書話§再読『花神』司馬遼太郎-中巻-

明治維新は進行していく。

中巻に至って、ようやく村田蔵六が表舞台に登場してくるのだ。自分
の郷土に対するシンパシーをして、長州藩からの低待遇など気にもせ
ずに一個の“器械”として活動を開始するのだった。

科学者としての村田蔵六の眼に映る幕府や諸藩の実体は、既にして封
建体制が終焉していると分析してみせ、だから“負けるはずがない”
と明快に結論づけて戦に臨む。

いちいち――蔵六本人からしたら――説明してもわかるはずがない、
といったような態度は当時の感覚からすれば“不遜”であるかのよう
に受け留められ誤解の元となった。本人にすれば“結果がすべて”と
いう割り切った考え方であったのだが。

結局、桂小五郎(木戸孝允)のように危機を察知してさっさと逃げるよ
うな能力が欠如していたゆえにテロリストの餌食になってしまったの
であるが、その点をもって彼を“無私”の人というのは大げさだろう
か。

《東京のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック