渇話§ビール1リットルと水1リットル

不思議だなあ・・・ビールの1リットルはあっさりと呑めるのに、水
を1リットル飲むってのはけっこう大変なのだよ。

普段からペットボトルを持ち歩いて、時も場所も場合もかまわず飲む
ということはしていない。朝に飲むコーヒーとバナナミルク、昼食時
の水かお茶、午後の仕事の合間に水かお茶を飲むか飲まないか不定。
その後が夕食時のビールである。一日の水分摂取はそんなものだな。

仕事をするデスク上に水物はほとんど置くことはなく、だから人様が
“キーボードにコーヒーを飲ませてしまった”とかいうことを何かで
読んでも他人事に過ぎず、冷ややかに“御愁傷様”とつぶやく……。

考えてみればであるが、喉が渇いたという状態で水なり何なりを飲も
うと思うから、コップ1杯の水くらいならうまいとか感じるが、そう
でない時にいくら眼の前に1リットルのペットボトルが置かれていて
も、それを口にすることはない。

それでビールであるが、夕方あたりに“呑むぞ!”と思い定めて喉の
ウォーミングアップを始める。要するに喉を渇かすということだが、
そうしてあらかじめ受け入れ態勢を十分に構築するからこそビールが
体に受け容れられるということに思い至った。

・・・単に意地汚いだけなのであったのか。

【去年の今日】歌話§サヴァリッシュが弾くピアノ

この記事へのコメント

2008年11月07日 19:12
喉のウォーミングアップ=喉を渇かす
退社前に発声練習を15分もやればビールが10倍おいしくなると、請け合います。
2008年11月08日 09:16
うーむ・・・発声練習をする場所を
探さねばw
2008年11月09日 13:53
ビールは別腹?で呑めてしまいますね。ただ、夏場の水分補給には同量の水を飲むべし!もありますね…。
2008年11月09日 16:12
ビール1リットル+水1リットルを
呑んだら、胃の中は胃液の代わりの
ビールと水で満タ(以下略

この記事へのトラックバック