ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 平話§ビルマ(ミャンマー)の民主化

<<   作成日時 : 2007/10/02 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

世界に背を向け続けているという意味では北朝鮮あたりとどっこいの
ような国である。この時代に軍部独裁などとは……。

およそ20年というものアウンサンスーチーを軟禁状態に置いたままで
恬として恥じず、多くの国からの非難を無視し続けたままである。

ビルマ(ミャンマー)の民主化を実現させるには、国内だけの運動にと
どまらず、国外からの積極的な働きかけ――時には圧力――が不可欠
なのだ。ロシアや中国の消極的な対応はもちろん不快だが、日本の対
応にも緩慢なところがうかがえる。

こうしている間にも、力による圧制、圧殺が継続しているのだ。21世
紀になってもなお軍事独裁政権という国の存在を思うと薄ら寒いもの
があるのだ。

《戦争と平和のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
平話§ビルマ(ミャンマー)の民主化 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる