ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 涼話§細打ち粗挽き蕎麦

<<   作成日時 : 2008/06/30 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

無性に蕎麦が食べたくなって、2か月ぶりくらいにいつもの“M”ま
で足を伸ばしてきた。

ヱビス生を2杯、神亀を二合。つまみは出来立て豆腐にジャコと葱の
入った出汁巻、それに小肌。蕎麦屋で酒を呑みつつ、締めの蕎麦にソ
フトランディングさせる時間の流れは、普通の居酒屋で呑む時とは、
微妙にというかかなり違うような気がする。

普通の料理を出す居酒屋で、ご飯物を食べるかどうするかというのは
さんざん呑み食いをした後に考えることのような気がする。蕎麦屋で
呑むのは“最初に蕎麦ありき”で、それが前提で臨むわけだから、さ
んざん呑み食いした揚句に蕎麦をたぐらずに店を出るなどという間抜
けなことなどできようはずもないのだ。

……というわけで、注文した出汁巻の量がちょいとばかし多かったの
で、途中で蕎麦がどうなることかと心配したが、案ずるほどのことも
なく――ただし前回は大盛りだったが、今回は普通盛り――細打ち粗
挽き蕎麦を一枚と海老の天麩羅をいただいた。

《蕎麦のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
涼話§細打ち粗挽き蕎麦 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる