即話§インスタントラーメン考…破…

インスタントラーメンができるまでは、中華料理屋で中華そ
ばを食べていた。本当にごくごく普通の鶏ガラスープに醤油
味のものである……今はなかなか見つからない……。

自分の中における明星チャルメラのデビューの衝撃は凄まじ
いものがあったと記憶している。初めて食べた時のインパク
トも強烈だった。麺そのものは従来の即席麺のそれであった
にしても問題はスープであった。貝のエキスも取り込まれた
と称する味はもちろん“化調味”であったが、味の素が日常
だった世代である。これまでになかったその味わいにすっか
り魅了されたのであった。

その味わいに加えて我々の好奇心を刺激したのが添付されて
いる“木の実スパイス”だった。大体“スパイス”などとい
う単語はボキャブラリーに存在せず。当たり前だがラーメン
なら胡椒だろ? という程度の認識だった。もっとも単語の
インパクトの割には中身は別段奇矯なこともない、胡椒+α
だったのだが。

というわけで、チャルメラが生まれて今年で40年になること
に気がついた。チャルメラに始まったインスタントラーメン
のグレードアップは次にもう一つの“スター”を生み出すの
だった(爆)。

+今日の富士山……◎

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック