悼話§宮澤喜一さん(政治家)

政治家は常に毀誉褒貶の存在で、この人もまた逃れることはできず、
政争の中で彼が本来首相になるべきタイミングを逸して、結果自民党
の一党支配の幕引きする役割を担ってしまった。

もちろんそう簡単に“自分の時分”で出番が回ってくるようなことが
常にあるわけではない。が、ある意味で首相としては運がなかった、
と見えるのである。

保守本流の護憲派の存在としてもう数年でも生き続けてほしかった。

《戦争と平和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック