する日本人
小惑星探査機「はやぶさ」が、幾多の苦難を乗り越え、2003年に打ち 上げて以来7年ぶりに地球に帰還した。正確には本体は大気圏突入時 に燃え尽き、小惑星土砂入りと期待大のカプセルが戻ってきたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/15 00:02
犠話§マタイ受難曲〜久々に〜リヒター
久々にマタイ受難曲を録音で聴いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/21 00:01
勉話§大学での一般教養なる講義
大学に入って驚いたのは、星の数ほどもある一般教養の講義の数々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/23 00:02
呟話§一言つぶやき〜今日は花祭り〜
キリストの誕生日が12月25日であるということは知っているのに…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/08 15:50
涜話§インターネット〜バベルの塔〜
インターネットがごくごく普通の人達の生活の中に入ってきておよそ 10年とちょっとというところだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/26 07:40
聖話§サンタクロースが来た〜〜〜!
もう50年も前のことかと……指が足らなくなるわけである。2年保育 で通った保育園はプロテスタント系だった。だから、クリスマス会は 盛大に行なわれていたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/17 09:08
悼話§服部幸三さん(音楽学者)
30年も前だったか、NHK-FM朝のバロック音楽の解説で親しんでいた。 同じく音楽学者の皆川達夫氏と交互に出演していたのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/10 08:11
坂話§アルプスの峠越え[上]前哨戦
旅行中に思い立ってアルプスの峠の一つを目指してみることにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/08 07:47
響話§『七つの封印を有する書』体験[W]
響話§『七つの封印を有する書』体験[W] [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/06 07:47
響話§『七つの封印を有する書』体験[V]
響話§『七つの封印を有する書』体験[V] [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/03 07:54
響話§『七つの封印を有する書』体験[U]
響話§『七つの封印を有する書』体験[U] [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/01 07:33
響話§『七つの封印を有する書』体験[T]
Das Buch mit sieben Siegeln ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/29 08:26
近話§日曜美術館〜ヴォーリズ〜
NHKの日曜美術館で設計家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが取り 上げられていた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/06/01 07:46
週話§気まぐれ週末〜来月も13日の金曜日〜
昨日は“13日の金曜日”だった。と思っていたら、2月と3月は曜日 が同じなので、来月もまた“13日の金曜日”なのである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/14 09:27
憬話§このたびの旅[7]君主の行列
↑左がアウグスト強王ではなかろうかと・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/25 12:01
憬話§このたびの旅[5]フラウエン教会にて
↑フラウエン教会の再建でエルベ河畔に歴史的な風景が甦った ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/22 12:01
周話§恨み晴らさで おくべきか〜!
ローマ法王ベネディクト16世が、ローマにあるサピエンツァ大学で催 される式典の出席を拒まれ、断念する事態になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/17 12:05
晴話§聖夜に『メサイヤ』を聴く
のんびりしたイヴの夜、ずいぶんとごぶさたしていた『メサイヤ』を 聴いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/26 12:01
聖話§クリスマスの飾りつけ
↑というクリスマス飾り。天使の羽根は薄くて欠けやすい ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/28 12:05
戒話§宗教は 他人に無理矢理 押し付けず
要するに、こちらからも干渉などしないから、そちらからも押し付け になど来てくれるなということに尽きる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/31 12:02
戒話§宗教は つかず はなれず いれこまず
ベルリン国立歌劇場の『モーゼとアロン』を観ていたらモーゼがシナ イ山から持ち帰った“十戒”の石板を、アロンが「それだって偶像に 過ぎない」と喝破してモーゼが立ち往生する印象的な場面があった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/24 12:02
歌話§ドレスデン聖十字架教会の晩課
オペラやコンサートだったら、チケットを調達して会場に行くだけの ことだが、あっちの教会の宗教行事などに行くのはためらっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/24 12:02
享話§あの世に逝くのがもったいない
現世利益というほどではないにしても、どうにかここまで無事に生き てこられた。この先何が待っているのかはまったく予測できないが、 まだこの先ももう少し楽しめることを期待している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/28 12:02
印話§“聖ヤコブ”はフランス語で帆立貝なのだ
世界遺産の巡礼地“サンチャゴ・デ・コンポステラ”が テレビ番組で取り上げられていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/12 12:06
巡話§気になるブログを訪ねて(四)
『夏炉登仙−ブタもおだてりゃ木に登る?』というブログ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/13 17:55
旅話§ドイツで市電に乗る…ドレスデンの3
フラウエン教会から南に歩みを進めると、ほどなくクルトゥ ア・パレスというコンサート会場が見えてくる。西面だった かに旧東独時代の労働者壁画が書かれていて、いかにもな建 物で周囲との調和も全く考えられていない残念な存在だが、 コンサートホールとして日常使われている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/14 13:35

トップへ | みんなの「キリスト教」ブログ

  ビッグイシュー基金      
ひだまりのお話 キリスト教のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる