ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 憬話§このたびの旅[72]日本〜旅の終わり〜

<<   作成日時 : 2008/11/26 08:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

普段はなかなか眠れない飛行機の中だが、珍しく数時間ほども快適な
睡眠が取れたのである。おかげで寝覚めもすっきりである。おりしも
我らがエアバスがユーラシア大陸に別れを告げるところで、ほどなく
朝食が始まった。

食事の間にオホーツク海から日本海へと移り行き、朝食が済む頃には
新潟上空で本州に上陸したのである。少し北寄りのコースを取ったの
で眼下には猪苗代湖を望みつつ、成田への下降が始まった。着陸した
のは午前10時過ぎ、ほぼ定刻である。

意外なくらい閑散としていて待ち時間ゼロの入国審査を経て、荷物を
ピックアップ。税関もノーチェックで通過して、11時過ぎのNEXで
新宿に向かう。空港からのトンネルを出ると、田園風景と日本的な家
並みに“ああ、日本だ”と実感する。

新宿に着いて駅構内の通路の人波もまた“日本”だと思う。小腹が空
いて地下のお粥屋に入り、軽いランチを食べる頃には、自分の内なる
“日本度”が戻ってきたようだった。

ほぼ4週間ぶりの我が家に着いたのは14時頃。窓を開けて、水道の栓
を開いて淀んだ水を流したり……日常生活を取り戻さねばならない。
この日一杯は多少眠くても頑張って夜まで過ごすのだ。

同居人が部屋の片付けをしている間に、食料品の買出しに出かける。
ご飯を炊いてもらう以外は皿にのせるだけで手のかからないおかずで
晩御飯なのである。

というわけで食卓には冷奴だの刺身だのが並び、無事に帰ってこれた
ことを寿ぎつつ、ドイツ土産の錫ジョッキに“ヱビス・ザ・ホップ”
を注いで口に運ぶ……

この瞬間帰ってきたのだとしみじみ実感
                            [続く]

《オペラのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
憬話§このたびの旅[72]日本〜旅の終わり〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる