粉話§“M”の粗挽き蕎麦

久々に“M”で蕎麦を手繰ってきた。

まずはお約束のヱビス生を1杯。つまみは、カマンベールの天麩羅に
蕎麦味噌胡瓜などなど。生から清泉に移って冷やをお銚子2本。

ほどよくなったところで、細打ち粗挽き蕎麦の大盛りに海老天麩羅を
つけてもらう。普通の粉で打った蕎麦よりもぽそぽそと切れやすいが
味は濃厚である。そこにサクっと揚がった海老の天麩羅がいいアンサ
ンブルでスルスルと喉を通っていく。

暑さ厳しき折の一服の清涼の時であった。

《蕎麦のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック