ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 窒話§飛行船でボーデン湖遊覧[下]

<<   作成日時 : 2008/01/08 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
↑花の島マイナウである

まさにフワリ、嘘偽りなく飛行船はフワリと浮遊するのだ。

離陸時と着陸時以外は、自由に機内を歩くことができるので、乗客は
あちこち移動しては思い思いに景色を眺めたり撮影したり。浮かんだ
飛行船はボーデン湖の上空を北北西に進み、のんびりとスイス国境の
古都コンスタンツへ。

飛行船の進行方向、右側がドイツで左側がスイス、背後左側がオース
トリアという立地。幸運にも風はほとんど吹いていないので、ほとん
ど揺れることなく時速100km足らずのゆったりした浮遊が快適であ
る。

日本人からすると、ヨーロッパの街並みの秩序は羨ましく思われる。
建物の形や色などが規制されることで、日本人からしてみると窮屈さ
を覚えるかも知れないが、家で大事なのは外観ではなくてインテリア
であるということが、現地で実感される。

などと思ううちにも、飛行船はスウェーデン伯爵所有で四季の花咲き
誇るマイナウ島の上空を通って、これまた古い街であるメアスブルク
が見えてきた。

ふと下に目を移すと、我が飛行船の影が湖面に映っている。これもま
た風情かなとシャッターを押した。そうこうしているうちに、1時間
ほどのフライトも終わりに近づき、出発点のフリードリヒスハーフェ
ンの上空にやって来てしまった。ボーデン湖は水運の盛んな湖で、大
型フェリーから観光船、プライベートなヨットから漁船までが慌しく
行き交っているのだ。

無事に着陸した我々乗客は、解散前の待合室でゼクトやジュースを振
舞われつつ“搭乗証明書”が恭しく授与されたのであった。
窒話§飛行船でボーデン湖遊覧[上]

↓湖面に映るツェッペリン
画像

《ドイツのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
窒話§飛行船でボーデン湖遊覧[下] ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる