街話§J街通信[21]“さゝま”の桜餅

和菓子は既に桜餅の季節である。

神保町に何軒かある和菓子屋の中でも“さゝま”の生菓子は
おいしい。季節の彩り豊かな陳列ケースを見るとそれだけで
満足してしまう。

この季節“さゝま”の陳列ケースの中には、季節の生菓子に
加えて桜餅と草だんごが登場する。草だんごは一口大の草餅
を3つ串に刺して上に漉し餡をのせたものである。メインの
桜餅は道明寺である。もち米の粒と残してつぶした中に餡を
入れたもの。もちろん桜葉の塩漬けにくるまれている。

この季節、店は桜餅を求める客で引きもきらない賑わいとな
る。

そういえば去年は買い損ねた気がするので、日頃の罪滅ぼし
に一箱買いに行ってみることにしよう。

★ひだまりのお話★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック