憬話§このたびの旅[7]君主の行列

画像
↑左がアウグスト強王ではなかろうかと・・・

[承前]

宮廷教会からフラウエン教会に向かう道の横には“君主の行列”と呼
ばれるマイセン焼の壁画がある。ザクセン歴代の君主を順に並べた壮
観な光景が展開している。

ドレスデン祭り最終日となる日曜日、その君主の行列を人間がやって
みせるというので、パレードの沿道では早くから人が集まっていた。

我々も“観光客らしく”話の種にと、行列の通過を待つことにした。
……ところが最終地点のアウグスト橋で待つという、とんでもない発
想で動いてしまったものだから、待てど暮らせど行列の“ぎ”の字も
現れてくれないではないか。

どうやらゼンパーオパー広場の出発地点からなかなか動き出していな
いということがおぼろげに判明した。予定表にある時間どおりに進行
などしそうにはないのである。

というわけで我々は、人がごった返している“ブリュールのテラス”
に上がって、出発直後の行列を眺めることにした。折り重なった人垣
の間から辛うじて馬上の王様やら馬車に乗った貴族などを見ることが
できたが、同居人曰く“京都の時代祭りみたいに、もう少し整然と進
行するのかと思った”ということで、時代祭りとまでは行かずとも、
もう少しだけ晴れやかさのようなものがあればなあ、とは思ったが。
                            [続く]

↓こちらが壁画のアウグスト強王。馬の蹄が踏みつけているのは“百合”
画像

画像

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック