敬話§大相撲~理由はわかっている~

何となく大相撲がギクシャクしている。

だが行儀の悪い横綱(日本人)は少し前にもおり、親方夫人をどついて
引退する羽目になったりしている。その後は礼儀などがあまり必要と
されないらしい格闘技に参戦したりもしたが、相撲道から華麗に格闘
技道への転身はあまり簡単とは言えなかったようである。

だから、今現在行儀の悪い横綱をして「プロレスにでも行け」などと
いうのは素行云々を考えても正しい発言かどうかは判断できない。

要するに躾をすることのできない親方を最初に問題にするべきで、そ
もそも言葉も習慣も違う人間なのだから、よりしっかりと相撲のあり
方を説かなければならなかったのであるが。もう遅かりしであろう。

今更ではないが、人種や国籍の問題とは別の次元の話で、何に対して
敬意を払い、何を慎むべきかは人間なら普通に持ち得る“常識”なの
だ。

これはまさに一昨日書いた三社祭の神輿の件と同じなのである。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック