腹話§ファミレスがんばれ!

・・・とタイトルを書いてみたが、さて最近ファミレスに食事に行っ
ているかというと、我が家直近の“D”は完全にごぶさただったりし
ている。

我々が出かけるファミレスというと和食系の、それもうどん屋くらい
のものである。車で遠出をする時にファミレスならあれこれと悩まず
気兼ねなく手軽にさっと寄れるので重宝させてもらっている。

ところがというか、確かにいくつかある我が家の周りのファミレスが
見るからに元気がなさそうなのだ。

確かに通り一遍の決まりきったメニューで何年も何年もでは、フリの
客しか呼び込めないだろう。もちろん季節ごととかのフェアも行なわ
れてはいるようだが、それが集客に結びついているとは思えない。

それじゃあ、ファミレスにいた客はどこに行ってしまったのだろう?
彼らが“外食”をしなくなったとは思えない。いったい何を外食して
いるのだろうかと思う。

あるいはユーザーの嗜好の変化がどのようなものなのか……そういう
のも想像することはできない。ただ、嗜好とかいったような問題とは
別に“食の安全”のように昨今の大命題が関わってきているという気
がしないでもなく、だから各ファミレスも食材の来歴などに気を遣い
だしているわけである。

ともあれ、手軽で安全な食事を提供してくれれば、我々も便利に利用
できる。ファミレスにはがんばっていただきたい。

【去年の今日】散話§杉花粉 我がもの顔で 乱舞する

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック