ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊話§国の好き嫌いのような

<<   作成日時 : 2008/05/08 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ヒステリックかつ“歪んだナショナリズム”の醜さのようなものは、
中国だけの専売特許などではない。あれをもって他山の石とできるか
どうかは、己が国の格を決定するような気がする。

どこの国が好きだとか嫌いだとか、そういう感情を個別に持つことは
ほとんどない。

嫌だなと感じるのは、左であるとか右であるとか軍事政権であるとか
政治体制の別を問わず“人権を抑圧する”行為を行なっていることが
明白な国に対してである。にもかかわらず、そういった自体が“存在
しない”とか“内政問題だ”とか“偏見と誤解に基づく我が国への攻
撃だ”という論調で、実際に起きている事態を認めようとしないこと
なのである。

不思議でも何でもなく、上記のような論調は左右であるとか軍事政権
の別なく、どれも似て聞こえてしまうのだ。結局、抑圧者の論理とは
そういうことなのだ。

体制というものにとって、反体制という存在が厄介者であるというこ
とはいずこも同じだが、その存在と対峙するのに力をもって押し潰そ
うとするのは野蛮な所業でしかない。……もちろん21世紀にあっても
力に頼らないで解決する営みが、道半ばでしかないのは認めるしかな
いのだが。

【去年の今日】劇話§五月大歌舞伎・新橋演舞場(夜の部)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
熊話§国の好き嫌いのような ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる