響話§ベルリン・フィルを本拠地で聴く[1]

ベルリンを訪れたのは1998年以来4回。本拠地のフィルハーモニーで
ベルリン・フィルの演奏会を聴いたのは延べ5回である。

1998年の11月末に長めの休暇が取れることになったので、長年の懸案
だったベルリンへの旅が実現した。目的は、国立歌劇場でバレンボイ
ムが振る『ニーベルングの指環』の通しと、クラウディオ・アバドが
ベルリン・フィルを振った『トリスタンとイゾルデ』の演奏会形式な
どなど。

まだまだネット予約がままならなかった頃で、指環の通しチケットは
ファックスで予約のやり取りをした。肝腎のトリスタンは、発売日に
出遅れてしまって気がつけば完売。ベルリンで1回だけの公演なので
無理もない。結局、宿泊するホテルに依頼したが、意外とあっさり取
れてしまって拍子抜けをした。手数料もそれほど法外ではなかったと
記憶している。

今になって思うのは、よくぞ絶妙のタイムスケジュールでワーグナー
の重量級がセットされていたものだということだが、その話はいずれ
また。

ということで、初めてのフィルハーモニー詣がようやく実現する運び
になったのだった。
                            [続く]

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック