融話§借金返す~

できれば! 借金などはしたくない。しないで済むならこれに越した
ことなどないではないか。返すあてがあるうちはいいが、何かの拍子
に債務不履行にならないとも限らないし。

そうはいっても生活を営んでいく上で必要になった少なからぬ借財を
背負うことになって“ン十年”の月日が流れ行き……。

ついこの間のこと、最後の最後まで残っていた借金を完済することが
できた。実に長い本当に長い戦いであった。とりあえずは真っ当なと
ころから借りている金であるから、仮に焦げ付くようなことがあって
も、いきなりどうこうなってしまうというわけでないのは救いだが、
それでも“すいません、返せません”などとなったらどうしようかと
そればかりを考えていた長い歳月である。

老い先も徐々に定まりつつある身なので、これからまた新しく借財を
つくることは考えたくもないし、何とか借りずに済ませたいものだと
思ってはいるが、こればかりは予測のしようがない。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック