酒話§週一の休肝日は定着するか

基本的に気まぐれな性質なので、どうせ長続きすることはあるまいと
高をくくって始めたが、旅行中の11日間のアルコール精勤を挟んで、
細々とではあるが継続中である。

こうなると日頃“今日は休肝日!”だとか“たまには休肝したらぁ”
と促していた同居人がおかしい。自分の意志で休肝日を宣言している
ということを、なぜか天の邪鬼に感じているらしく、夕飯の食卓につ
いているところに「一本くらい呑んだら」などと悪魔の囁きを仕掛け
てくるのである。

ところが、今日は休肝日だと昼頃には決めていてその態勢を維持して
いる身にしてみれば、あとはそのまま晩飯を済ませ、食休みとかとか
のんびりしよう、という流れがシミュレーション済みで、そこに一本
の缶ビールが食卓に参加しようものなら、今度はこちらから「一本じ
ゃ物足りん」となり、かくて泥沼……という図式になるのは必定なの
だ。

というわけで意志が強いのか弱いのか、今だ釈然としないでいるが、
とりあえず1か月半から2か月というもの、けっこうまじめにお勤め
しているわけである。

《居酒屋のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック