直話§シンプル・イズ・ザ・ベスト

御長寿野球漫画『あぶさん』で、ずいぶんと前にあぶさんが少年野球
の臨時監督をした話があった。

試合開始前にバッテリーの二人が「ていねいにコーナーをついて打ち
取ってやろうぜ」と相談しているのを聞いたあぶさんが「おいおい、
(君達にはそんな臭いところを突くようなコントロールはないから)そ
んなことより、力一杯思い切りミットを目がけて投げるんだ」とアド
バイス。結果、相手チームは“生きた球”を打ちあぐねることになっ
たのである。

自分の力不足を自覚して行動できるのであればいいのだが、人間は時
に色気を出してしまうことがある。えてしてそれはいい結果をもたら
さないことのほうがずうっと多いのだ。

ある事象に対して投げられない変化球を試みても、コーナーを臭く突
くことはおろか、暴投になるのが関の山だったりする。自分の力を思
い切りよく発揮することが、物事に取り組む時に重要なことだと考え
たりしているのだが。

§お気に入り§

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック