アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ベートーヴェン」のブログ記事

みんなの「ベートーヴェン」ブログ

タイトル 日 時
週話§土曜片々〜岡田博美のピアノ〜
武蔵野市民文化会館リニューアル後初の小ホールでのリサイタルに行 ってきた。大ホールは4月のベートーヴェン交響曲演奏会で体験済。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/10 00:00
顧話§今日の歴史〜ベートーヴェン怒る〜
顧話§今日の歴史〜ベートーヴェン怒る〜 1804年5月18日、ナポレオン・ボナパルト皇帝に即位。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/18 00:01
週話§土曜片々〜ウェールズ弦楽四重奏団〜
週話§土曜片々〜ウェールズ弦楽四重奏団〜 一昨日、準地元と言ってもいい、八王子は南大沢にある文化会館で、 結成10年を迎えたウェールズ弦楽四重奏団の演奏会に行ってきたので 簡単に感想を書いておく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/06 00:00
蕪話§ベートーヴェン交響曲連続演奏会
蕪話§ベートーヴェン交響曲連続演奏会 武蔵野市民文化会館リニューアルオープン記念公演として、ベートー ヴェン交響曲連続演奏会が4日にわたって行われた。そのうち後半の 2日間に行ってきたので、簡単に感想を書いておく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/25 00:00
週話§土曜片々〜ベートーヴェン二連荘〜
今日と明日は、武蔵野市民文化会館のリニューアルオープン演奏会。 マルティン・ハーゼルベックがウィーン・アカデミー管弦楽団を指揮 してのベートーヴェン交響曲全曲コンサートの後半に行ってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/22 00:00
江話§上京日記[8]NHKホール柿落とし
江話§上京日記[8]NHKホール柿落とし [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/27 00:01
詩話§一日一句〜第28番 A-Dur Op.101〜
季語は・・・蝉しぐれ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/09 00:02
訣話§ギエム〜ライフ・イン・プログレス〜
訣話§ギエム〜ライフ・イン・プログレス〜 シルヴィ・ギエムの引退公演『ライフ・イン・プログレス』最終日に 行ってきた。プログラムは以下のとおり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/23 00:00
愉話§エベーヌ弦楽四重奏団-白寿ホール-
愉話§エベーヌ弦楽四重奏団-白寿ホール- 快晴だった文化の日の午後、渋谷区富ヶ谷にある白寿ホールでエベー ヌ弦楽四重奏団のコンサートを聴いてきた。ユニークなプログラム。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/06 00:01
反話§季語が重なることについて
俳句をひねるにあたって“季重なり”は好ましくないとされている。 十七文字の中に主役である季語は一つで十分、二つも三つも入ったら 焦点がぼけまくってしまうからというのが大きな理由なのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/22 00:00
舞話§ベジャール・第九交響曲・東京バレエ
ラグビーのテストマッチから一転して、モーリス・ベジャールがベー トーヴェンの交響曲第9番に振り付けた舞台をNHKホールで観た。 出演者は以下の通りだが、より詳細な出演者は、このリンクを参照。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/12 00:00
週話§土曜日乗〜本日ダブルヘッダー〜
諸事情あり……14時キックオフのラグビー・テストマッチを秩父宮で 観た後、NHKホールで19時開演の東京バレエ団公演で、モーリス・ ベジャールが振り付けのベートーヴェン『第九交響曲』を観るのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/08 00:00
閑話§心穏やかな秋の日〜今年もあと〜
昨日の日曜日、6時前に眼は覚めたが、前日22時過ぎの就寝だったの で睡眠時間は十分だった。日曜日、東京の日の出は5時56分だから、 夜は明けきらず、薄っすらとした風景が眼の前に広がっていたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/27 00:00
悼話§F・ブリュッヘンさん(音楽家)
悼話§F・ブリュッヘンさん(音楽家) リコーダーやフルート・トラヴェルソの演奏家でもあり、指揮者とし てのキャリアも長かったフランス・ブリュッヘンが亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/15 00:00
鋭話§アルテミス・クァルテット(紀尾井)
鋭話§アルテミス・クァルテット(紀尾井) 火曜日という週初めの平日、それでも聴きたいアルテミス・クァルテ ットのコンサートに行ってきた。彼らを紀尾井ホールで聴くのは初め てだと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/29 00:00
鍵話§アンスネスのベートーヴェン
鍵話§アンスネスのベートーヴェン 一昨日、オペラシティ・コンサートホールでレイフ・オヴェ・アンス ネスのベートーヴェンを聴いてきた。体調不良で来日がぎりぎりに。 結果、兵庫は中止。武蔵野と東京で2回のリサイタルとなったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/11 00:00
詐話§さむら かわちのかみ ではない
未完に終わったモーツァルトの『レクイエム』は“匿名の依頼主”が 存在していた。後に、アマチュア作曲家である某田舎貴族からの依頼 であるということが判明している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/06 00:00
蕪話§ツィメルマンのベートーヴェン
蕪話§ツィメルマンのベートーヴェン 1月10日、武蔵野市民会館で行われたクリスチャン・ツィメルマンの ピアノ・リサイタルを聴いてきた。去年12月に行われる予定が、彼の 腰痛で延期された公演である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/14 00:00
情話§レオノーレ3番で手拍子?!
これまた“とんでもない”事態が起こっていたようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/27 00:00
蕪話§コンスタンチン・リフシッツ演奏会
蕪話§コンスタンチン・リフシッツ演奏会 三連休初日、1月に続いて2度目の所沢訪問は、コンスタンチン・リ フシッツのベートーヴェン後期ソナタ3曲の演奏会である。先物買い する人ではないので、過去2回は聴いておらず今回が初めてなのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/12 00:01
週話§土曜雑感〜所沢再び〜
今日も昼頃から所沢に行ってくる。1月に樫本大進のベートーヴェン のソナタの伴奏をしたコンスタンチン・リフシッツの演奏会で、今日 はベートーヴェンの30〜32番のソナタを聴く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/09 00:00
提話§樫本大進&K・リフシッツ演奏会
提話§樫本大進&K・リフシッツ演奏会 穏やかな日曜日の午後に電車を乗り継いで約2時間、所沢ミューズで 樫本大進とコンスタンチン・リフシッツが演奏するベートーヴェンの ヴァイオリン・ソナタ3曲を聴いてきた。プログラムは以下の通り。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/22 00:00
週話§日曜雑感〜樫本大進を所沢で〜
ベルリンフィルのコンサートマスターを務めている樫本大進がコンス タンチン・リフシッツのピアノ伴奏でベートーヴェンのソナタ3曲を 演奏するので、所沢ミューズまで遠征してくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/20 00:00
頌話§ベートーヴェンの第九を考える
いつもながらの巡回ブログを読んでいたら、年末に東京で行われるベ ートーヴェン第九の演奏会は延べ50回なのだと知った。ホールキャパ を大雑把に2000人として10万人が第九を聴くことになるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/25 00:00
週話§日曜閑居〜ピアノの演奏会裏方〜
今日は午前中から出かけてしまう。2年前から幹事としてお手伝いし ている大学校友会が主催するピアノ演奏会の裏方仕事である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/07 00:00
週話§連休閑居〜2012.4.28〜床屋さん
週話§連休閑居〜2012.4.28〜床屋さん 昨日は連休の初日であった。今年は暦の巡り合わせがよろしく、2日 一日だけ有休にすれば9連休になってくれるというのがありがたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/29 00:00
合話§ケラー四重奏団〜紀尾井ホール〜
合話§ケラー四重奏団〜紀尾井ホール〜 アルテミス・クァルテットが第一ヴァイオリンの故障で来日キャンセ ルとなり、ケラー四重奏団が来日しての代替公演となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/27 00:02
想話§標題音楽を考える・・・
ベートーヴェンの交響曲第6番は田園という表題が付いたうえに、各 楽章に簡単な説明が添えられている。ベルリオーズの幻想交響曲もま たしかりである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/19 00:00
週話§日曜呟き〜お誕生日\(^o^)/ 〜
今年で、ベートーヴェンよりも長生きしちゃったということになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/18 00:00
伊話§アレグロ・コン・ブリオ!
それは、クラシック音楽がようやく自分の体内に入り始めた、まさに 最初期のこと。初めて本格的に聴いた交響曲がベートーヴェンの5番 だったということは以前にも書いたこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/05 00:00
悼話§中村とうようさん(音楽評論家)
大雑把にロック、そしてエスニック音楽がフィールドの音楽評論家だ った中村とうようは、クラシック音楽を常に批判し続けていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 00:02
週話§連休呟き〜第九再び〜2011.5.5
5月2日にミュンヘンのガスタイクで行われた、東日本大震災支援コ ンサートをバイエルン放送のページを通じて全曲聴くことができた。 短い映像だが、演奏会の様子をYOUTUBEで見ることができる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2011/05/06 00:00
響話§百万人の音楽〜TBSラジオ〜
その昔、TBSラジオ日曜23時から『百万人の音楽』という一時間の クラシック音楽番組があった。スポンサーはサントリーである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/18 00:02
友話§東京・春・音楽祭・・・2011.4.10
友話§東京・春・音楽祭・・・2011.4.10 『ローエングリン』中止を受けて、ズービン・メータが提唱し開催に こぎつけたチャリティ・コンサートに行ってきた、東京文化会館。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/12 00:01
週話§日曜呟き〜東京の春音楽祭〜
今日の午後は、中止になった『ローエングリン』の代替公演として、 ズビン・メータとN響によるベートーヴェン第九交響曲の演奏がチャ リティ公演として行われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/10 00:00
存話§ベートーヴェンの年齢を・・・
どうやらベートーヴェンよりは何か月か長生きしたようである。それ で気がついたら、マーラーやチャイコフスキーよりもとっくに長生き だったという……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/15 00:00
休話§年末年始日記[2010年12月31日(金)]
さすがに休み慣れしてきたということか、起床時間がどんどん後にな ってきて、今朝目覚めたのは8時過ぎ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/01 00:01
共話§待降節独墺旅[31]楽友協会へ
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/24 00:00
長話§プレスラー&メネセス演奏会
日曜日の武蔵野市民会館小ホールで、何年か前に解散したボザール・ トリオの結成以来のピアニストであるメナヘム・プレスラーと最後の チェロ奏者だったアントニオ・メネセスのデュオコンサートを聴く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/14 00:02
読話§全音楽譜のミニチュアスコア
読話§全音楽譜のミニチュアスコア 我が家に2冊の全音製ミニチュアスコアがある。どちらも昭和四十年 代前半に買ったもので、今は存在しない青いビニールカバーがかかっ ている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/04 00:00
頌話§ベートーヴェン『第九交響曲』
ベートーヴェンの第九交響曲だが、4楽章のメインテーマだけだった ら小学生の頃から知っていたのだけれど、全曲を聴いたのはずうっと 後のこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/31 00:02
風話§ベートーヴェン『交響曲第6番』
全体の印象がベートーヴェンらしくなくのんびりとしたものだとは、 ずうっと昔から感じている、そんな“田園交響曲”なのだが、実演で “これは!”という演奏に当たったことが少ない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/09 00:00
扉話§ベートーヴェン『交響曲第5番』
何を今さらなベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調である。いまだに “運命”と呼んでいる人だって少なからずいるのは承知している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/05 06:37
歓話§停まった?〜N響の第九〜
去年の暮れのある日の事である。帰宅したら同居人がおもむろに…… ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/06 07:21
合話§ベートーヴェンの第九交響曲
第九の季節である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/10 07:17
進話§ティーレマンのベートーヴェン
FMでクラシックを聴いていると、思わぬ拾い物をすることがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/03 08:03
芒話§ハンマークラヴィーアを聴いても
ベートーヴェンのピアノソナタの録音を聴く機会は多いが、第29番の いわゆる“ハンマークラヴィーア”を聴き通すということがなかなか できないままでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/27 08:23
鍵話§ティル・フェルナー〜行間の喪失〜U
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/25 12:03
鍵話§ティル・フェルナー〜行間の喪失〜T
祝日の火曜日にトッパンホール――飯田橋駅から歩くこと10分――で 聴いて、がっかりして帰宅。ウィーン生まれのティル・フェルナーは 1972年生まれだから、アンスネスより2歳年下でほぼ同世代である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/25 12:01
響話§ベートーヴェン〜交響曲第1番〜
バーンスタインがピアノを前に、この曲の説明をしているテレビ映像 を見たことがあった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/16 12:02
響話§ベートーヴェン〜交響曲第6番〜田園
ウィーンフィルが演奏した実演を2回聴いている。ベートーヴェンの 交響曲の中でもウィーンフィルとは相性がよさそうな気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/08 12:03
響話§ベートーヴェン〜交響曲第7番〜
初めて聴いたのは大学生になってからだから遅いほうだろう。昨今の 若い聴き手ならさっさとマーラーやブルックナーに進んでいるはずで 30年以上前のご時世とはいえ、のんびりしたものだったと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/04 12:02
響話§ベートーヴェン〜交響曲第5番〜
一番最初に聴いた交響曲である。既に40年という時間が経過した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/30 12:02
愉話§ベートーヴェン最後のユーモア
第8交響曲について書きながら、ベートーヴェンのユーモアに関して 昔読んだ本にあったエピソードを思い出した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/28 12:01
響話§ベートーヴェン〜交響曲第8番〜
ベートーヴェンが豊かなユーモアの持ち主だったと言えるかどうかは 確信が持てない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/25 12:03
頌話§第九〜第四楽章はアタッカで〜
年賀状を書きながら聴いていたベートーヴェンの第九は、アンドリュ ー・リットン指揮のN響の演奏。以前は毎年のように大晦日の中継録 画を見ていたが、最近はとんとごぶさたである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/23 17:21
鍵話§ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第28番
ベートーヴェン後期ピアノ・ソナタで、我が耳に29〜32番はソナタと は聴こえない。28番もそのように聴こえる人がいるかも知れないが、 個人的には彼が書いた最後の“ソナタ”らしい曲だと思っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/26 12:03
楽話§ブレンデルが弾くベートーヴェン
このところ車のCDチェンジャーに入れているのは、アルフレート・ ブレンデルが弾いているベートーヴェンの後期ソナタで28番から32番 まで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/05 12:01

トップへ | みんなの「ベートーヴェン」ブログ

  ビッグイシュー基金      
ひだまりのお話 ベートーヴェンのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる