ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 憬話§このたびの旅[35]トリスタン<U>

<<   作成日時 : 2008/10/21 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
↑散歩径[3]幕間の散策。これで20時頃だが、日没もどんどん早くなる

[承前]

歌手陣であるが、トリスタンを歌ったロバート・ディーン・スミスは
大健闘。演技力に問題があるとか聞いていたが、特に三幕の切実さは
なかなかの見ものだった。というか、この演出において人間らしき感
情の発露を見せるようになっていたのはトリスタンだけではないか。

問題は、今年が初役でイゾルデを歌ったイレーネ・テオリンである。
第一幕など、声が出る出る。これで三幕まで保つだろうかと思わせる
くらいだったが、当然というか最後まで保ってしまった。それはいい
が、ニュアンスが決定的に欠けていて、ひたすらがなりたてるだけの
“愛の死”が聴くも無残な出来になってしまい、カーテンコールに登
場したところでブーイングの集中砲火を浴びることになってしまった
が、これは当然のことだろう。

今年もニナ・シュテメが歌ってくれるかと期待していので、主役の交
代については残念である。

マルケ王のロベルト・ホルは危なげなく歌っていて無難な仕上がり。
指環のフリッカに引き続きブランゲーネを歌ったミシェル・ブリート
は印象に残らずだった。

物足りないと思った歌手がもう一人、クルヴェナールのユッカ・ラジ
ライネン。端正に歌ってはいるのだろうが、決定的にインパクトに欠
けてしまっていた。後述するが、彼に施された演技なども影響してい
る可能性がないとはいえない。
                      [トリスタン<V>へ]

《ドイツのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うらやましく拝見しています。初台
のトゥーランドットがイゾルデだっ
たんですね。「人間的」な役ではな
いトゥーランドットに似合っていた
(?)のと,それほど大声ばかりでは
なかったので,比較的アラは目立ち
ませんでしたが。
IIZUKA T
2008/10/23 11:19
コメントをありがとうございます。

テオリンについてはどんな歌手なの
か、まったく知りませんでしたが、
やっぱりシュテメで聴きたかったと
いうのが本音です。

コメントはこちらに移させていただ
きました。
HIDAMARI
2008/10/23 12:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
憬話§このたびの旅[35]トリスタン<U> ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる