肉話§ハンバーガー・ノスタルジー[上]

40年以上も前に初めてハンバーガーの存在を知ったのは、アメリカ製
アニメ『ポパイ』を見た時だった。

ポパイの仲間らしきウィンピーなる肥った登場人物が、片時も手離さ
なかったのが“ハンバーガー”なる食べ物だったのだが、じゃあハン
バーガーって何だ? で、1950年代末期の田舎暮らしの身にとっては
どうにも調べようがないままに時は過ぎていくのだった。白黒アニメ
で見るハンバーガーの形状は、丸パンの間から薄い何かが挟まってい
るようにしか捉えられなかったのである。

それである日――たぶん1960年代の末頃か――学校の友人達と入った
喫茶店に“ハンバーガー”があったのである。それで、一も二もなく
注文してみた。

ハンバーグの薄いやつをを丸いパンに挟んだものという、他愛のない
事実を知ったのはその時である。『ポパイ』でハンバーガーの存在を
知ってから、10年近い歳月が流れていたのだ。

もちろん、田舎町の宿命でとやらで、いつもいつもハンバーガーが食
べられるような環境ではなく、仮に食べられても少しばかり洒落た喫
茶店のような店に限られていたのである。今のようなチェーン店など
どこにもなかった。

そして70年代……“マクドナルド”が登場したのだ。
                            [続く]

【去年の今日】野話§150km/hで飛んでくるボール

この記事へのコメント

2008年04月06日 18:28
最初のハンバーガーは『歩行者天国』が始まった銀座のマック1号店でした。感動した、、。
2008年04月07日 13:31
本文で書いたように、1号店を横目
に、カップヌードルを試食していた
のでした。

この記事へのトラックバック