敢話§数独~再チャレンジ~

このままではいけないと“心を入れ換えて”心機一転『激辛編6』を
購入した。それで第一問から謙虚に解き始めたところ。

このところの決め事で、マス目にメモとか覚え書のようなものを書き
込まずに、置かれた数字をにらむだけで解くことにしているのだが、
最初の10問ほどは、数字を数個入れてみた時点で勝負が決まり、それ
からは単にマス目を埋める作業と化してしまうのである。

だから難問題はその先に壁あり、そこをクリアしてももう一つレベル
が上がると、また違うアプローチで考えなくてはならないのである。
これまで、何度か解き方の知恵のようなものに気がついたとか書いた
が、このところは以前考えた知恵らしきものが役に立たなさそうだと
あっさりと知恵を放棄してしまったのだ。

というわけで問題は80問を超えて90問目以降ということになる。それ
まではレベルを上げつつ、難問に対する想像力を少しでも養っていく
ことにしている。

どうやら自分自身に対する意識として捨て去るべきは近視眼的な“拘
り”であるということにも気づきつつある。

【去年の今日】週話§土日短信~二月大歌舞伎昼の部~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック