替話§長い~コシ・ファン・トゥッテ~長い

この秋のウィーン国立歌劇場日本公演は、これだけは!と思っている
『コシ・ファン・トゥッテ』を辛うじて押さえることができた。

日本でムーティがモーツァルトのオペラを振るという機会など、そう
何度もあるわけではないので、オペラ好きの多くがこの演目に集中し
たのは間違いのないところ。

というチケット争奪戦話とは別に、いつ観ても“コシ”は長いオペラ
だと思うのである。いっそ4幕仕立てにしてもいいくらいで、それが
無理ならせめて3幕に分けてくれれば、我々の緊張感ももつのではな
いかと思う。一応、どのあたりで幕を分けたらいいのかという“心づ
もり”もある。

『魔笛』も『ドン・ジョヴァンニ』も、同じ作曲家の手になる2幕仕
立てなのだが“コシ”のような長さは感じさせないのが不思議なとこ
ろである。

ベートーヴェンが『コシ・ファン・トゥッテ』や『ドン・ジョヴァン
ニ』を不道徳なオペラだと嫌っていて“あのような才能が、どうして
あんなオペラに作曲をしたのか”と嘆いているが、それではと作曲し
た『フィデリオ』が傑作であるかというと……。一度だけ実演を観た
が、再度観てやろうという気は起きなかった。

《オペラのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック