寵話§映画『アマデウス』再見

先週の土曜日に、ディレクターズ・カット版の『アマデウス』が放送
された。3時間超の作品だったが、最初の1時間だけ観た。

本当にピーター・シェーファーの原作は見事に書かれていて、だから
『アマデウス』を観た人の中には“モーツァルトの臨終の場にサリエ
リが立ち会っていて、しかも瀕死のモーツァルトが書いているレクィ
エムの手助けをした”と思い込んだ向きが多かったとか聞いた。

それもまた宜なるかなと思うくらいに、見事なまでにお話が“でっち
あげられて”いたのである。でっちあげも、こういう次元まで来れば
大拍手ものなのだ。どうせ嘘をつくなら、でっかい嘘をつきましょう
ということか。

ところで、映画を観ていて感心したのはモーツァルトを演じたトム・
ハルスの指揮姿が非常に巧みに見えたことである。サリエリ役のF・
マーリー・エイブラハムの指揮ぶりも上手で、外国映画や日本映画に
おける指揮の演技では最もうまかったと思う。映像を見ていないのだ
が『砂の器』における、俳優Kの指揮ぶりが最悪だったとは同居人の
証言である。

こういうことを書くのは野暮なのだが、久々に見ると話される台詞が
全編英語でというのは、さすがに鼻についてしまった。我々はどうせ
字幕スーパーを頼りにするのだから、ドイツ語でだったらそれなりの
雰囲気が醸されたかも知れない。ドイツやオーストリアでだったら、
ドイツ語吹替えだから好都合ではないかと思ったのだが、そうすると
日本語の字幕がついていないことに気がつくのだ。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック