ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 悼話§ポール・ティベッツさん(米国人兵士)

<<   作成日時 : 2007/11/05 12:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここは“基本的に”死者を鞭打つ場所ではないのだが、このことに関
しては素直な個人的感情を述べさせてもらう。

92歳まで生存したポール・ティベッツは、広島に原爆を投下したB29
“エノラ・ゲイ”の機長である。原爆を投下するという使命を“負わ
された”飛行機に自分の母親の名前をつけたという理解不能な無神経
さには素朴に驚かされる。

原爆を落とした機長の名前は、ひょっとしたら忘れられるかも知れな
いが“エノラ・ゲイ”という、広島に原爆を落とした飛行機の名前が
忘れられることはないだろう。なんという親不孝者であるか。

10万人を超える広島の一般市民を殺戮しておいて“戦争を終結させる
ための投下”であるとか“戦争の大量殺戮を終わらせるための任務”
であるとか……。冗談ではない。それが大統領の命令であったにせよ
大きな過去を振り返った時に言うべき言葉ではないだろう。

戦争という行為は、事の大きい小さいを問わず、それを正当だとする
いかなる動機も理由も存在しないのだ。

《戦争と平和のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
悼話§ポール・ティベッツさん(米国人兵士) ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる