メ話§ブログのお手入れ

2500本も書いてしまうと、さすがにそのすべてを見直したりというの
はできない。それでも何かの折に開けてみては、ちょいとした手直し
くらいはしているのだ。

まずは同居人からの御言葉。その日にアップされたものの誤字脱字は
もちろん、表現が生硬だったり言葉足らずだったりといったあたりは
即座に指摘されるので、速やかに訂正したり推敲しなおしたりする。

つい昨日あたりも、3年前だったかのエントリーを読んでいたら誤字
を見つけてしまい、あわてて訂正したのだった。誤字誤植はゴキブリ
さんと同じく“一匹いれば三十匹”だから、2500話の中に蠢く誤植を
考えるとちょっと恐ろしい気がするのであるが。

誤植だけではない。思わず筆、もといキーボードが滑って書き散らか
した根拠のないあれやこれやもあるのではないかと……。いえ、もち
ろん重々注意しながら書いているつもりではあるのですが。だから、
トップページの“ブログ紹介”に……

誤字脱字や表現、事実関係など、可能な限り注意を払っているつもり
ですが、看過できない誤りがありましたらどうぞ遠慮なくご指摘くだ
さい。


と書いてはいるのだが、一度“定跡”と“定石”を取り違えたのを指
摘していただいたくらいである。というわけで、繰り返しますが……

どうぞ遠慮なくご指摘ください。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

2008年12月10日 10:42
2500とはかなりの数ですね。
漢字の『音』の成せる技で変換違いは避けられません、何となく意味が通じればオーケーではないですか(^^...!!
2008年12月10日 14:05
誤変換よりも、キーボードの打ちミ
スみたいなことをよくやってます。
“ありがとう”と打つつもりが……
“ありがつ”みたいに“O”よりも
先に“U”を打ってしまったり。

たぶん誤変換もたくさんあることで
しょう(汗)

この記事へのトラックバック