劇話§四月大歌舞伎『実盛物語』太郎吉

仁左衛門の実盛が素晴らしかった。何というか本当に過不足なく、し
かもきっちり表現していた。大向うの「当代一!」もむべなるかな。

それはもちろんだが、今回の実盛には初代・片岡千之助が太郎吉で出
演するので視線は“まーくん”――野球のまーくんより先だ!――を
追ってしまう。

何と言うかチケット代金の五分の四は、千ちゃん見たさなのである。

花道の出から幕切れまでほとんど出ずっぱりで、しかも台詞も動きも
たくさんある役で、仕込むのは本当に苦労だったと思われる。それに
応えて子役としての役割は果たしたのだった。

聞くところ、最初の頃は舞台上で“得意の笑顔”が出がちだったらし
いが“オーパ”あたりから注意があったようで、自分とは関係のない
場面で多少もじもじしはしていたが、立派に責任は果たしたと言える
だろう。

それが証拠に……子役は儲け役とは世の常だが……客席も十分に楽し
んでいたように見受けられる。気の早い向きは、いきなり天才子役だ
などと持て囃すのだろうが、それは日本人の悪い癖である。

§お気に入り§

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック