亀話§タートルネックの季節

タートルネックの季節となった。半袖で済んでいたのは、10月半ば頃 までで、それから一か月ほどは長袖の綿シャツを着るのだが、同居人 がアイロンをきちんとかけてくれてありがたいのだが……心苦しい。 そんな一か月ほどが過ぎれば、この先半年近くはアイロンの手間の必 要がほとんどなく、そこは気兼ねがないのだ。 というわけでタート…
コメント:0

続きを読むread more

半話§顔見世十一月大歌舞伎~髪結新三~2019/11/19 00:00

昼の部一番の『研辰の討たれ』を観たくて顔見世大歌舞伎に行った。 木村錦花の原作による舞台は初めて。14年前の野田秀樹演出、十八代 目勘三郎主演による舞台の強烈な印象が残っているので、野田が、ど のように作り込んでいったのかを知っておきたかったのである。 感想はと問われれば、おもしろかった。原作の出来がいいと感じた。 最…
コメント:0

続きを読むread more

変話§金盞香~七十二候~立冬

立冬の末候“金盞香(きんせんかさく)”である。 順調に朝の最低気温が下がっている。上旬半ばには5度台を記録した から、家の中でも羽織るものが増えてきた。 空も、秋の高さから冬の冷たさへと移ってきたと感じる。我が家北側 を飛ぶ西行きの飛行機の姿もくっきりと見えて、時折の飛行機雲が颯 爽としている。 新しいカメラで待…
コメント:0

続きを読むread more

饗話§馬鹿にされていることに気がつけ

首相主催の観桜会に首相自らの選挙区民をバス仕立てで何百人も招待 していたことが明らかになった。 メディアは、もっとこれを報じるべきである! 観桜会の費用は我々の税金から支出される。つまり、公の金を自らの 選挙対策のために使っていたのだ。 国民は、もっと怒るべきである! 何人もの閣僚の不始末……選挙区民に、メロ…
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~今日は歌舞伎座顔見世~

10月はすっかりラグビワールドカップにかまけて、歌舞伎はお休みを した。 九月秀山祭以来の11月は、恒例の顔見世大歌舞伎である。昼の部では 幸四郎が『研辰の討たれ』を出す。勘三郎が研辰を務めた野田版は観 ているが、木村錦花オリジナルの舞台は初めてなので楽しみである。 日曜日に昼の部を観るのは久しぶりのことである。チケッ…
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~冬少しずつ~

少しずつ秋から冬への移行がテンポアップしてきているようだ。 10日くらい前だったら長袖シャツ一枚で表に出てもどうということは なかったのが、一週間前になると夜にはジャンパーの類が必要になる ……そんな気温の変化である。 11月の初めは20度台半ばを記録していたのが、気がつけば最高気温も 10度台半ばあたりを推移するよう…
コメント:0

続きを読むread more

告話§ビッグイシュー371号発売中!

ビッグイシュー371号は11月15日から発売されています。お買い求 めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。 180円が販売員の収入に。草間彌生が表紙。 表紙&スペシャルインタビュー スペシャル企画:草間彌生 リレーインタビュー 土屋アンナ(女優) 特集 地図と暮らす じつは「地図が文…
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[64]たまに泡が呑みたくて

[承前] 今、シャンパンは値段が高くて手が出ない。20年以上前には、2000円 ちょっと出せば、安売り酒屋でちゃんとしたシャンパンを買うことも できたが、今はもうその倍は出さなくては買えなくなってしまった。 シャンパンの木目細かい泡は魅力的だが、こればかりは如何ともしが たく、代替物を探すことになる。条件は1本1000…
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~とっくに末期的症状~

現政権が“様々な問題”という表現程度では追いつかないくらい…… ……あまりにもひどい末期症状を呈し続けているのに、相変わらず何 とか持ちこたえている、それを生み出している大きな責任を担ってい るのは、紛うことなくマスコミ&メディアが報道をしないからで、そ の腐れ具合は、政権とどっこい以上のものがあると怒り続けていて、 彼ら…
コメント:0

続きを読むread more

営話§日々の雑用あれこれ~銀行編~

定年退職以降、もっぱら我が家における渉外担当となった。 歩いてすぐのスーパーマーケットでの買い物に始まって、食パンの店 まで買いに行ったり、それから銀行や役所での書類調達といったとこ ろである。 銀行での作業が色々と手間であるとは退職してしみじみと感じること だが、そういえば宮仕えしていた頃は、会社近くに日常使いの銀行…
コメント:0

続きを読むread more

変話§地始凍~七十二候~立冬

立冬の次候“地始凍(ちはじめてこおる)”である。 最低気温が一けた台を記録するようになったとはいえ、例年に比べれ ば、まだまだ暖かい日々と言えそうだ。 そろそろウールニットのセーターでもと思わないでもないが、どうも そこまで着る必要もなさそうな外気とも感じて、何となくウールの出 番が遅れているようにも感じてしまう。 …
コメント:0

続きを読むread more

樹話§年金を受け取る件

会社を定年退職したのは60歳満了となる日のことだった。そして61歳 で老齢厚生年金を受け取り始めた。我々の年齢までは61歳からの支給 で、一年下は62歳からの支給となる。 そうして65歳を迎え、間もなく老齢基礎年金の支給もスタートする。 おかげで、まあまあ何とか生活を営むことができているのはありがた いことだ。 職を…
コメント:0

続きを読むread more

努話§日本ラグビー人気の今後

ラグビワールドカップ日本大会が成功裏のうちに閉幕して10日が過ぎ た。 大会自体は大成功と言ってもいいし、メディアのラグビー報道はその 人気を煽り立てている。だが、これを一過性のままにせず先々へと、 どう定着させていくものか、ラグビー協会の姿勢が問われる状況が、 今まさに始まったと言ってもいいだろう。 “ニワカ”がラ…
コメント:0

続きを読むread more

望話§尾瀬の視野~何を見ていたのかな~

30年近いブランクの末、4年前から尾瀬行を再開したわけだが、それ にしても若い頃は、尾瀬の何を見ていたのかと思うことばかり。 アルバイトに明け暮れていた大学4年間は、ひたすら目的地に向かう ことばかり考えていて、立ち止まってゆっくりあたりを見回したりな どと、特に尾瀬ヶ原ではついぞしたことなどはなかった。 休憩がてら5…
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年11月11日付~

11月1日……我が家ベランダに設置してある外気温度計が夏日である 25度を超えていた。 この写真の後は、さらに27度台まで上昇したのだ。府中のアメダスを チェックしてみたら最高気温は23.7度だったから、日の当たるベラン ダであれば、そこまで気温が上昇してもおかしくはない。 本当に9月を過ぎ10月に入っても暑かった。ラ…
コメント:0

続きを読むread more

決話§歴史は繰り返す~生徒会長選挙~

通っていた高校の生徒会執行部の任期は、10月から翌年の9月という ものだった。それゆえに、生徒会長は2年生が務めることになってい たのである。 そしてそこでは、2年生対3年生の対立構図が毎年のように繰り返さ れるのだ。 2年生の生徒会長候補に向かって3年生が論戦を仕掛けるのである。 それは“熾烈”なもので、まあはっき…
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~ベルリンの壁崩壊三十年~

前日1989年11月9日、政治報道局長のシャボウスキーが誤って発した 一言が、翌日(10日)にかけての“ベルリンの壁崩壊”へと繋がった。 あれからあっという間に30年が経っていた。同じ年の初め、日本では 昭和が終わって平成が始まったが、30年後の今年の日本も平成が終わ って、元号が変わったのである。 6月にベルリンを訪…
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~ちょっと一息~

ラグビワールドカップで忙しかった9月下旬から10月下旬が過ぎて、 ちょっと息がつけるような土曜日である。 結局のところ会社や仕事から離れてしまっても、曜日感覚なるものが 希薄になることはなさそうで、だからこのようにして区切りの時間を 感じてしまうのだ。 そしてそれは、時間を刻む中であることが必要なことかもしれない。 …
コメント:0

続きを読むread more

変話§山茶始開~七十二候~立冬

立冬の初候“山茶始開(つばきはじめてひらく)”である。 秋も本当に深くなって、寂しい周囲の様子となってしまった。 ようやく気温も下降傾向となりつつあるが、それでも最高気温が20度 台を維持しているのは、今さらながら“温暖化”というやつのゆえで あるだろうか。 あまつさえ11月初日の我が家の外気温は27度超を記録して…
コメント:0

続きを読むread more

活話§“ライブ”に行かない日本人?

テレビで見れば“それでよし”と思っているのかどうか……日本人は 特にスポーツの類を出かけていって観ることが少ないと感じる。 もちろん、プロ野球やサッカーのJリーグはそれなりの観客数を記録 してはいる。ラグビワールドカップも毎試合数万人の観客を集めての 日々だったが、問題はこの先であろう。 それで、ドイツあたりに旅行して…
コメント:0

続きを読むread more

鶏話§卵は週に6個です

週に一度届く宅配野菜の中には、新鮮な卵が6個入ってくる。これが けっこうありがたかったりする。夫婦で一週間に3個ずつである。 年齢がそんな年齢なものだから、毎日毎日卵を食べ続けるのは過剰で せいぜい一日おきに一個ずつで十分という見立てらしいから、我が家 では一週間を6個で賄えてしまうのだ。 6個のうち2個ずつ4個は茹で…
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[65]ランチョン創業百十年

[承前] 2009年に創業百周年を迎えたと思ったら、あっという間に創業百十周 年となった神保町の洋食ビアホールランチョンである。 消長の激しい料飲店業界にあって、百年以上も洋食を商って続いてき た店が他にあるものかどうか、それはわからない。とにかく、現在の 四代目に至るまで営々と存続してきたことに大きな敬意を表したい。…
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~明治維新の中で~

1868年11月6日、会津藩が降伏し、会津戦争が終結。 下の写真は福島県会津地方のとある場所に立っていた掲示板を写した ものである。 戊辰戦争の中で会津藩は、いわゆる“官軍”によって降伏を余儀なく された。そんな中で長州憎し、薩摩憎しの怨念が、会津の人々の中に 生まれたのだった。 そしてそれが今でも、このような形…
コメント:0

続きを読むread more

踏話§登りが苦手……なのに下りまで

山の登りが苦手だ。元々心臓が強いわけでないから、10分も歩かない うちに脈拍が上がってしまう。だから、最近も無理せずに休み多めで 歩くことにしている。 その代わり、下りは強かった。そこそこだが身体のバランスがよかっ たからかどうか、多少の悪路でもひょいひょいと下っていけたのだ。 それがある時……三十代後半だったと記憶し…
コメント:0

続きを読むread more

悼話§八千草薫さん(女優)

本当にきれいな……まさに女優そのものと言えた人である。いくつか テレビドラマを観た記憶はあるけれど、それほどドラマに興味はない ものだから、いつも漫然と観ていただけだった。その程度でしかなか ったけれど、画面からの存在感は際立っていたと感じた。享年八十八 合掌 《追悼のトピックス一覧》
コメント:0

続きを読むread more

網話§ネットでフェイクが流れても・・・・・・

ネット上に、何の根拠もない噂話や、特定の人間に対する中傷の類が 流れても、ひとたび流れてしまったが最後、それが根も葉もないデマ であるのだと周知させるためには、膨大な労力を必要とするのだ。 無責任に流された悪意あるデマが、そうして一人歩きを始めても、多 くの人はそれが嘘なのか事実なのかを忖度するようなことはせずで、 ひと口…
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年10月の天気模様を振り返る

10月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認して、より詳細な気象状況をチェックできる。 この月、快晴だった日は3日、晴れだった日は10日、残りは雨模様か 曇りの日々だった。 10月にもかかわらず、3つの台風が上陸、接近し、特に11日から1…
コメント:0

続きを読むread more

闘話§【決勝】イングランド対南アフリカ

準決勝、3位決定戦に続き、11月2日の決勝、イングランド対南アフ リカ戦はテレビ録画観戦となった。 結果は32対12で南アフリカが3度目の優勝を飾ったが、前半は両チー ムともトライを奪えず、じりじりとしたペナルティゴール合戦のまま 後半25分になって、南アフリカが初トライを獲得。2トライ&ゴール でイングランドを引き離した…
コメント:0

続きを読むread more

変話§楓蔦黄~七十二候~霜降

霜降の末候“楓蔦黄(もみじつたきばむ)”である。 尾瀬でアルバイトをしていて、一度だけ小屋閉めを手伝ったことがあ る。今は10月半ばから最終週に閉めて下山しているが、40年以上前は 文化の日をもって閉めていたのだ。 その年は、それほど冷え込みも厳しくはなかったと記憶していて、湿 原に霜は落ちたけれど、雪が降ることはなく…
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~晴れの特異日~

11月3日は“晴れの特異日”と言われている。ちなみに、2008年から 2017年の10年間で6日間が晴れとなっていた。なお同じ10年間で見る と、1月16日が8日間も晴れて一番だった。 まあ、6割の晴れで特異日とするのもちょっととは思うが、特異日を 頼りにして外仕事の人も少なくはないのだろうと考える。 乏しい記憶をたど…
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~ラグビワールドカップ決勝~

まだまだ暑かった9月に始まったラグビワールドカップ2019日本大会 もいよいよ最終日の決勝戦を迎えた。 ヘッドコーチであるエディ・ジョーンズの見事な采配と、それに応え た選手たちの力が、ニュージーランド・オールブラックスを撃破した イングランドが、堂々の決勝進出である。そして対戦相手は、19対16 の激闘を制してウェールズ…
コメント:0

続きを読むread more