ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 醸話§清酒『梅乃宿』純米…波瀾編…

<<   作成日時 : 2007/02/01 12:02   >>

トラックバック 1 / コメント 0

“地元奈良の酒蔵『梅乃宿』”という文章に出合った瞬間、もうずい
ぶん前に初めてこの酒を呑んだ時のことを懐かしく思い出していた。

もう25年前になるが、神田淡路町に“I”という、当時でも珍しい日
本酒を品揃えしていることで知られている店があった。“あった”と
書いたのは、この数年行っていないので、まだ実在しているかどうか
わからないのである。店主はS木さんという方で、自分の足と舌で確
かめた酒だけを出していたのである。

その頃は、飲酒歴もまだまだ浅く――酒に関して二十代は洟垂れ小僧
でした――何がうまいのかもわからずに、手当たり次第闇雲に呑んで
いただけなのだった。その頃は日本酒の存在が軽んじられていたどん
底にあたっていて、大手の酒蔵が小さい蔵から“桶買い”とかいって
自社製品にして売るということもはびこっていた。辛うじて、新潟の
“越乃寒梅”が幻の酒として脚光を浴びつつあったが、日本酒の暗黒
時代のようなものであったと言える。

ひょんなことで“I”の存在を知って、一度は行ってみようと虎視眈
眈と機会をうかがっていたが、ようやく店の縄暖簾をかきわける日が
やってきたのであった。

続きは“万丈編”で。

【去年の今日】音話§のだめが弾くモツアルトは・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
買った〜!飲んだ〜♪その2
地元奈良の酒蔵『梅乃宿』。 ...続きを見る
日本酒大好き!クラシック音楽大好き!
2007/02/02 21:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
醸話§清酒『梅乃宿』純米…波瀾編… ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる